« 急募!石原断食サナトリウム3泊4日3名募集(桜子同行なし、会員枠の週末予約) | トップページ | 一風堂ラーメンもOK-ウェイダウンダイエット実践編3(桜子アレンジ版) »

心ケア+食事の融合が鍵

こんにちは。ちょっと色々忙しくなってきて、なかなかこちらのブログの更新ができておりません。ウェイダイエット・レポの続きを楽しみにしていらっしゃる方々、ごめんなさいまし。

私もまだ試行錯誤中の新しいココロケア+食事法の併用ダイエット法なので、人にも実践してテストしてもらおうとも思いました。だから、ダイエットカウンセリングのお客様2-3名の希望者にも、ココロケアとメニューを試してもらっているところ。その結果を待っていたり、また、その方々への参考になるようなメニュー写真も準備中。手作りでなくて市販品のおかずや外食と併用してもできるメニュー例を作っていて、その写真をブログにUPする予定。

一例として、今日の超手抜き版・お昼ごはんのメインディッシュ(主菜)の写真だけ、ちらとおみせすると、
20071201lunch
イングリッシュマフィンに、わさび菜とデパ地下のお惣菜コーナーで買った人参サラダをのっけ、その上にゆで卵をヨーグルトであえたものを乗せて、塩コショウしただけ。これで普通の人むけの1/2人前。本当は1人前つくったのですが、栄養オードブル(豆乳・青汁ポタージュ)でおなかがわりと満たされて落ち着いていたので、1人前は食べきれなかった。(このメニューがなぜウェイダウンダイエットなのかは、また次の実践編3で説明します)

わたしが、ウェイダウンダイエット向けに普段食べている、もうすこし凝ったごはんの写真をそのままUPすると、最近わりとまめにごはんを作っているので、

【こんな手作り料理は、私にはできない。このダイエット法は難しい】

と思ってしまう人たちも多いと思うので、こういう、よりお気楽バージョンの手抜き料理をつくったときにのみ、写真をUPします。

さて、最近わりにまめに料理をしている、と書きましたが、それは、3ヶ月前にここでも書いた、

【フレンチ・マクロビオティック・シェフに弟子入りして、実際のレストランの厨房で”シェフ”見習い修業を始めました】

というのと関係しております。その修業が、やっと今週終わりました。

お店の名は伏せてますが、ちゃんとお金を払って食べてくださるお客様にお出しするランチを、私も厨房で作っていたのです。知らずに、桜子の手作りランチを食べてくださった(食べさせられた?)お客様のみなさま、ありがとうございました。

そのランチメニューやら、シェフと一緒に考えたオリジナル創作料理の復習として、おうちでもまめに料理をしている今日この頃なのです。

で、修業が終わってから、シェフにお尋ねしたのが、

【こういう料理の世界で、作ったり教えたりでやっていけそうな味覚とセンスが、私にありますか?】

これが、一番知りたかった。そうして、YESのプロのシェフのお墨付きをいただいたので、お気楽ダイエット・レシピや料理を、ダイエットカウンセリングのお客様にお教えする自信が深まりました。

来年は、いきなり欧米に短期で料理留学でもしちゃって、ダイエット料理研究家も目指そうかなと、思い始めたり。日本の調理師学校も調べてみましたが、健康志向が遅れていていまだに”グルメフレンチやホテル志向”みたい。がちがちマクロビオティックなどのダイエット料理は我慢重視で地味な茶色で、どっちもビンボーくさくて私の好みではない。カリフォルニアやNYのオーガニックカフェのような、おしゃれでわくわく楽しく食べられて”ついでに”健康的なお気楽料理を、自宅で楽に作れるのが理想です。

今まで、美健楽ダイエットで4分野、食事、ココロケア、温気アップ、運動のバランスダイエットをやってきましたが、やはり一番大事でまず改善しなければならないのは、食事+ココロケア!だと確信を深めつつあります。心のカウンセリングだけでもだめ、食事法を変えるだけでもだめ。両者がうまくマッチして、お気楽にできる楽しく食べられるダイエット食、いや健康食でなければ、結局ダイエットに挫折する。

ダイエット料理研究家というのはちまたにたくさんいらっしゃるけれど、低カロリーだけを気にしたり、砂糖抜き、油抜きと、減らすことと我慢ばっかりで、私には気が滅入るんです。悪いけれど、こういうダイエット料理は”エサ”みたいで、食べずともまずいのが分かる。食べることを楽しめないですから。だから、ココロケアとダイエット料理を融合させた、ウェイダウンダイエット・桜子アレンジバージョンみたいな

”楽ダイエット料理”、
=お気“楽”に作れて“楽しんで”食べられる料理

でないと、実践しやすく2年以上続けることはできないのではないかと、ようやく体感できて腹に落ちてきました。いままではココロケアと食事法を別々に考えてやっていた部分が大きかったと、今回ウェイダウンダイエット・アレンジ版を開発していて、ようやくわかりました。私以外の人様一般に効果があるかは、テストしてもらっている方々の結果待ちと、自分で用意できるお気楽ダイエット・レシピ(市販品・外食利用OKなもの)次第かなと思います。

このブログでは今後、ウェイダウンダイエット・桜子勝手にアレンジ版については、ココロケアのカウンセリング部分は簡単に。試作中のレシピ例の写真と簡単な作り方をメインに、UPしていく予定です。

読んでるから毎日更新してね!のご期待リクエストとして、毎日2ポチ↓のクリックに、ご協力よろしくお願いいたしますクリック数が増えると、より頻繁に記事更新される...はずなのと、このブログが見つけやすくなるという、読者メリットがあります。
1ポチ↓banner_03Blue  +  2ポチ→にほんブログ村 ダイエットブログへ

12月 1, 2007 45【5四部門総合】DIET |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/17231581

この記事へのトラックバック一覧です: 心ケア+食事の融合が鍵:

コメント

コメントを書く