« 寒い朝の温フルーツ・レシピ | トップページ | 朝マックもDIETに利用:ベジ系ラップサンド »

違いは?ベジタリアンと美健楽レシピ

春巻きフルーツ

昨日の記事の、春巻きの皮を使った温フルーツレシピ、似たようなのがないかなーと料理本をあさっていたら、お気に入りのカフェのレシピ本で発見!

中目黒の有名ビーガンカフェ、カフェエイトの、

★アジア風春巻き

中身がバナナとりんごというのは一緒だけど、

+両方にこくをだすためか、白花豆のペーストを巻き込んでいる
-春巻き風に揚げ物にしている
+-りんごも生で使用

のが、私と違ってる。やはりお店でだす商品は、やや高カロリーでこくがあるようにするのがポイントですね。そうでないと、不特定多数のひとを満足させられないし、なにより、ベジタリアン(ビーガンはかなりきびしいベジタリアン派の呼び名)料理は、野菜が中心で物足りない分、

●油をがっつり使って、
●味を濃いめ
●野菜・フルーツもなるべく生で食べる

にすることが、わりに重要なのです。肉の脂はからだに悪いけど、野菜はその脂自体がない。だけど適度な油はからだに必要なので、菜種、ごま、オリーブといったピュアでナチュラルな植物性油を、別途おぎなってやるというのがよいらしい。

またフルーツは、火を通すとビタミンがこわれるというのがあって、ベジタリアンは生で食べがち。でも、元々バナナを食べている南国の伝統料理にも、バナナの蒸し焼きというのはあるし、冷え性の女性はバナナを生で食べるとやはり冷えるし。とうわけで、私は2-3分程度にさっと火を通すくらいは、陰性を陽性に変えるためにフルーツでもいいかなと、ベジタリアン説と漢方説の間を、いいとこどりしています。

というわけで、100%ベジタリアンでないふつうのダイエッターは、外食などでどうしても油は多めにとりぎみなので、私のレシピのように、焼き春巻きにするほうがいいと思う。また2-3分あたためた温フルーツは、やはり寒い冬には美味しいので、自分のレシピのほうがお気に入り。ただ、白花豆ペーストを巻き込むのはいいアイディア。おやつとしては、プロティンがプラスされて腹持ちがよくなるはず。今度やってみようっと。

こういう、ヘルシーアップしたグルメレシピも面白いと思う方は、
↓をクリックして、応援リクエストしてね
1ポチ↓banner_03Blue  

+  2ポチ→にほんブログ村 ダイエットブログへ

1月 18, 2008 23 食事(バランス系) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/17735089

この記事へのトラックバック一覧です: 違いは?ベジタリアンと美健楽レシピ:

コメント

コメントを書く