« 正月スピリチュアルアップ | トップページ | +1.3kgの正月太りの2原因 »

期間限定公開!正月デブ・リバウンドレポート

【不安な女は太って老ける】

ひっくり返して言えば、

【満たされた女は、スリムでエイジレス美女!】

ということをモットーに、2008年もストイック過ぎずゆるすぎずのほどほどな自然体で、ダイエットとアクティブエイジング(不自然なアンチエイジングではありません)を続けていこうと思う、管理人の桜子です。

人生最悪デブ期だった5年前より、-15kgのベスト体重の今をキープし続けたい。でも、グルメや食べ歩きも楽しみたいので、+3kgまでのリバウンドはOK!と、罪悪感なしで認めてます。正月や旅先などの”太りたい”機会には、+3Kgまでに収まるように太ってあげて(笑)、1週間で太ったら次の1週間かけて速やかにベスト体重に戻してやる。そういう”自己コントロール法”さえ自信をもってマスターできていれば、ヨーヨーダイエッターとかリバウンドデブと他人には見られても、リバウンドはぜんぜん怖くありません。

体や体重のリバウンドよりも怖いのは、ココロの不安のリバウンド。私自身2007年は、3-5年に一度来るやや大きめのココロのリバウンドが来たので、デトックス(ココロの建て直し)に、時間がかかりました。そういう不安な状態のときには、体にも影響がてきめんにでる。つまり、体重も増加傾向になるし、顔に”不安じわ”という額のたてじわができたり、肌の色つやがグレーに曇ったり、内側からにじみ出る精気というか生き生きとしたオーラが、消えうせてしまいます。スリムとエイジレスが、維持しづらくなるのです。

そしてそういう鬱っぽい不安な状況のときは、外からの邪悪なものや人間、怪しい邪教やらインチキ健康法・美容法を薦める人たちなどにも、なつかれたり呼び寄せたりしてしまう。腐りかけたりんごにたかるハエのように、払っても寄ってくるんですよね。自業自得ともいえますけど。(苦笑)

というような、暗ーいリバウンドデブ・スパイラルを断ち切って、明るい方向に進むために、適宜、色々なデトックス法と元気アップ=スピリチュアルアップを、ココロと体の両方から施しつづけることが大切なのです。

そして今年は、デトックスがほぼ終わり、まだ言えませんが、私の仕事にもプライベートにとっても、大きな変化(進化)がある予定です。だから、景気づけ(?)のためにも、新年早々、なんか新しいことをしたいなー。しかも、お正月の三が日、正月デブまっしぐらな食べ放題、飲み放題の時期に、わざわざ私のダイエットブログを読みにきてくだすっている読者の方々にも、ちょっぴり珍しいことをこのブログでもやってみよう。

というわけで、期間限定公開・企画、

★桜子の実践・体重データつき、
正しい正月デブ・リバウンドデブになる方法・戻す方法のレポート

をお届けします。12・31-1・3まで、基本的にダイエットを忘れて、グルメと酒を楽しんでいる私。ベスト体重から、+3Kgまでの“お正月デブ”になってもいいことにしているので、昨日より順調に(?)太っています。この体重データを、本日から1・3の夜11:59時まで、期間限定公開します。そのあとは消してしまいますので、読みにきてたまたま見かけた方は、内緒に願いますね。というわけで、

桜子ブログ5年目の初公開データ:(1・3の深夜11:59まで期間限定公開)
★限定期間が過ぎたのでデータを非公開にしました

★身長xxxcm
(最新では整体効果がでてxxxcm+、ほぼxxxcmですが、長年そう信じてきたので、公称xxxcmにしておきます。BMIの計算もしやすいので、笑)

★いつものベスト体重は、30歳を過ぎてからは、
”アンチエイジング体重”であるxxkg(BMI=21)前後
を目標にして、ほぼ5年間維持しています。

一番太っていた5年前は、xxkgというBMI上の定義でも認められた立派な”肥満"=デブだったわけ。xxkgもの”デブ”(自分で自分をデブとののしって、憎んでいました)の頃は、こんな醜い私なんか、道の真ん中を歩いちゃいけない。世間中の人が、自分をデブと見下げている…なんていう、自意識過剰なくらーい考えにとりつかれていました。今考えたら、世の中の人、他人(私)のことなんか、そこまで見ても気にも留めてないっつーに(苦笑)。太ると、自己否定やらコンプレックスやらで、自分で自分を嫌う、愛せなくなるのが、一番つらいです。

そして、12・31から、正月デブOK期間中なので、
★今日現在3日間で、xxkgと
+1.6Kg増加してます。1日につき0.5kgくらい太っている計算ですね。

1・3までのデブOK期間中に、ベスト体重のxxKgよりも+3kgであるxxkgまでは太ってもいい、戻せる自信があります。そしてお正月の豪華な食生活があすの3日まで続くので、もう少し、多分xxkgまで+2kgほどデブる予定です。

★ちなみに、20代までは、
美容体重としてxxKg(BMI=20)以下

を目指してきました。が、年をとって30歳を過ぎると、この体重は顔をげっそりみせ、首筋と手を筋張らせてしまう。よって、”細い”よりも”若く見える”を優先して、アンチエイジング体重のBMI=21を目標にするよう、+2-3kg目標をアップしました。この件に関しては、次回のレポートでもっと詳しく解説します。

★追記とご注意:

こういう記事にデブデブ連呼していると、”デブとは失礼””デブデブ言うな”とか、太っているらしき方?から感情的なクレームがきたりします。

ですが、この記事では、私は私自身を”デブ”と呼んで嫌ったり、励ましたりしているわけで、他人にデブといったり、一般に”デブは嫌い”といっているわけでは、一切ありません。また”デブ”という言葉には、”ちょいデブ(可愛げあり、すぐ戻せるデブ)”とか”デブフード(太るけど、リッチで魅惑的なグルメフード、たまに食べると人生を豊かにしてくれる)”といった、軽く”良い意味”も含めてつかうことも私は多いので、デブ=100%否定的とも思っていません。

一般的にデブ=肥満と使うときは、客観的な基準であるBMI指数の定義BMI=25(肥満)-30(高度肥満)以上を肥満と呼ぶ、という事実を用いることはあります。ちなみに私の身長は20-40代女性の平均値に近いので、

女性一般として、BMIの定義でいえば、
BMI=25(肥満)にあたるのはxxkg以上
BMI=30(高度肥満)にあたるのはxxKg以上
の計算になります。

よってこの数値と、日本人女性や男性の平均身長から考えて、一般的に体重80Kg以上は”肥満”=デブに当たるのかな、という程度のゆるい意味で使うことはあります。

ということで、私のこの記事の“デブ”というのが、勝手に自分のことだと同一視したり、デブ=否定的と決め付けたりして、クレームしないようにご注意ください。私自身、+15kgと太っていたときは、世間が一斉に自分をデブと非難しているような、自意識過剰な”被害妄想”癖がありました。自分に直接投げつけられたのではない”デブ”という言葉を、見て聞いてむかっとするのは、自分で自分のことを”デブ”とさげすんでいる自己評価の低さのせいだと、私自身の暗く苦い経験から思います。その暗いココロを転換できたから、スリムへの道が開けた、と思います。

正月太り、リバウンドデブレポート、私も同じような状況だ!とか桜子さん以外に太いとか細いとか思った方も、
応援と賛成クリック!をお願いします
1ポチ↓banner_03Blue  
2ポチ→にほんブログ村 ダイエットブログへ

1月 2, 2008 45【5四部門総合】DIET |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/17553795

この記事へのトラックバック一覧です: 期間限定公開!正月デブ・リバウンドレポート:

コメント

コメントを書く