« 海老アボガド・サンドは欧米かっ?!の味 | トップページ | マダム的優雅なセカンドライフを考える »

寒さ対策とスーパー野菜活用の鍋料理

楽デリごはんでダイエット、が最新の桜子ですが、ここ数日の寒さでさらなる“進化”をとげました。それは、

★夜や時間があるときのランチを、
作り置きのデリ(お惣菜)以外で、
あつあつの“なべ・具たくさんスープ”にする

200801251pudechige

こと。やっぱり、寒いときは鍋でしょ!というのと、鍋や具たくさんスープは、野菜も一気にたくさん取れるし、これ1食でバランス食になるし、ダイエット向きなのよね。ということで、写真は、最近夕食用に作った、

★韓国風プデチゲ(軍隊風ソーセージ鍋)

です。盛り付けたものは、こちら↓:
200801252pudechige

以前記事にもしたことがある、韓国で人気の鍋のひとつで、特徴は、

+野菜のチゲ鍋風で、野菜と健康食品の赤唐辛子粉(カプサイシンで代謝アップ)やキムチ(発酵食品)がたくさん入る

-ただし、だしはソーセージやスパム(ランチョンミート)というやや不健康なもの、

-さらにインスタントラーメンの“辛ラーメン”の粉末スープと麺まで加えちゃう(辛ラーメンは、漢字で大きく“辛”と書かれた赤い袋の韓国で人気の袋麺で、最近はグルメスーパーやデパートでも100円前後で売っています。新大久保のコリアンタウンだと、84円とかお安いよっ。)

という、基本的にジャンクフードです。が、それを、その美味しさのエッセンスだけ再現して、なるべく健康的にヘルシーアップした、桜子流のレシピです。

★美健楽にヘルシーアップするポイントは、

+野菜ときのこ、がこれでもかっと入る

+だしは、粉末チキンだしをプラスして、スパムと辛ラーメンのスープはごくごく少量に押さえている。ソーセージは入れない

+キムチは古いキムチが安売りであれば入れるけど、値段が高いので、普通の白菜もたくさん入れる。その代わり、味付けでキムチっぽさをだすために、発酵風味のみそや酒かすをプラスする

+ごはんカーボとして、辛ラーメンのインスタント麺を1/4だけ使って、ごはんは食べない。これ1つで濃淡VPCの3つが揃った、楽デリ栄養バランスのいい鍋として食べる

などなど。詳しいレシピも掲載…しようとしたら、作ってる最中の写真がなかったわ。この次作るときに、またUPします。


でも今後しばらく寒い間は、この作りおきのお惣菜デリと、鍋(具たくさんスープを含む)の二刀流でダイエットは続きそうです。ちなみにこれ、以前私が記事にした、

★有機野菜はシンプル、スーパー野菜は複雑味、
の使い分け、つまり

・上質でやや高価な有機野菜は、それ1種類だけの、シンプルな調理と味付けのデリ(お惣菜)にして、作り置きする

・安いけど味が薄いスーパーの野菜は、2-3種類以上混ぜた具たくさんメニューにして、味が複雑になるようにしたり、ハーブを加えて、野菜味の薄さを補う

にもマッチしています。この鍋・具たくさんのスープは、もちろんスーパーの安い野菜、さらに冷凍野菜などで十分。お高めの有機野菜などはもったいないから、使わないことにしてますよ。

さらに、この鍋料理をお弁当に持っていける、保温機能つきのおベんと箱、つまりステンレスランチジャーも、ついに購入!プデチゲはラーメンがのびちゃうからいまひとつかもですが、いろんな鍋やスープ料理だって、お弁当に持っていけちゃう。その写真やレシピも、近いうちにUPします。

あっもちろん、お約束した、人参の蒸し煮レシピ公開も忘れていませんから。というわけで、

こんなスーパー野菜やお気楽鍋料理でも、
楽デリ・ダイエットできるのねと気が楽になった方も、
↓をクリックして、応援・賛成クリックしてください
人参蒸し煮レシピ、写真準備中なので、あすかあさってにUP予定。
もうちょい待ってね。
1ポチ↓banner_03Blue  

+  2ポチ→にほんブログ村 ダイエットブログへ

1月 25, 2008 23 食事(バランス系) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/17825681

この記事へのトラックバック一覧です: 寒さ対策とスーパー野菜活用の鍋料理:

コメント

コメントを書く