« 楽デリな野菜惣菜3種 | トップページ | 東京駅は健康グルメ店ブーム »

悲惨なギャル曽根体質と贅沢大食い

2・10日曜日に放送された、うるるん滞在記の”ギャル曽根編”をみて、思ったこと: 

★大食いできるのはうらやましいことではなくて、かわいそうな体質なんだなあ。燃料タンクに穴があいた車みたいな状態なので、常に大量に食べ続けて食べ物というガソリンを補給し続けないと、倒れたり命にかかわる。

200802111200802112

短い休み時間に必死で走って、人目のないところでがつがつと”おやつ”食い。こういうことにエネルギーとお金を常に使い果たさねば命と健康が保てない大食い体質とは、大変というしかない。

番組では、大食い女王で知られるギャル曽根さんが、ベルギーの手作り高級チョコレートメーカー・ゴディバにチョコレート修業のホームステイに行きます。チョコレートでお菓子の家を作って、それを全部大食いで食べつくすという企画らしかった。

ギャル曽根さんは、ゴディバのマーケティング担当役員の家にホームステイさせてもらうのだが、ごはんが足りないとは、遠慮して言い出せない。そこでこっそりインスタントラーメンを、メイドさんの部屋で作らせてもらったり、お昼どきに会社でばくばく買い食いして、なんとかすごしている。しかし、それでも足りなくて、ついに多分”低血糖”で、気分が悪くなって会社を休んでしまうのです。でも、1日家で、ダンボール一杯の買い食いをしたら、あっさりと回復。

これを見て、そうか、ギャル曽根さんのTVでの大食いぶりは、TV用のショーではなくて、本当に体質なんだなあ。体に常に大量の食べ物を入れ続けないと、倒れちゃうんだ、と認識しました。そして、15分の休憩時間とかちょっとした暇をみつけて、ばくばくせわしなく食べ続ける様子をみて、うらやましいというより、ほんとにかわいそうだなあと思いました。この人は、人生のどれくらいの時間やお金を、”食べることのみに費やさねばならない”んだろうかと。

ダイエットで食事制限をしている身として考えたら、好きなものを好きなだけ食べられてそれでも太らないなんて、うらやましい!と思うこともありました。けど、彼女はつまり燃費が悪すぎる車のような体質。飽食の現代の日本に生まれついて、大食いをショーとして楽しむ人々がいるからこそ、大食いでお金を稼いで生きていける。けど、もしも、雪山で遭難とかして食料がなくなったら、真っ先に低血糖で倒れるだろう。また、食料難の戦時中とかに生まれていたら、絶対生き残れない体質ですよね。

食べ物を大量に食べられる大食いという特殊能力は、人間の食欲本能である”食べ物をつめこみたい”ということを現実化しているので、それをみて快いと思う人も多いと思う。だが、実際には、

★大食いはうらやましがるべきことではなく、悲惨でかわいそうなこと。そして普通のダイエッターは、少量の食事で満足できる幸せを感じるほうが、大食いをうらやむよりも、幸せになれる近道

だわねと思った、大食い女王の真実をかいまみた、うるるん滞在記でした。あと、もうひとつ思ったことが、

★ギャル曽根さん、大食い(グルマンとフランス語でいう)だけではなく、食べ物の美味しさにもこだわりたがるグルメ(美食家)でもあるから、さらに大変です。

量をたくさん食べなきゃならないのに、美味しいものにまでこだわるから、エンゲル係数ものすごく高くて不経済。食べ盛りの子供がいるので節約して、グルメ野菜ではなく安いスーパーの野菜でやりくりしている人が世間にはたくさんいると思うんだけど、あれだけ大食いするギャル曽根さんに、お高いゴディバのチョコレートを食べ放題させているTV局の姿勢には、ぜいたく・無駄遣いすぎて、なんか納得できないものを感じる。

ギャル曽根さん自身が稼いで、グルメとグルマンという贅沢を追求するのは、個人の自由だからいいんですよ。でも、そういうぜいたくで大食いという”資源の無駄遣い”をTVで放映して、エコとは正反対の”ムダ消費”の方向性をあおるTV局には、疑問と怒りを覚えます。

大食い番組では、量を食べるなら、質は我慢したら?質にこだわるなら、量は控えめにと、グルメかグルマンどっちかにしてほしい。高級チョコレートをありがたみもなんもなくばくばく食べさせているのは、違うでしょ?と。大事に手作りされたチョコなら、作り手の思いを受け止めて、味わいながら大事に少量食べてほしい。しかも大食いされたチョコレートって、ギャル曽根さんの”身””、つまりからだの一部やエネルギー”として役立っているというより、結局ほとんどがからだの中を通過して排便として流しだされているだけの、”ムダ”なんだから。

実際、この番組でギャル曽根さん自身ももったいなさを感じたようで、ゴディバの人々に優しくしてもらって作り上げたチョコレートの家(80-100万円相当するらしい)を、一気に大食いする。。。というのを、自分で拒否しました。やさしさが詰まった家だから、飾っておいてほしいということで、一口も食べずに、お世話になったホームステイ先の女の子の小学校に、プレゼントしたんですよ。

巷にあふれる、”贅沢食材でかつ大食いなショー番組”に、不快感を感じるのは私だけ?優遇される大食いな人々に対する、ダイエッターのひがみ(苦笑)でしょうか?

ギャル曽根さんの胃袋、うらやましいと思っていた方も、
この記事読んで大変なんだと判った方も、
↓をクリックして、応援リクエストしてね
1ポチ↓banner_03Blue  

+  2ポチ→にほんブログ村 ダイエットブログへ

2月 12, 2008 45【5四部門総合】DIET |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/40091977

この記事へのトラックバック一覧です: 悲惨なギャル曽根体質と贅沢大食い:

コメント

コメントを書く