« 開始!引締め集中DIET・2008春版 | トップページ | 新レシピで朝のお茶:果汁生姜ティー »

気持ちいいデトックスでスタート

ダイエットの一番最初にすることの基本中の基本は、“デトックス”。しかも、体とココロ、両方の、”自然で気持ちいい”デトックスが必要です。でないと、だらだらーと続けてきたデブモードの切り替えができず、結局挫折してしまうから。でもね、だからといって、

【よし!今日からダイエットをストイックに始めるぞ!】

という意気込み・気持ちだけで、自分にいきなり厳しく食事制限やら運動を課すのは、大間違い。たいていの人はこれやっちゃうから、最初はがんばれても後で息切れする。結局仕事のストレスとかがどかーんときたら、そこでストレス食いして、ストイックダイエットはどこへやらになるのです。

今回、私が最初に取り掛かったのは、これ↓。詳しい説明はこの記事の最後にあります。
200802101before

BEFOREでしたが、

AFTERになりました
200802102after

日本人はまたまじめな国民性だから、こういうストイック、言い換えたらマゾ的にがんばりたがる人、多いんですよね。特に、筋肉を鍛えたい男性にこういうタイプが多い。元々の性格が求道者みたいにストイックで、職人かたぎみたいなこつこつタイプなら、マゾ・ダイエットでもストイック筋トレでも、いいですよ。

でも、たいていの人、とくに婦女子はそうじゃないでしょ?

根性と我慢のできない性格だから、太っちゃったんでしょ?私もそうですもん(笑)、たいていの人間は、ストイックで居続けることはできないし、楽しい気持ちいいことのほうが好き。だからダイエットに入るときも、我慢・がんばり・ストイック・マゾは厳禁!あとでばちーっと我慢のたががはずれて、どうせリバウンドしますから。

というわけで、

【よし!今日から食事制限して運動もして、ダイエットがんばるぞ!】

という気持ちになったら、要注意。失敗・空回りの元です。そういう鼻息を荒くするよりも、より効果的だなあと私が経験から見出した”体とココロが気持ちいいデトックス法”が、いくつかあります。それは、

★1.換気: 窓を開けて空気の入れ替えをする、部屋に空気の流れを通してやる
★2.掃除: 台所の掃除、特に流しとコンロをキレイにして、ちょっとした自炊をしやすくする

★3.呼吸: 窓を開けて、または戸外でできれば朝日を浴びながら、大きなゆっくりとした呼吸を10回ほどする
★4.水分: レモンを少々たらしたぬるま湯、常温の水を500mlゆっくりと飲む

なーんだ、って思うでしょ?私もいままで集中ダイエットを始める前に、無意識に、これらをやってました。そのあとに、ジュースリセットやなんでやせたいの?と考えるココロケアをしていたのですよ。

言い換えれば、これらをやらないと、ダイエットが始められないくらい必要だと思う。なぜなら、なんで太ったの?デブモードに入っちゃったの?といえば、もちろんデブフード食いや外食が続いたからだけど。そういうときって、ふっと部屋の中を見回すと、本や汚れ物の食器がうず高くたまっていたり、ずっと窓を開けていなかったり、お部屋もやっぱり滞っていませんか?デブモードで体とココロの代謝が悪くなっていると、お部屋の代謝も悪くなっている。空気がよどんでいたり、物がたまっていたりするんですよね。自分の体とココロに、部屋の状態がシンクロしてるんです。

だから、ダイエットの一番最初にやるべきは、

★自分の体とココロの代謝=流れをよくしてやるデトックスなんだけど、それに加えて、
★自分の部屋の流れをよくしてやる、部屋デトックス

も大切なのです。かといって部屋全体の掃除というは負担が重いので、とりあえず台所だけでOK。美健楽ダイエットは、へんなサプリや健康食品に頼らず、オーガニックの美味しい食材でのお気楽自炊やら、外食・市販品の持ち帰りデリでダイエットするという、”おうちごはん”が基本。だから、本格的に自炊しなくても、台所でお茶をわかしたり、持ち帰りデリを温めたりというくらいは、最低限必要。よって、台所の流れがよいことが大切なのです。

というわけで、恥ずかしながら、デブモードのときの私の”荒れた・流れの滞った台所”と、ダイエットの一番最初にそこをきれいにしたときに、”BEFORE・AFTER”の写真を大公開したのが↑の写真。台所、特に流しがきれいになると、有機野菜を洗って食べたり、お茶も凝ったものを入れたりしようっていう気に、突然なるのが不思議。

うちの台所はマンションにありがちな窓のないCLOSE型なんで、私はほんとはあまり好きじゃない。寒くて暗いので、料理する気持ちが、特に冬は萎えるんですよね。でも、そこを工夫して、台所の出口にちょっと気持ちのよさげな朝食・お茶するコーナーを作ったり、お気に入りのイスを購入したり、台所に立つ時間が最小限で済むようにほったらかし調理を取り入れたりしています。

というわけで、最新美健楽ダイエット・2008年春版の一番最初にすることは、

★体とココロ、そしてお部屋(台所)のデトックス!

でした。ダイエットを始めようと決意したら、悲壮にストイックな決意をするのはやめて、

★さあ、自分のお部屋(台所)と体の中を、お掃除や水分で“きれいに流して”やろう!

と考えて、キレイになった後の気持ちよさをイメージしてみてください。ちなみに私は、掃除は嫌い・苦手なんですよね。だから掃除するのは、考えただけでもうんざり。でもきれいになったあとの気持ちよさやメリットをイメージしたり、絶対したくないとこの掃除は月に何度かミニメイドさんをお願いして一緒に掃除したり、気持ちいいことをえさに自分をだましつつやってます。

そして台所以外にも、お部屋を見渡して、さらに”詰まって、滞っていて、気持ちわるいところ”があれば、1日1ヶ所ずつ、”モノを流して”キレイにしていく。そうすると、体とココロも流れがよくなってきて代謝がアップし、気持ちよくダイエットできるというものです。一気にいろいろやろうとしないこと。疲れたり飽きたりしない程度に、ポイントをしぼって、少しずつね。

掃除嫌い・苦手の私でしたが、ダイエットと部屋の掃除が”流れ”としてシンクロしていることに気づいて以来、お部屋もわりとキレイに保てるようになったというメリットもありました。ダイエット成功状態が維持できていると、やせモードに入っていると、特にお部屋の状態もキレイをキープできています。あとは、大量のブランドバッグと洋服を処分して、クローゼットのデトックスもしたい!という野望もあるんだけどね(苦笑)。まあそれもそのうち。

さて、今日から3日間は、ちょっと集中して仕上げたい事があるので、集中ダイエットとはいえ、ジュースリセットやプチ断食などの、厳しめダイエットはできません。プチ断食やジュースなどの液体食のときって、やはり頭がぼーっとして集中力は欠けてきますから、仕事や複雑な考え事は無理なんです。だから集中ダイエットといっても、いつもと違って、ゆっくりとダイエットモードに入っていくような、ぬるいダイエットになると思います。

今回は体重はあまりオーバーしていないので、体脂肪、特に下腹部の体脂肪をゆっくり落す、メタボリック対策ダイエットが基本。だから、引き締めや低脂肪の食事というものが基本になる。。。のかな?まあどんなものになるのか、自分でもまだよくわかってないので、気分と体と五感が命ずるままにやろうかと。よって、携帯でまめに写真をとってUPしとく予定。記事とか解説は、その写真をみながら、後日補足になるかも。ではでは。

集中ダイエットだけど、ストイックでないぬるいダイエットってどんなの?と思った方も、
↓をクリックして、継続記事と写真のリクエストしてね
1ポチ↓banner_03Blue  

+  2ポチ→にほんブログ村 ダイエットブログへ

2月 10, 2008 45【5四部門総合】DIET |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/40066371

この記事へのトラックバック一覧です: 気持ちいいデトックスでスタート:

コメント

コメントを書く