« 低脂肪で低カーボの夕食:ラップサンド | トップページ | 楽デリな野菜惣菜3種 »

メタボ腹に聞く(効く)DIET・食事編

昨日の食事を写真だけUPしてたので、補足説明です。

1. 新レシピで朝のお茶:果汁生姜ティー @8時と10時
1morninng
まずは、高脂肪で膨れきったメタボ下腹部が、

★この脂肪の、ぼわんとしたふくらみ感を落したい!

と悲鳴をあげているので、ゆるーい液体デトックス(プチ断食)をすることに。そのためには、ふつうは人参りんごジュース、となるはずです。が、今回は飽き気味だし、またゆるめのメタボダイエットなので、美味しくて新しい、デトックス飲み物レシピを考えてみた。

デトックスになる飲み物の条件は、ビタミンミネラルが豊富(フルーツや野菜)で、甘い、飲み物(液体)であること。さらにこれに温め作用やデトックス作用がある食材や成分、例えば生姜や葱系、タウリン・イヌリンが入ると、いいと思う。そしてもちろん、市販品でお気楽に安く作れなくちゃね。

ということで、生姜湯を100%りんご・グレープフルーツジュースで割った、果汁生姜湯(ティーと書いていても一種のハーブティーで、紅茶はいれていない)を作ってみた。レシピ?でもないけど、これがなかなか美味しい。紅茶をこういうりんごや柑橘系のj100%ジュースで割っても美味しいと思うので、色々試してみます。

いつもは朝10時くらいにフルーツを少々食べる。だが、高脂肪がからだにたまっているのと、この飲み物でジュースを摂ったことで、フルーツが補充されてあまりほしいとも思わなかったのも、メリット。このティー以外に、ぬるま湯や常温水を合計1Lくらい飲みます。

すると正午くらいに、デトックスの効果があってお通じがあり、そうしたら膨れきったメタボ腹のきもちわるい感覚が、少々すっきりしました。下腹部についた脂肪、メタボ腹に、ジュース・リセットによるデトックス(プチ断食)は、ほんとに即効性があるんですよ。

2. 繊維を求めて玄米ベジ・ブランチ@13時
2branch
お通じのあとは、ようやくおなかが鳴る、”本物の空腹”が訪れます。ぼわんとした下腹部脂肪・メタボ腹は、またまた別の要求をしてきたのが、

★なにか繊維質のものがたくさん食べたい!

高脂肪・高カロリーの外食続きだったので、油、カーボ、脂肪、動物性の肉といったものが多くなっていた。そうすると、植物性の繊維質が多い、野菜やきのこ、海藻類がまったく食べられていなかったのです。でもヤセモードが定着しているヤセ体質の人って、私も含め、

★体とココロが、植物性の繊維質でおなかをみたす気持ちよさ

をしっかり覚えていることが重要。繊維質のものをいれると、お通じがスムーズだし、おなか一杯食べてもおなかを掃除してくれるものが入っているので、すぐ消化されて満腹の苦しさがないから

草食動物がせっせと草を食べるような、そういう本能的な気持ちよさなんですよ。逆に、デブ体質・メタボな人は、肉食獣気味になっているから、この気持ちよさをしらない。私も太っていたときは、生野菜が大嫌いでしたから、野菜の摂取量がすくなかった。

でも、美健楽ダイエットで、こんにゃくやきのこ、調理した根菜をいっぱい食べるようになったり、マクロビオティックで伝統的な和食の”繊維質いっぱい”ごはんを食べていたりしたら、繊維質の食材の気持ちよさが身についたのです。

生野菜が嫌いだったのも、からだを冷やすのが本能的にいやだったり、食べ方が間違っていたことに気づいて、こちらも克服。いまや自分が作るサラダは大好物。ということで、繊維質を求めて、玄米と野菜がたっぷりの、朝昼ごはん・ブランチとなりました。

3.デブモードの反撃をそらすおやつ:バナナロール @16時
3sweats
というふうに、ヘルシー気味の地味めしなブランチを食べたあとは、油断してはいけない。高脂肪のデブモードなからだの反撃がきました。

★せっかく溜め込んだ高い体脂肪を減らしたくないから、脂肪を食え!(ダイエットによくないからだを冷やす)コーヒーを飲ませろ!

と、デブモードなからだがヤセモードへの移行に抵抗するのです。いつもは、ジュースリセットで厳しく断ち切るんですが、今日はゆるめのメタボダイエット。

★はいはい、わかりましたよー。じゃあ、マスカルポーネ入りのバナナ巻きとコーヒーをどうぞ

というわけで、おとなしく、でも中脂肪気味の自作おやつを、あっさりと食べます。ここで、市販品のほんとに高脂肪のケーキバイキングなんかをしちゃ、だめね。あくまで、ほどほど高脂肪な甘いもの、できれば自作で茶色の砂糖をつかっているおやつを食べるのがポイント。コーヒーも市販のカフェラテの本物だけど、豆乳で2倍に薄めたもんね。というわけで、自分のデブモードなからだを、ほどほどにだましてなだめるための、おやつでした。

4.低脂肪で低カーボの夕食:ラップサンド@20時
4dinner
おやつのあと、やることに熱中してたら、いつのまにか夜の8時。高脂肪な体には脂肪がためこまれているから、おなかが空きにくいんですよね。やっとおなかが空いたので、楽デリで作りおきしていたお惣菜で、簡単な低カーボ・低脂肪の夕食。

メニューは、カブのポタージュと、アルファルファと人参蒸し煮を生春巻きの皮で巻き込んだ、エビとタマゴのラップサンド。久しぶりに料理をして楽デリ作ったら、野菜を煮すぎる失敗が続出。カブもちょいと煮すぎたので、豆乳とだし汁いれてフォークでつぶして、手抜きポタージュにしました。豆乳をいれたのはプロティン増強のためもありますし、カブと豆乳は相性がいいから。このあと、七色の粒こしょうをひいてポタージュに散らしたら、白に映えてきれいでした。

ラップサンドは、生春巻きの皮をつかうことで、カーボをひかえめにできる。ほとんど、具ばっかりのローカーボなラップサンドとなりました。で、この日は12時に就寝。もうすこし夜更かしするなら、ゆでたまご1個の夜食を食べるつもりでした。

というわけで、全体をみると、低脂肪・低カーボ、そして繊維質が多いメニューになっている。そういうものを、メタボ腹な体脂肪が高いからだが、自然に求めているみたいですね。私みたいに、からだがすでに正しい状態、美健楽なヤセモードな状態を知っていると、その正しい状態に戻るには、なにを食べたい?どんな運動や温気アップをしたらいい?と、体に、メタボ腹に聞けば、自然にわかります。ヤセ体質の人って、そんなもんだと思うんですよ。

ということで、しばらくこのようなゆるめのメタボダイエットを続けます。からだが、ふくらんだ下腹部が気持ちわるいから、運動したいよーと珍しく言ってもいる。よって、運動も新しい面白そうなものを、なにか取り入れる予定。お楽しみに。

こういうゆるめの下腹部ダイエット、メタボダイエットも興味ありな方は、
↓をクリックして、記事継続リクエストしてね
1ポチ↓banner_03Blue  

+  2ポチ→にほんブログ村 ダイエットブログへ

2月 11, 2008 45【5四部門総合】DIET |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/40083345

この記事へのトラックバック一覧です: メタボ腹に聞く(効く)DIET・食事編:

» おろしショウガ汁でダイエット トラックバック 話題のダイエット
手軽に手に入る生姜を使ったダイエットはいかがでしょうか。おろしショウガジュースと呼ばれるもので、大さじ1杯の生姜の絞り汁に・・・ 続きを読む

受信: 2008/02/25 10:24:15

コメント

コメントを書く