« 美味しんぼもオーガニック・グルメへ | トップページ | ファーストフードの抹茶ババロア »

紀の善抹茶ババロアの知恵

飯田橋・神楽坂にある老舗の甘味処、紀の善の抹茶ババロアを食べました。さすが老舗、さすが看板メニュー。美味しい。。。

なぜ突然に抹茶ババロア?といえば、アメリカに料理の勉強に行く前に、日本の健康食材も知っておこうかと。日本の食材は、ほんと外国で評価が高いものが増えています。しいたけとか抹茶とかね。抹茶なんか、アメリカでは”天然サプリ”だとみなされて、ヘルシージュースのチェーン店で、トッピングに使われているくらい。日本人にはまだまだ、お茶とかお菓子の材料とか思われてますけどね。

老舗の甘味といえば、貧乏だった昔の日本人が喜ぶ白砂糖たっぷりな、現代人にとっては健康によくない、デブスイーツと化してしまったものが多いのが難点。紀の善の抹茶ババロアも、白砂糖は入っていると思う。でも偉いのが、

+抹茶の味を100%生かすため、砂糖はとっても控えめ。多分生クリームも入ってますが、それもわりに控えめな感じ。
+そのかわり、付け合せの生クリームとあずきに甘味を加えている
+ババロア、抹茶、あずきの3つを組み合わせて、色んな味が楽しめる

ってところ。これも、オーガニック・グルメやナチュラル・グルメ的な考えかたで、

★いい食材(抹茶)の味を最高に生かそうと調理したら、こうなったっていう工夫と知恵を感じました。

ダイエッターの私としては、生クリームはちょこっと、あずきとババロアは全部いただいて、満足だわー。抹茶の味を堪能した、これくらい生かして使ってもらったら、抹茶も本望でしょという感じの味わいでした。

今日の美健楽な気づきと学びは、

★アメリカにも最上級抹茶を持っていって、このババロアをより健康的にした、ダイエッターも安心なナチュラルグルメな抹茶ババロアを作ってみようとおもいました。

★抹茶をサプリと考えて、ジュースや栄養オードブル、栄養おやつをもっと作ってみようっと。抹茶の豆腐クリームなんて、豆腐のにおいも消せるので、よさげですね。

★スイーツ・デザートを作るときは、本体にはあまり甘味をつけない。その代わり、トッピングやソースを甘くして、調節がきくようにすること。

メモ的記事ですが、
ふーんと思ったら、↓クリックしてやってください。

1ポチ↓banner_03Blue  +  2ポチ→にほんブログ村 ダイエットブログへ

3月 18, 2008 25 食事(甘味系) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/40545492

この記事へのトラックバック一覧です: 紀の善抹茶ババロアの知恵:

コメント

コメントを書く