« 玄菜蛋(げんさいたん)な昼食(軽食) | トップページ | 紀の善抹茶ババロアの知恵 »

美味しんぼもオーガニック・グルメへ

2008年3・5に発売になったばかりの最新刊、美味しんぼの101巻を買いました。ご存知のように、この本は日本にグルメブームを巻き起こした、長期連載グルメまんがです。えーと歳バレですが、私はその第一話をスピリッツでリアルタイムで読んでおりました。単行本も、たしか30巻くらいまでは買っていた元ファンです。

でもその後ちょっとパターン化し、グルメうんちくも飽き始めたので、最近はとんと読んでいなかった。でももう100巻を越すくらい続いていたとは、すごいなあ。そして最新刊を思わず買ってしまったわけは、内容が、

★食の安全とオーガニック農業・食材の話

という、タイムリーかつ、私が今度ニューヨークまで勉強しにいく、オーガニック・グルメに関連の深い話だったから。中国の残留農薬野菜やコンビ二弁当の保存料の害など、最近の時事問題のせいで、老舗のグルメまんがもオーガニックやら安全を語るようになったんですね。いいことだわ。オーガニックグルメとはなにかというと、私の解釈では、

★ナチュラル・グルメとも呼ばれ、グルメ優先だけど野菜メイン食で、食材になるべく健康的なもの、特にオーガニック(有機、無農薬や低農薬の、野菜に限らず肉魚なども含む)食材をつかって、その味を生かした料理をする

ってことですかね。グルメを尽くした人は、最後は食材のよさとそれを生かしたシンプル調理にたどりつく、という気がしています。私みたいに、グルメを尽くしすぎてからだを壊したり太りすぎた人が、最後にたどり着く、グルメと健康の融合したバランスの取れた食事法、ともいえるでしょう。

この美味しんぼのマンガでの、オーガニックグルメ論の結論を簡単にいえば、
メモ的記事ですが、
ふーんと思ったら、↓クリックしてやってください。

1ポチ↓banner_03Blue  +  2ポチ→にほんブログ村 ダイエットブログへ


★日本のオーガニック農業の比率は、全体のたった0.16%。これを100%に上げていくことが、食の安全につながるし、オーガニックグルメ食材は安心かつ、めっちゃ美味しい!

ってことでした。断食習慣で、からだと心を定期的デトックス・クレンジングしている私の舌と味覚が、おえーっとなった、コンビ二弁当やらコーヒーフレッシュ、たくあんに入っている保存料・添加物の話もでてました。そして、浅草のりや日本のイベリコ豚など、日本のオーガニックグルメ食材をかなり取材したようで、実際のオーガニック農家・酪農家などの話もたくさんあって、美味しそう。エコ的なかたい話題だけど、マンガだとやっぱりとっつきやすいですね。

まあこのマンガ、時々間違いもあったので全部うのみにはしませんけど、この原作者は、グルメに数千万円だか億以上自腹でつぎこんだ方で、いわばグルメ食のオタク。そういう人が、美味しくて健康的なオーガニック・有機野菜にシフトしてのめりこんでいるらしいのは、私の今のオーガニックグルメ料理への興味とも一致していて、心強かったです。

まあ私は、できる範囲のムリしない程度のゆるエコ派なので、自分を犠牲にしすぎるくらいエコ活動にのめりこむつもりも、他人にエコを布教するつもりもないです。が、今後のグルメは、オーガニックは必須条件!になるでしょうね。オーガニック食材はなんといっても美味しいものが多いですし、昔の味がするので母親の味にも通じるなつかしさがありますから。

ニューヨークのカフェやレストランはすでにそういう流れになっているのですが、日本ではオーガニックグルメがようやく盛り上がってきた感じ。NYでオーガニックグルメが盛り上がったのは、9・11のテロ事件以降といわれています。あれで身の危険を日常に感じたニューヨーカーたちが、今まで楽しんでいた食べることに対しても”安全”を求めだした。でも今までのグルメも捨てたくない。ということで、それが、オーガニックグルメ、ナチュラルグルメのトレンドになったらしい。

日本でも、中国産野菜とか毒入りギョーザのように、食の安全が身近なところで崩れてきたからこそ、国産は安全という感覚がでてきて、オーガニック志向の盛り上がりにつながっているのだとおもいます。だから日本でも、多分、あと1年ー数年後くらいに、グルメなレストランはみんなオーガニックの食材や調理法を使っているのが当然!というふうに、変わってくるとおもいます。

私が突然、NYのそういうオーガニック系グルメの料理学校に、行きたくなったのもそのせいだったか。自分でも最後に直感的に決めたので、よく理由がわからなかった(笑)。でも、マーケターの私のアンテナにひっかかり、私が深く興味をもったものは、1-2年後くらいにはブームになります。岩盤浴、デトックス、モダン・マクロビオティック、ロハス等々、このブログでも4年間、世間の1歩先とはいわねども0.5歩先くらいに、美健楽のトレンドを予言してきました。だからオーガニック・グルメも流行って定着するよと、大胆予言しておこう。

ちょっと小難しいエコやオーガニック・グルメとはなにかをわかりやすーく理解してみたい方は、美味しんぼ最新刊101巻、コンビ二でも売っていますから、見てみてください。オーガニック・グルメにも役立ちそうな本も3-4冊紹介されていて、よさげです。

最後に、このオーガニックグルメを自分の美健楽ダイエットにどう生かすか?

★なるべくオーガニック食材と調理法をとりいれる。でもオーガニック食材は手間隙かかるので割高なので、食べる量をセルフ・ココロケアで減らせるように努力する。つまり、質を上げて量を減らすってことですね。

日本人は食べ過ぎていることがほとんどなんで、食べる量を減らしても問題なし。どうしても食事量が減らせないと思うのは、自分が食べ過ぎる心の問題が、自覚できてないことがほとんどですから。力わざで食事量をへらすよう頑張るのは逆効果。もっと頭と五感を使って食欲コントロールしたら、すとんと食べる量を減らせるのになーと思う、カウンセラー桜子でした。

さて今日は、自分のメモとして書き始めたのに、長い記事になってしまいました。うーん、時間の節約のため、頑張って30分以内に書ける短い記事にしなきゃ。ではでは。

メモ的記事ですが、
ふーんと思ったら、↓クリックしてやってください。

1ポチ↓banner_03Blue  +  2ポチ→にほんブログ村 ダイエットブログへ

3月 17, 2008 45【5四部門総合】DIET |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/40527932

この記事へのトラックバック一覧です: 美味しんぼもオーガニック・グルメへ:

» 竹の子 料理 簡単レシピ たけのこ 美味しい トラックバック 竹の子 料理 簡単レシピ たけのこ 美味しい
グルメは、求める 旬の「たけのこ」、美味しいです。 続きを読む

受信: 2008/03/28 14:37:13

コメント

コメントを書く