« “ブログ”復活と旅立ちの春 | トップページ | 美健楽系の良書・方法を見分ける3条件 »

玄米嫌いを【玄米ハイ】で好きにする

美健楽ダイエットの基本食のひとつは、玄米ごはん。でも、世の中、玄米嫌いの人って結構多いみたい。まあ私も、断食施設で本当に美味しく炊かれた玄米を、断食明けのデトックスされたキレイな体で食べるまでは、【玄米なんて、かたくてぼそぼそしててまずいもの】だと思い込んでいたからなあ。白いふわふわーとしたご飯に、脂ぎった焼肉やらレトルトカレーをかけて食べるのが、この上ない美味!だと思っていました。(今は胸焼けするから、めったに食べない組み合わせです。)

また逆に、がちマクロビアンな人、厳格な玄米菜食をしている人なんかは、玄米にのめりこみすぎている人もよくみかける。【体にいい玄米なら、いくら食べてもいいのよー】と、1日2合なんて量をひとりで食べる人もいるくらい、止められない止まらないというふうにハマるものでもあるらしい。つまり、玄米は、好き嫌われが両極端なんですね。

私は、どっちも体験して、今はこの両極端の間。つまり、玄米は美味しくて大好きだけど、食べ過ぎると“玄米焼け”(質の悪い玄米や玄米の食べすぎ、未消化等で、肌が枯れ木のように黒ずんでしわっぽくなる)などのデメリットも怖いので、1日1食、よーくかんで味わって食べている。ほどほどの玄米ニストなのです。

白いごはんは、もうめったに食べたいと思わない。なぜなら、玄米ほど歯ごたえがなくて、白いふわふわパンを食べてるみたいに頼りない。健康のために絶対白米は食べないぞ!と思いつめてるわけではなく、1ヶ月に2-3回体調に応じて食べたり、外食のときは少量食べたりします。が、積極的に食べたいと思わなくなってしまっているのです。

この”玄米好き”(白米嫌い)になった原因は?と考えてみると、

玄米が苦手な方も、わりと好きな方も、
↓をクリックして、継続記事リクエストしてね
1ポチ↓banner_03Blue  

+  2ポチ→にほんブログ村 ダイエットブログへ

“スッキリ!キレイ!一理ある!”の3つの気持ちいい感覚を、からだが覚えてしまったから。玄米弁当を持ち歩いていると、よく世の中の玄米嫌いな人たちに、なんで玄米食べるのですか?と聞かれるので、【五感で分かる、玄米を食べるメリット】を考えてみた。

+1)玄米の食物繊維効果で、便通がおきやすく“おなかスッキリ!”とする。20年以上の便秘体質が改善した。

+2)1)で便秘が改善すると副次的効果として、肌の張りやつやが目に見えて“肌キレイ”に改善する。どんよりとしていた顔色が、血色良くなったりもしました。

+3)玄米は芽の部分や皮が精製されすぎていない全体食だから、栄養分が白米より高く、米の命も丸ごといただけるといううんちくに、なるほど“一理ある”と納得した。

というふうに、目に見えて、感じて、うんちくとして納得した結果、五感が満足する“気持ちいいことだから、玄米食を続けたい”のですよ。

多分、世の中の玄米嫌いのひとたちは、栄養的にいいっていう3)のうんちくだけ頭でっかちに理解していて、1)と2)の体感覚や視覚を感じられないのかも。実際、ストレスやデブフードで自分の感覚が鈍っている人が現代人には多いから、うんちく以外の感覚が感じられないことが多いみたいですね。

そういう五感が鈍った人でも感じられるメリットとして、理論的な説明はできないものの、玄米好きの人々の間でささやかれている体験的メリットがあります。それは、

★【玄米ハイ】:玄米ごはんをよく噛んで15分以上過ぎると、なんか“頭とココロがスッキリ”として、ハイ(高いところに上った感じ)で気持ちいーい感覚になってくる

って状態です。これは、“ジョギング・ハイ”や“エアロビクス・ハイ”、はたまた深呼吸を続けていると感じる“深呼吸・ハイ”や瞑想の後の“瞑想ハイ”にも似ています。ジョギングしてると最初は苦しいけど、しばらくたつとなんか気持ちよくなってきて、もうあと何キロでも走れるぞ!って気分になる、あの感じ。

でも、ジョギングやエアロビなどの運動時のスポーツハイな状態はわりに有名だけど、玄米ハイについてはうまく説明できなかったのよね。体験してみないと分からないし、

【玄米をね、よーくかんでいると、楽しいお酒に酔ったみたいに、ちょっとハイで気持ちいいスッキリ気分になってくるんだよー。それがクセになっちゃう】

なんていったら、単なる怪しい人でしょう?玄米教かっ!って。(笑)

でも、最近読んだ本で、脳のしくみと気分(鬱や依存症)の関係について書かれた文章をみて、あっこれが、体験的に感じていた“玄米ハイ”の論理的な理由になるかも!と思い当たりました。そして、この玄米ハイの気持ちよさをうまく利用したら、玄米嫌いを改善できるんじゃあないかなと。玄米嫌いじゃない人でも、玄米ハイを意識的に体験してみると、なかなかの快感で、ますます玄米が好きになれるかも。

というわけで、玄米ハイの脳医学的理論的説明と、桜子が玄米嫌いのトラウマを改善できるように工夫してみた、自宅でできるお気楽玄米ハイの体験法を、次回ご紹介しますね。

玄米が苦手な方も、わりと好きな方も、
↓をクリックして、継続記事リクエストしてね
1ポチ↓banner_03Blue  

+  2ポチ→にほんブログ村 ダイエットブログへ

3月 2, 2008 24 食事(HLカーボ系) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/40340820

この記事へのトラックバック一覧です: 玄米嫌いを【玄米ハイ】で好きにする:

コメント

コメントを書く