« NYでは健康と安全化が進行中 | トップページ | 西海岸のローフード野菜料理2008 »

新ベジ和食店CHA-YAに遭遇@バークレー

200805201

200805202

200805203

サンフランシスコのベイエリアより、桜子です。なかなか時間がとれないので、不定期更新ですみません。ニューヨークから、心理学セミナーのためにやってまいりました。でも、セミナーまでに2日ほどオフの日があったので、久しぶりにこのあたりをぶらぶらすることにしました。

前に来たのは3-4年ほど前かなあ。ベイエリアのこの辺は、私が会社の派遣で英語留学3ヶ月に送り込まれたところ。生まれて初めてアメリカに上陸し、英語を集中的にたたきこんでもらった、第3のふるさととも思っている場所なのです。(ちなみに第一は本当に生まれたところ、第二は仕事をたたきこまれたニューヨークです。)ここに本社がある会社で働いていたり出張できたりもしていたので、初上陸以来、1-4年に1度は訪れているので、観光はもうさんざんやっています。

ですので、私がやることといえば。。。そう、食べ歩き!なんですよねえ。以前はZagatやTimeOut片手にグルメレストランの食べ歩きをしてたものですが、それにも飽きた。最近ではもっぱら、“ベジタリアンや自然食、ローカル料理”の食べ歩きです。

今回は、カリフォルニア料理の名店、シェ・パニース。。。は以前訪れたことがあったので、そのカジュアル版のカフェのほうへ再訪してみることにしました。シェ・パニースは、アリス・ウォータースという女性が作った、カリフォルニア料理の草分けとも言える老舗。地元の新鮮な食材を、あまりいじくりまわさずに仕上げる、どこか温かみのある家庭料理風のビストロ。

ここのレポートを記事にしようと思っていたのですが、このレストランへ向かう途中に、おもしろい新しい店を発見したので、緊急レポートします。それは、

★Chayaの新コンセプトの、ベジタリアン向け和食店【CHA-YA】

このブログでもたびたび記事にしている、私のお気に入りのチャヤ・マクロビオティックスが、マクロビではないベジタリアン向け和食店を、ひそかにバークレーにオープンしておりました。チャヤは、ここの三代目の男性がアメリカにいらっしゃるので、USでいろんなコンセプトの店をもっています。私が行ったことがあるのは、

●サンフランシスコ市内の、Chayaという普通のカリフォルニア料理店
●LAのハリウッドにも近いメルローズ通りに、M Cafeというコンテンポラリー・マクロビオティックのおしゃれカフェ

このMカフェのおしゃれマクロビ料理は、マクロビをアメリカ料理化した、とても美味しくてヘルシー、しかも新しい感じなので、私のお気に入り。2008年3月に、日本の赤坂サカスにもM Cafeとしてオープンし、私はそこにもいったのですけど、そっちにはちょっとがっかり。なんかLAのM Cafeと違って、ちまちまっとした日本人向けのボリュームとお料理になってしまっているんですよねえ。アメリカのChayaは、日本のチャヤ系列とは似ているようで別物です。

ということで、アメリカでのChayaの新店舗。これは、絶対入らなくてはということで、シェ・パニーズでの夕食のあとに、さらにChayaの持ち帰りまでしちゃった私。ダイエットはどこ行ったんだ。。。で、上の写真がその料理で、

★Chayaロールという、野菜を白いごはんで裏巻きしたものを、なんと丸ごとてんぷらにして揚げた、”てんぷら寿司”

★玄米と野菜、厚揚げを、青菜で巻き寿司にしたもの

です。チャヤロールは人気メニューらしく、最初はぎょっとしましたがこれが美味しいの!てんつゆを濃い目にしたようなたれがかかっていて、油っぽくもない。ただし、てんぷらなんで、カロリーは高いでしょうけどね。ベジタリアン料理はさっぱりしたものが多いので、わりと油で揚げてこくをだすような料理法が多いのです。

こういう、和食っぽいけど、どこか新しいひねり・おどろきがある料理、伝統8割、新鮮味2割という料理は、私の好みにぴったりです。玄米寿司のほうは、美味しいけどまあ普通かな。驚きがないと、単純に健康料理なだけじゃ、食べる楽しみもありませんから。

このお店は、全体的にも、本当に普通の日本の家庭料理8割、それをアメリカ人やベジタリアンの人たちにも受けるように、ベジタリアンならではの調理法や食材をプラスして、新しさを2割付け加えた感じの料理でした。普通に寿司やそばヌードル、てんぷら、すき焼き、ギョーザというメニューが並ぶのですけど、どれも一味ひねってあるんですよね。そのひねりが、変なアメリカナイズという悪い方向ではなく、新しい、楽しいという方向へひねられているのは、”動物性のものをなにも使わない、完全ベジタリアン(ビーガン)向けヘルシー料理”という基本ポリシーが、びしっと1本筋がとおっているからでしょうか。

って、ちょいほめすぎかしら。私は、Chayaの三代目さんとはLAのカフェでお会いしてお話もさせていただいたので、彼のセンスとか考え方が、わりに私と似ていると思っています。だから、アメリカのChayaがやることには注目している、Chayaファン。追っかけているわけでもないのですが、アメリカの道を歩いていて、いきなりその新店に出くわしてしまうとは。われながらすごい運の引き寄せパワーと、“桜子が歩けば美健楽な店にあたる”を実感してしまいました。

ちなみにこの新店、CHA-YAは、サンフランシスコからBertという電車にのって、30分。バークレー駅下車して、歩いて15-20分ほどで行けるところ。車がなくても大丈夫なので、SF市内観光に飽きた人は日帰りで行ってみてください。

バークレーの街は大学以外特に見るところもない場所ですが、CHA-YAのあるShattuck通り沿いに、ベイエリアでも有名なベジタリアン系のカフェが3店舗もあります。シェ・パニーズもヘルシー系だから、あわせて4つもヘルシー系カフェが、狭いところに集まっている。美健楽系の美味しい店好きには、たまりません。それでは、また。

アメリカの最新ダイエット事情が伺えるようなこういう記事も面白いと思われたら、

継続記事のリクエストクリック↓を、してやってください。

1ポチ↓banner_03Blue  +  2ポチ→にほんブログ村 ダイエットブログへ

5月 20, 2008 72  旅先別(海外) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/41270792

この記事へのトラックバック一覧です: 新ベジ和食店CHA-YAに遭遇@バークレー:

コメント

コメントを書く