« 伊豆の断食2008年6月の結果 | トップページ | 健康のBMIと梅雨の晴れ間 »

断食後の旅のどか食い・失敗談

断食施設での結果をお知らせしたばかりですが、その後プチどか食いしてしまって、-2kgのうち1kgをたった1日で戻してしまったリバウンド失敗談も付記しておきます。そう、断食歴15年の私でもやるんですよ、こういうこと。まねしちゃいけませんけど。

えーと、断食施設をでて、今、別の温泉地に立ち寄っています。米国3週間の旅から戻り、さらに7月から1.5ヶ月行くので、日本の温泉をじっくり味わっておこうというわけ。まあちょっとした用事もあったもので。でも、この”温泉地に旅行”というのが悪かった。行きなれていない旅先では、私のグルメ好奇心が爆発し、いろんな名物やお菓子を食べちゃうんですねえ。

ただ、断食後の”節制心”がまだちゃんとあるので、恐ろしいほどのどか食いにはなりません。おまんじゅう系3種類、でも一口味見して好みじゃなかったらぽいと捨てる、肉系には走らず、そば、豆腐系のごはんを選ぶ。そういう程度の節制心は、ちゃんとキープできておりました。普通の人が食べる量より少ないし、かなりヘルシーだったはず。

それでも、断食明けの体にはきつかったみたいです。夜中にどーんとしっぺ返しが。それは、久々におなかを派手にこわしたこと。断食中はやや便秘気味だったのですが、3-4回トイレにいけました。そのあと、ものすごい眠気に襲われて、夕方7時くらいから爆睡。明け方、やっと目を覚ますと、なぜか大量の寝汗をかいていて、からだがほかほか。

自分の体の気持ちになって想像するに、

★せっかく断食でデトックスしたのに、なんでまたこんな甘いものを食べるのよ!汗や便通で、一気にデトックスしてやるっ!

ってことだったんでしょうか。その証拠に、おなかをこわしても気分悪いという感覚はなく、ひたすら流しだしている感覚。そして朝起きて、からっぽのおなかで温泉につかり、汗を流したら、すっきりして気分はよかったです。

ただし、からだの消化器官を酷使したせいか、肉体的疲労感はありました。そしてびっくりしたことに、まだ先の予定だった生理が、いきなり始まったこと。やはり、断食明けのどか食いモード、そしてそれへのデトックスというのは、体にとってはショックなんでしょう。本当にまねしないでくださいね。

ただ、断食明けにどか食いモードに陥ったら、こういうことになってしまうという、恥をさらしてのご忠告でした。断食明けに、旅行や友達との飲み会・食事会などの誘惑モードなお誘いの予定を入れるのは、止めましょう。自戒をこめて。

メモ的記事ですが、
ふーんと思ったら、↓クリックしてやってください。

1ポチ↓banner_03Blue  +  2ポチ→にほんブログ村 ダイエットブログへ

6月 8, 2008 21 食事(断食系) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/41461446

この記事へのトラックバック一覧です: 断食後の旅のどか食い・失敗談:

コメント

コメントを書く