« 断食後の旅のどか食い・失敗談 | トップページ | また旅・カーボ民族の玄米弁当 »

健康のBMIと梅雨の晴れ間

梅雨の晴れ間とBMI

おはようございます。梅雨の晴れ間の気持ちいい朝。最近、朝の深呼吸と瞑想を太陽の光のなかでするために、散歩にはまっている桜子です。太陽の光は行動するエナジーを与えてくれるので、朝ほんの20分ほど運動にはならないほどぶらぶら歩くだけで、その後の1日の効率が違う気がします。

と、気持ちいい朝の光のなかでも、効率なんぞを考えてしまう、世俗にまみれた私。それに関連しそうな、数字、BMI、ボディマスインデックスのお話を少々。BMIとは、体重(KG)を身長(M)で2回割った、身長と体重のバランスを示す数字。55Kgで1.60Mのひとなら、21.5になります。

昨夜、東京TV系の番組で、長野在住の蒲田医師という方が、健康についてはなしていました。主としてお年寄り向けに健康相談を受けたり、寒天料理を勧めている人でしたが、大筋私の美健楽ダイエットの、健と楽の考え方とは似てる感じ。美はほとんど無視というのが、いまひとつでしたけど、お年寄りだからしかたないでしょう。

で、この医師が考える健康的で長生きできるBMIとは、

★ちょい太めの24-26

18.5-25が標準
それ以下がやせで
それ以上が肥満

だそうです。ちなみにゲストの中高年女性タレントたちが19ー24くらい。日本女性のモデルが18前後、10-20代は19-20、30代以上でも21前後が多いことを考えると、かなり太めですね。身長160cmで、61-66.5kg。

これは、女性と男性をいっしょくたにしているので、筋肉が重い男性の値に影響されて重めになっている。やや太めのほうが、栄養分を貯蔵できているので、病気になったときとか、すぐにやせこけずに体力があって病気に勝てる、つまり長生きできるってことなんでしょう。

個人的には見た目の美容も考えると、この健康重視の数字よりもー2からー3の21-23くらいが、30代以上の女性の美容・健康・アンチエイジング体重だと思いますけどね。体重でいえば、身長160cmの人で54-59kgくらい。たぶん実際には160cmで50-53kgくらいの人がおおいと思うので、これでもやや太め。

なぜなら、やせ気味になると、30歳すぎたらこけてみえて、貧相にみえるから。とくに頬とデコルテがやせこけていると、老けてみえるという美容上の理由。あと、40代からはやはり体力も落ちてくるので、スタミナの分もちと体重、できれば筋肉を増やしておきたい。BMIが21-22くらいの体重で、でるとこでていて、締まるとこきゅっとしまってるほうが、えんぴつみたいに細いだけの20代女性より、大人の魅力があってよいと思います。

さっ、私も体重はベストにもどったので、ちょいと動いて締めようっと。それでは梅雨の貴重な晴れ間の1日、気持ちよくお過ごしくださいね。仕事で1日オフィスにこもり、美しい青空に気づく暇もなかったということがなきように、願っています。

メモ的記事ですが、
ふーんと思ったら、↓クリックしてやってください。
更新頻度が増えるかも。。。

1ポチ↓banner_03Blue  +  2ポチ→にほんブログ村 ダイエットブログへ

6月 10, 2008 45【5四部門総合】DIET |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/41488687

この記事へのトラックバック一覧です: 健康のBMIと梅雨の晴れ間:

コメント

コメントを書く