« また旅・カーボ民族の玄米弁当 | トップページ | ダイエット卒業気分とメルロ・パノニカ★★★ »

シンプルな朝ドリンクにこだわる

シンプル朝ごはん

旅先なので、ジューサーも、ミルサーもない。でもできるだけ、いつもと同じようなヘルシーな朝ごはんを食べたい。ということで、シンプルバージョンの朝ごはんを10時にいただきました。旅先でも、ジューサーなしでも作れる、シンプルな朝ごはんレシピ:“ラッシー”もどきドリンクです:

★豆乳のキャロットジュース割り:お湯を少々プラスして人肌にして、まぜただけ。あれば、お酢を少々入れると、ラッシーみたいにとろみがついて腹持ちがよく、お酢の酸で筋肉の疲れ(乳酸)がとれる。特に夏にお勧め。

★地の旬のフルーツ:びわ

昨晩、夜遅くについて、しかも歓迎のご馳走をいただいちゃったので、体が重い。だから、朝8時ののモーニングティー(しょうが紅茶と黒あめ1個)のあとに、10時のおやつの時間になってもおなかが空いてなかったのです。だからこういう、シンプルな朝ごはんで十分。

豆乳のフルーツ・野菜ジュース割りはわりに好きで、ジューサーもいらないので良く飲みます。これに好みのお酢(あまりきつすぎないもの)を少々加えると、豆乳がややかたまって、すっぱさも加わり、インドのラッシーみたいな飲み物になります。というのは、かなり以前に記事にしました。

そしたら、先日のTVで、健康系のお医者さんも似たようなレシピのドリンクを飲んでいた。その人は、牛乳にりんご酢(クエン酸が多い)を加えて、腹持ちがよくてクエン酸で疲れを取るという、3時のおやつ代わりドリンクだったけど。

●牛乳から、豆乳メインたまに牛乳へ:

でも私は、牛乳は最近ほとんど飲まないというか、飲みたくない“植物性・ベジタリアン”体質になってきたので、豆乳を愛飲。動物性の牛乳を飲むと、体、特に下腹部が冷える感じがなぜか強くするので、飲みたくなくなってきたのです。まあ、人間の大人が、牛の赤ちゃん用お乳(牛乳)を横取りして、ごくごく飲む必要もありませんしね。

とはいえ、1日1杯だけ飲むことにしているカフェラテは、豆乳より牛乳が◎。無調整豆乳はさすがに豆くさくて、コーヒーの香りを台無しにしちゃうので。最近、調整豆乳に入っている油やら糖分の味がわかるようになってきて、もっと純粋な豆乳が飲みたくなり、無調整豆乳に切り替えました。そしたらやはり豆の味・風味が強いので、コーヒーなんぞには少量だけ、牛乳を使います。

牛乳は環境ホルモンがなんたらで絶対だめー!と、目くじらたてることももうなくなってきました。高度成長期にいろんな農薬まみれ・公害まみれのもの食べて育ってきたけど、大丈夫だったから。人間には、ある程度のデトックス作用が自然に備わってるもんね。だから体に悪そうなものでも、少量ならからだが頑張ってデトックスしてくれるでしょ。なーんて、かなり鷹揚かつ柔軟になってきた今日この頃です。

●カフェラテから、ブラック・アメリカンコーヒーへ:

そして味覚は、どんどんシンプルに研ぎ澄まされてきました。コーヒーも、以前はミルクと砂糖入りのカフェラテしか飲めなかったのに、美味しいコーヒーをお湯で薄めて、コーヒーだけで飲むのが好きになってきました。どんどん、混ざり物がいやな、シンプルな味覚になっていくなあ。いいことです。

とはいえ、高級品ばっかではなく、最近のお気に入りコーヒーは、マクドナルドのリニューアルしたばかりの100円コーヒーだったりする。これ、アメリカでアメリカ人の友人達にとても評判がよくって、私も美味しいって思いました。スタバに飽きたんで、マックの味が新鮮ってのもあるかな。マックの新コーヒーは、うすいけどコーヒーの風味と香りはしっかりあるので、アメリカ人好みの“アメリカンコーヒー”なんでしょうね。

●お酢の種類と茶色の糖分へのこだわり:

また、りんご酢はきつすぎてすっぱくてむせるので、そのままでも飲めるような、こだわり酢を入れています。そして、豆乳くささをぬぐうために、フルーツジュースやキャロットジュースをいれて、さらに冷たいのはいやなので、お湯を少々いれて温める。というように、細かいとこにこだわってます。

お子様用には、オリゴ糖やらメープルシロップ、黒砂糖みつ(黒蜜)などの、茶色の糖分を少々プラスするとより飲みやすい。ただし、蜂蜜は健康そうなイメージだけど、実は茶色の糖分ではない(白い糖分の部類)だし、子供にはショックな成分が入っているようだし、また動物性だから、あまりお勧めしませんです。絶対だめというわけではないんですけどね。

というわけで、旅先でも、ジューサーなしでも作れる、シンプルな朝ごはんレシピ:朝“ラッシー”もどきドリンク、お酢の小さいボトルを持ち歩いたりして、作ってみてください。私は、夏は疲れ取りと脂吸収を抑えるために、小さいお酢のマイボトルを持ち歩いているのです。

お酢には、ラーメンとか野菜の油いためといった脂っぽい外食ごはんにかけると、脂肪の吸収を抑える効果もあるらしい。とはいえ、そういううんちくより、脂っぽいものにかけると、さっぱり感と風味が増して、美味しいからかけているんだけどね。一押しは、焼きそばにお酢をかけること。そっちも、試してみてくださいな。

メモ的記事ですが、
ふーんと思ったら、↓クリックしてやってください。
旅先から更新する意欲が湧きます。

1ポチ↓banner_03Blue  +  2ポチ→にほんブログ村 ダイエットブログへ

6月 12, 2008 30 レシピ(水・飲物系) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/41508583

この記事へのトラックバック一覧です: シンプルな朝ドリンクにこだわる:

コメント

コメントを書く