« 米国ホットヨガ初体験2-予想外にGOOD! | トップページ | 便利なジョギング・散歩用帽子 »

ジョギング嫌いが治ったわけは?

さて、ホットヨガで汗をかく癖を取り戻せそうな桜子です。そしたら今度は、日本では自宅にあるエアロバイクで日課にしている”有酸素運動”をしたくなりました。心肺機能を鍛えたーい!だけど、大学のスポーツクラブは、徒歩で20分ほどのとおーいところにあります。車がない身には、遠すぎていけません。

★と思ったら、こんなアメリカの大自然が身近にあることに、気づいた私。
20080716jog1

一方、スポーツクラブやマシーンはなくても、身の回りにありあまる大自然があります。天然の森や大草原、整備されたお散歩ロードなんかが大学の敷地内にうんざりするほどあるし、夏休みなので人も少ないし。ということで、運動嫌いの私が、なっなんと、ジョギングを始めてしまいました。自分でもびっくり!

でもね、実は日本にいるときから、アメリカで有酸素運動としてジョギングを始めようともくろんでしたのでした。その準備のため、ジョギングが趣味という知り合いに、個人コーチをうけてたりして。

ちなみに私の過去記事を探すと、

★ジョギングはすぐ足や腰を痛めるから、ウォーキングやエアロバイクのほうがいいよー

という、アンチ・ジョギングな記事をたくさん見つけると思います。でも、今回ジョギングの個人レッスンをうけて、なぜ私がジョギングで怪我をしやすいのかが、やっとわかりました。それは、

★短距離走のフォームで、長距離ジョギングをしていたから。

まあ詳しくは書きません(理論的なことは、あまりわかんないので)が、足の下ろし方と腕のフォームが、間違っていたんですね。無理なフォームで走っていたので、すぐ足腰を痛めてたんです。そこを矯正してもらったら、軽いジョギングですが、走るのがわりに楽しくなれました。習うって偉大だわ。

というわけで、写真のような大自然の中を、毎日走っていたりする。ただし、フォームは直ったけど、アメリカの大自然ならではの困った問題も。それは、

★こんな小鹿とでくわして、お互いにらみ合って立ち往生したり。。。(野良犬並みに、野生の鹿や小鹿がたくさんいます)
20080716jog2

★ふんふんふーん、と気持ちよく走っていたら、
”危険な山猫の生息地です、気をつけて”
の看板をみつけて、
”えーっ、ぎゃー、気をつけてっていわれても、どうしたらいいのっ。山猫に襲われるー”
と、慌てて引き返したり。

★大草原の中で、迷子になって、15分のジョギングのつもりが、なぜか1時間もさまよっていたり。人にでくわさないので道も聞けないし地図すらないので、迷ったらとことん迷います。方向音痴には危険です。

まあ、日本では考えられないスケールのジョギング裏話でした。ニューヨークにいっても、スポーツクラブに入会するのは高いし暇もなさそうなので、そのへんの公園をジョギングして有酸素運動にするつもり。

短期留学なので、日本にいるときみたいにいろいろモノやサービスが使えない。だからこそ、そのときそこにあるものを使い、なるべくお金を使わないダイエットライフをしなきゃいけなくなりそうです。まあそれも、面白いと楽しんじゃえばいいんですよね。

というわけで、運動嫌いの私をジョギングの楽しさに開眼させてくれた、アメリカの大自然に感謝!です。

アメリカから最先端ダイエット情報を気まぐれ発信中。
もっとまめに更新してよーと思ったら、↓クリックしてやってください。

1ポチ↓banner_03Blue  +  2ポチ→にほんブログ村 ダイエットブログへ

7月 17, 2008 72  旅先別(海外) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/41880424

この記事へのトラックバック一覧です: ジョギング嫌いが治ったわけは?:

コメント

コメントを書く