« USマクロビオティックに学ぶエゴの心ケア | トップページ | 揚げないフレンチフライvs人気専門店の違い »

美味しヘルシーなナチュラルスイーツを控えめに

    ダイエッター向けのスイーツとは?の続きです。今までベジタリアンやマクロビオティックスイーツが、健康的でダイエッター向けだと思っていたけど、その価値観が最近ちょっと変化しました。ベジタリアンかどうかよりも、以下のことに気をつけて、”ナチュラルスイーツ”ロールして食べることが大切だと思います。

20081203154935

    (写真は、ナチュラルスイーツっぽいなあと思っている、AMAIというティーハウスの、抹茶カップケーキ。バターも卵も使ってるようですが、たぶんわりに控え目。軽い食感で、胃もたれも軽めなのです。小さめで値段が高いというとこも、食べすぎ防止になってるのかも。)

    ★ベジタリアンスイーツは、胃もたれしないので一般的にはまだ健康といえるスイーツだけど、それでも量は控え目に食べること。

    ★ふつうのスイーツが体によくない、太りやすいいわれる理由は、カロリーだけではない。化学物質で育てられた牛の乳製品や、精製白砂糖、保存料・添加物等を使用しているから。

    ★つまり、材料をオーガニックに厳選して、かつ白砂糖不使用、乳製品・卵控え目になっている、ナチュラルオーガニックのスイーツを控え目に食べるのが、一番太りにくい。

    ってことなのです。そしてここにひとつ問題が。。。日本では、ほんとの意味でのナチュラルスイーツは、めったに売られておりません。ナチュラルと銘打つと、素性の知れたいいバターやミルク、卵を使うことが多いんですが、なぜかその量をたっぷり使ってしまう。つまり、“グルメ”=非健康系デブフードになっちゃったり、そうみなされがち。なので、ダイエッターとしては避けてしまうという、ジレンマが発生中。

    で、もう一方では、イメージ的に健康そうな、マクロビオティックケーキみたいな、100%ベジタリアンケーキしかなくなる。これらは、乳製品、卵を一切使っていない、アレルギーや病気の人向けのものなので、グルメじゃあないんですよね。さらに、ベジタリアンケーキは、健康だからと安心しすぎたり、軽い食感にだまされて、食べすぎたり。。。バターを全く使っていないこうしたケーキは物足りなさもあるので、結局量を食べてしまうことが多いのです。

    ふーむ、健康とおいしさのバランスがとれた、ベジタリアン寄りのナチュラルスイーツ、アメリカでもめったにないんだけど、そのうち日本でも流行る?かな。

気が向いたとこのみの更新ですが、
アメリカのダイエットも知りたい!と思ったら、
↓更新リクエスト・クリックしてやってください。

1ポチ↓Banner_tree_1  +  2ポチ→にほんブログ村 ダイエットブログへ

12月 14, 2008 25 食事(甘味系) |

コメント

コメントを書く