« プチ鬱とDIETブログの最新トレンド分析 | トップページ | 乾いた心と体に水を浸みこませる快感習慣 »

DIET相談する人される人の心構え

    昨日の記事は、プチ鬱・ダイエットブログの最新トレンドについて分析し、以下のようにポイントをまとめました。

    2008-1226-143104.JPG

写真は、帰宅すると、「ねえ、これ要る?」と、私にあげようと、必ず自分のおもちゃ(ぬいぐるみ)をくわえてよってくる、ダリーちゃん。わんこでも、人を歓迎したりなぐさたり、人に感謝されたいとかいう気持ちがあるんですねえ。「くれるの?ありがとう」と受け取ると、「ええっ?ほんとにいるの?」とちょっとためらってから、ぽとんと落として、頃合いをみ計らってから、取り戻しにきます。なるほど、単純に、Good Girl!とほめられたいだけで、ほんとにくれる気ないのか(笑)気持ちだけありがたく、もらっとこう。

    ●精神的にものすごく悩んで“箱”に入っている人は、それを解決するためにお金をいくらでも払いがち
    ●そういう人をターゲットに、メンタル、心の転換の大切さを訴えるダイエットブログ(個人と、個人と見分けがつかない業者も含む)も増えてきている。
    ●そういう心ケア(わたしの造語したココロケアが、いつの間にか一般化しつつある!?)をパターン化したダイエット商材とか、自己啓発セミナーを売るブログビジネスも、たくさん出てきている

    これらの、最近のトレンドを踏まえて、ダイエット相談する人、される人が気をつけるべき一番大切なことを、ちょいと過激にまとめてみると、

    ★最近は親切な個人ブログやいろんなサービス(業者)がでてきていて、つい頼りたくなるけれど、結局、自分を助けるのは自分。なんで、いろんなひと、もの、サービスに依存し続けてていたら自立できないから、問題解決できない。プチ鬱で気分がどん底まで沈みこんだら、自分で水底をけって浮かび上がること。

    誰も、ただで永久には助けてくれません。 ビジネスなら、金の切れ目が縁の切れ目なのです。家族愛・友情だって、うっとうしくて自分をかわいそうがっている人には、永遠にお付き合いしてくれません。人間みんな自分のエネルギーを、アドバイスしても無駄なこと、改善の見込みのないことに費やすのは、いやですもん。

    私はカウンセリングの資格を取得する過程で、

    暗いプチ鬱オーラを発している人とどう接するかを学びました。依存させすぎず、かといって突き放し過ぎず、自分で考える、自立する方向へリードする。また、ネガティブオーラに影響されて、自分のエナジーを奪われないようにするための”中立”的な立場を保つには、かなりのスキルと経験を必要とすることがわかりました。今では、悩みの真っただ中、プチ鬱な人たちと接してもぜんぜんOK、どころか、それを陽に転換するサポートをするスキルを身につけたので、サポートする喜びすら感じられます。

    でも、お悩み中のプチ鬱な方は、他人に一時的に相談はしても、基本的には自分で自分を助ける!その覚悟を、まずしましょ。

    そして相談される人も、ビジネスではなく親切で相談にのっていると、訓練を受けてない人は、わりとネガティブオーラに影響されやすいのです。また依存させるのは、自分が他人の役にたっているという自己満足にはなりますが、長期的には相手のためにはなりません。相手を、依存させすぎない、どこかで線を引く心構えが大切なのです。

    また、プチ鬱の人が、【相談するのに適切な人・サービスかどうかを見分けるコツ】は、

    ★あなたを助けてあげる!よしよしと優しげな言葉をかけつつ、永遠に依存し続けるように仕向けるダイエット・美容(特に多い)を売りつけるビジネスにはご注意。依存させてあげる=あなたはそのビジネスにとって、ずっとお金を貢いでくれるいいお客さんなんです。一見冷たいようでも、ちょっと突き放した風に中立的で、自立を促してくれる人やサービスのほうが、長期的には本物の美健楽サポートなのです。

    ということで、高級化粧品やらエステ、健康・ダイエット食品・サプリは、みーんなバツ。だってそれが買えなくなったら、それに飽きたら(だいたい飽きるでしょ?)、おしまいですから。私がやってるものの中で、石原先生の断食施設とかは高いかもですが、実はもう私はあそこなしでも、全然OK。

ただ、会員制で入会費払っていちどはいっちゃったのと、そうすると比較的安い値段で別荘やホテル代わりに使えるので、行っているだけ。あとは、先生の人柄・ダイエットに対する態度が、美健楽の悟りモード入っていて勉強になるので、いい刺激を受けにたまに行くって感じかな。

    アメリカにきて、先生のニンジンジュース以外の世界のデトックス法やジュースを習ってしまったので、ますます必要なくなりました。 でも自分で立ち直る過程では、本当にいいきっかけのひとつになり、お世話になりました。そういう一時的な”サポーター(カウンセラー)”は、やはり必要です。プチ鬱な人、体重増加にお悩みな人、ボランティアであれ有料ビジネスであれ、あなたにとって相性のいい、中立的な相談相手をみつけてくださいね。

米国から最先端ダイエット情報も踏まえ、ココロケア中心に発信中。
どこのダイエットブログにも書いていない、陽性で暗くない(というか、ちょっと厳しい愛のムチかも。。。)、オリジナルなココロケアをもっと読みたいと思ったら、↓応援ぽちしてやってください。
1ポチ↓banner_03Blue  +  2ポチ→にほんブログ村 ダイエットブログへ

1月 5, 2009 10【1ココロケア分野】: |

コメント

コメントを書く