« ずばりやせるためのスパ料理(写真)と最新スパトレンド | トップページ | 自分のココロの啓示(メタファー)とやんわりクレーム »

心と体食欲・長期的解決法2009

    おはようございます。昨日から、48時間ぶっ通し料理マラソン中(寝てるとき以外)の桜子です。2日間かけて、自分たちでメニュー、レシピ作成、調理した100人分のディナーを、実際にお客様に食べていただくプロジェクト。それに試験もせまって、少しでも寝るか勉強しておかねばという切羽づまった状態なのに、なんでこれ書いてるんだ、私?

    というのは、こういう状態って実は“スピリチュアル(精神性)”が高まり、なるほどー!と思える、気づき・悟りが訪れやすいんですよ。で、朝おきたら、ぽっかりと心の中に美健楽の悟りが浮かんでいたので、書きとめておかねばー!ということで書いてます。今から料理ざんまいに突入すると、忘れちゃうからね。

    で、その悟りとは、

    ★心と体の食欲・長期的解決法2009

    私がこのブログを書き始めた2004年からずっと、また書籍・美健楽ダイエットの本中で、たぶん日本のダイエッターブロガーとして初めて提唱して言い続けているのが、

    ★食欲には、体の食欲と心の食欲の2つがある!それを区別して対処すべし!

    ってこと。この心と体の食欲が、言い換えるとまた2つの食欲

    ●どか食いという”量”の食欲と、
    ●カーボや砂糖中毒、コーヒー中毒、油もの中毒などのxx中毒という”質”の食欲、を起しているのです。
   
    この考え方が、5年後の今ではすっかり広まってきているようで、うれしい限り。いろんなダイエットブロガーさんも言い始めているのですが、明らかにうちのブログをコピってるなあと思える文章もみたけど、真似するな!とか、私は怒りませんよ。(ただし、桜子名前つきの引用はいいけど、自分の記事のふりをした丸ごとコピーは止めてね。)美と健康を真剣に追究してる人ならだれでもたどり着く、真理としての”気づき”だし、一般に広まれば広まるほど、いい解決法をみんなで考えられるもんね。

    ということで、次はこの2つの食欲の解決法について、解決法がいるよね?で、実は2006年12月に発売された私の本の中では、それぞれの解決法をさくっと書いてあるのです。PHP出版から電子本化もされたらしいので、PHPのHPで探せば、本屋に行かずに今、外国からでも日本の地方からでもダウンロードできて、お安くさっくりと読めるようになっているようです。ご興味ある方はどうぞ。(追記:いまPHP出版のHP確認してみたら、自分でも見つけられなかった、すみません。。。ここからメールにて問い合わせしてみてください。国内の方は、アマゾンの中古販売でもお手頃に買えるようです。)

    でもこの解決法に関しては、まだまだ一般普及化してないみたい。私自身も2006年の本の中で書いたことは、まだまだ発展途上で、大きなコンセプトしかわかってなかったから。ページ数の関係でくわしくかけなかったから。また、具体的な実践法、特にココロケアについては、今年心理学の上級コーチ・トレーナー資格をとったり、アメリカに来てたくさんの美健楽ダイエッターたちをみて初めて、気付いたことがいっぱいあったから。

    というわけで、プロとしての知識や人との出会いでたい積してきたものがふっとまとまって、この最新版の長期解決法2009についての、”悟り”が、いきなり今日訪れたわけです。その大事な点だけずばり書きとめておくと、

    ★体の食欲は、”おなか”(体)が空いているから。
    これを”長期的”に満たして、食欲を防止し続ける一番大事な究極の方法は、半日から1週間の【強制隔離デトックス】(英語ではコールドターキー、寒い七面鳥というらしい。寒さに震える七面鳥くらい、ショッキングで固まっちゃうこと、なのかな?)

    ★心の食欲は、心に穴があいて満たされていない、あなたの気がもれているから。
    これを”長期的”に満たして、食欲を防止し続ける一番大事な究極の方法は、【自分の“行動”のみ変えるのではなく、深層心理に気づいて自分の”価値観を許容・変容”すること】

    って、言葉にすると、われながら怪しーい(苦笑)。特にココロケア系は、ほんと怪しくなっちゃうんですよね。でも、心の食欲は、一般ブロガーさんたちを見て回っても、ほんとみんなそれぞれ自分の体験的解決法を語っていることが多かった。たとえば、呼吸する、よくかんで食べる、集中して食べる。。。でもね、お気づきですか?これみんな、

    ●自分の“行動”を変えているだけで、心は変わってないんですよ?

    冷たいようですが、はっきり言っておきましょう。

    ★心の食欲は、心が満たされない限り、おさまりません。ただし、↑のような”行動”を変える方法で、短期的に多少紛らわせることはできます。でも、長期的には治りません。

    とかいうと、よくクライアントや読者の方々に、反論されることが。。。それは、

    ●心の食欲で食べているのはわかってるし、原因のストレス(職場の人間関係、子育て、介護など)も分かってる。でも今は、その状況を変えられないから、心の原因は解決できない。だから私のどか食い、xx中毒は、解決できないの?

    とりあえずは、そこいらにたくさんあるダイエットブログさんたちや市販のダイエット本での、”体”での短期的解決法・体験法をたくさん参考になさって、自分がピンとくる方法で”紛らわす”ことをお勧めします。あなたに合えば、効きますよ。心理学を本格的にやっている人のダイエット本にも、いいヒントがあります。ただし、ダイエッター個人の実践的体験談はどうしても深層心理を説明できていないし、プロの心理学者の本は難しすぎてピンとこないことも多いのです。

    というわけで、個人ダイエッターでかつ、NLP心理学コーチ・トレーナーでもある私ならではの、オリジナルなお答えを書いてみる価値もある。。。かな?その根本的・長期的なココロケアの解決法に関しては、今日の仕事と試験が終わってから、リクエストが多ければ記事にするかも。まったく、こんなダイエットと心理学オタク的記事、一般受けしないだろうなあ。でも、ピンとくる人だけが読んでくれればいいやと自分で苦笑しつつ。。。ではまた。

心の食欲を起している、根っこの原因解決ココロケアについての継続記事を読みたい人のみ、継続記事リクエストしてくださいね↓

1ポチ↓banner_03Blue  +  2ポチ→にほんブログ村 ダイエットブログへ

1月 10, 2009 10【1ココロケア分野】:, 12  心(食欲抑制系) |

コメント

コメントを書く