« 海外ホリスティック栄養学友達を募集!(Holistic Nutritions friends via Facebook) | トップページ | 芸能人ダイエット年表と釈DIETのココロケア的落とし穴 »

3週間定着ルールでDIET

    ここ一週間ほど、どんより雨模様の天気が続く、カリフォルニアはサンフランシスコ近郊エリアです。渇水が心配されてたのに、ずーっと雨。自転車通勤の私には厳しい。でも日本の雨ほどしつこく降り続かず、たまーに晴れ間がでたりするので、その合間を縫ってすばやく自転車こいで、職場に行っています。そういう降ったり晴れたりなので、↓みたいに、(右真ん中あたり)虹が見られるのはうれしいこと。虹を見るとなんか幸せ、得したっ!って気分になるのは、なんでなんでしょうね?

    DSCF9579.JPG

    どよーんとしたお天気でしたが、サンフランシスコの【ファーマーズマーケット】にも行ってみた。NYでは【グリーンマーケット】って呼ばれることが多い青空市場。けど、カリフォルニアでは圧倒的にファーマーズマーケットと呼ばれてるという違いに気づきました。カリフォルニアはフランス同様の農業州なので、ファーマーズ(農家のみなさん)が主役!という感覚が強いんでしょうね。

    昨日職場にも、食材仕入先の酪農家のおじさんがきていて、今度見学においでーとチラシを配ってました。うちの職場のごはんやお茶には、近所の人やこういうファーマーズな人が、いつの間にかさり気に紛れ込んで、ごはんを食べてます。カリフォルニアでいうところの、Community Table(地域の人たちが交流できる、大きなテーブル。またはそこで一緒に大人数でごはんを食べること)ですね。職場のオーナーたちが、おいでおいでと誰でも誘っちゃうので、面白い人たちに出会えます。

    サンフランシスコのファーマーズマーケットでは、NYやフランスでは3-4月にしか見られない、春を告げるミモザの花がもうでていました。まだ2月だよー。天気は悪いけど、日中で12-15度と寒くはないですから、春の花も咲き始めているよう。

    DSCF9598.JPG

    DSCF9599.JPG

    おおっと、ダイエットと関係なさげな話になっていますが、今日書きとめておかなきゃと思った、ダイエットの大事な学びがひとつ:

    ★人間の行動は、3週間(21日)新しいことを続けられれば、変えられる(定着できる)!

    という考えが、最近アメリカで常識化してきているよう。どこぞの、自己啓発だか心理学系のひとが言い始めたことで、それがネットや心理学セミナーを通じて口コミで広まり、信じる人が増えてきているみたいです。 うちの職場のテーブルでも、話題になることがしばしば。

    ダイエットに関しては、アメリカの人気カリスマ・ダイエットブロガーさん(男性)がこれを信じていて、ひとつのダイエット法を3週間つづけて、その効果をブログ記事にして人気を呼んでいるとか。科学的な真偽のほどはともかく、経験的にはなるほどと納得できるから、みなに常識化してきているんでしょうね。 これをDIETに応用するには、

    ★ひとつのダイエット習慣を、3週間続けて定着させよう!

    ということ。考えてみれば、いままで試しては挫折してはダイエットって、3日坊主より短くて終わったり、それ以上続いても3週間以下で挫折したことが多かったなあ。たしかに3週間以上続くと、まあ”習慣化”できたといえるのかもしれない。

    って、すぐその気になる私。まあ、こういううんちくは、体験的にも納得しやすいし、なんといっても信じても害はなさそうな前向きなうんちくなので、取り入れてみますか。そういえば、カリフォルニアにきてそろそろ3週間だったわ。ここの食べ物や気(英語ではチ)にもなじんできたのも、この3週間定着ルール(笑)?

    ただし、最初のときと違って、カリフォルニアの食生活や人々の、肉(特に塊肉)と乳製品(ミルク、チーズ、バター)大好き!という、グリーングルメ、70%ベジタリアンな私には困ったところも、かなり見えてきました。それにはなじんだら、いかんなー、太るから。それではまた。

    米国から最先端ダイエット情報を、気まぐれ発信中。最近まじめに更新してえらい!と思われたら、この調子で毎日定期更新・催促リクエスト↓のために、クリックしてやってください。

    1ポチ↓banner_03Blue  +  2ポチ→にほんブログ村 ダイエットブログへ

2月 20, 2009 10【1ココロケア分野】: |

コメント

コメントを書く