« 健康グルメランチ(でもカーボ不足?)と簡単ドレッシングレシピ | トップページ | 体重計にもさよなら!七か月ぶりの体重測定@CA »

日本式お風呂で温気アップ

    カリフォルニアの青い空の下を自転車で通勤してたら、カリフォルニアらしいもの発見!風呂桶やさんでみつけた、バスタブ。。。

    2009-0202-115559.JPG

    一見ふつうのアメリカの風呂桶(バスタブ)に見えたんだけど、よーく見ると、日本式の深い形。足はのばせないけど、肩まで浸かれるやつですね。

    2009-0202-115547.JPG

    カリフォルニアは朝夕の寒暖の差が激しいので、夜はなんだかうすら寒い。だからうちはアメリカ式の浅いバスタブなんだけど、ルームメイトのアメリカ人も、お風呂にお湯をためて30分くらいはつかり、体を温める温気アップしています。でも熱すぎるお湯は苦手らしく、ぬるめでせいぜい30分までなんですって。

    熱いお風呂好きの日本人と、ぬるいお風呂や熱いシャワー好きなアメリカ人。気候の違いも影響してるようですが、やはり体質も違うよう。アメリカ人は肉を中心に多めに食べがちなので、熱体質(体温が高い)というのもあるのかな。日本式のお風呂屋さんもあるらしいので、あすのお休みに挑戦してみよう。ではまた。

    米国から最先端ダイエット情報を、気まぐれ発信中。この調子で毎日さぼらず更新して!と思ったら、↓更新催促クリックしてやってください。

    1ポチ↓banner_03Blue  +  2ポチ→にほんブログ村 ダイエットブログへ

2月 7, 2009 39【3温気アップ分野】 |

コメント

コメントを書く