« 体重計にもさよなら!七か月ぶりの体重測定@CA | トップページ | フードとムード1:食べ物に心・気分を左右されてない? »

頭を食物で一杯にしない1日5-6食のコツ

    ダイエットについて書こうと思いつつ、ダイエットをもう意識しなくてもベスト体重をキープできる美健楽状態なので、ネタに困りつつある桜子です。あっ、自慢に聞こえる?そうだろうなあ。ごめんなさいね。

    写真は、初公開、中古でレンタルしている自転車で、名前は”バーク”。(自転車にすぐ名前をつけたがる、私。)写真のようなカリフォルニアの町並みを、毎朝10分でつっぱしって、職場まで通勤しています。日本では毎日30分、アパートでテレビなんぞみながらエアロバイク漕いでたけど、こういう環境ならそんなもの、要らないんだなあ。

    DSCF9320.JPG

    でもほんとにね、必死でダイエットしてて、頭が食べ物でいっぱいだったころのことが、思いだしにくくなってるんですよ。今でも食べることは大好きなんだけど、大好きな食べ物でも適量食べると自然にストッパーがかかっちゃうし、料理の仕事してても普段はおなかすいた!食べたい!とも、強烈に思わなくなったし。

    おなかが空き始めたなあ、あと1時間くらいで強烈に餓えそうだと体が感じとって、モーニングスナックみたいなものを、やや無意識にちょこちょこ食いしちゃうの。だから、ものすごーくおなかが空いてから食べ始めることがなくなった。その結果、体の空腹からくるどか食いがなくなりました。

    つまり、

    ★おなかが空き始めたら、ちょこちょこ健康グルメスナックを食べる!一日5-6食生活が、体の空腹をうめるコツ

    ってことですね。日本の典型的ワーキングパーソンの例でいえば、
   
    1)朝10時くらいにフルーツのモーニングスナック(朝のおやつ)、
    2)昼の3-4時に昼のおやつ、お好きなナチュラルスイーツ1/2人前
    3)夕方6-7時くらいに夕方のおやつ(夕食前のオードブル)、おつまみ的、おからクラッカー、チーズ、野菜スティック・ディップなぞ。自宅にいられて晩酌したいなら、夕飯を作りながら、ワインも1杯までどうぞ。
   
    と、1日3回、おやつやスナックタイムがあるといいと思います。そうすると、昼や夜のごはんが、どか食いせずに済むんですよね。ああ、その前に、いきなりこの一日5-6食をやろうとしてもだめ。

    Step 1:2週間ー1か月に1回、ジュースデトックスを半日か1日やって、狂った体内栄養バランスをリセットしてやること。

    Step 2:そのデトックスが済んでから、”質重視”のバランスのとれた1日5-6食にすること

    が重要なのです。みなさん、Step1のリセットをすっとばしているので、どんな”バランス”ダイエットに挑戦しても、すぐ挫折する。

    それまで、甘いものやごはん・パン、油ものをどか食いしていた人の体は、”麻薬漬け”みたいなもの。実際、白い精製砂糖や撮りすぎのコーヒーのカフェイン、アルコール、チーズなどの乳製品、肉類は、”軽い麻薬”ですからね。特に白砂糖は、人間の食生活に”百害あって一利くらい”なので、世界の政府が、”麻薬”として禁止しないのが不思議なくらい。

    で、麻薬漬けの体にはまず、”コールドターキー”つまり、びしっと一定時間、麻薬を断ってデトックスする。体から流し出すことが、絶対必要なのです。

おっ、珍しくまじめに、ダイエット的内容のまとめをしてしまった。今日は、フードとムードの話を書く予定だったのに。これから上の自転車で、自転車通勤で仕事へでかけます。そう日曜も仕事なんだよー。ではまた。

    米国から最先端ダイエット情報を、気まぐれ発信中。この調子で毎日更新続けて!と思ったら、↓更新催促クリックしてやってください。

    1ポチ↓banner_03Blue  +  2ポチ→にほんブログ村 ダイエットブログへ

2月 9, 2009 45【5四部門総合】DIET |

コメント

コメントを書く