« 機内食どか食い太り(読者のご質問1へのお答え) | トップページ | 読むだけダイエット:★★日本のメンタルダイエット本の易しい良書 »

痩せたい人は食べてます!(I CAN MAKE YOU THINの実践レポ9日め)

    こんにちは。最近すっかり、日本のスイーツにはまりまくっている、生涯ダイエッター桜子です。こーんな、コンビニの生どら焼きなんて、アメリカになかったもんだから、美味しい!としみじみ味わって、3時のおやつに食べました。(どら焼き色のコーギー犬くんも、美味しそう、あっいや、可愛い。)

    DSCF0062.JPG

    んでこちらは、日本の大手カフェチェーン、カフェ・ド・クリエの、黒酢入りミックスベリーヨーグルトドリンク、つまり黒酢とイチゴ系の味がする、飲むヨーグルトみたいなもんですね。もちろん白砂糖いりなんで100%健康的ではないんだけど、朝ごはんというか10時の朝のおやつとして飲みました。

    DSCF0064.JPG

    あれ?全然健康的じゃないぞ???こちらが極めつけ、私のお気に入りキハチの、ゆず風味のロールケーキ。それにイチゴとバナナをレモンジュースであえて、トッピングしたもの。日本のケーキは砂糖がでしゃばらず控え目、小麦粉や隠し味のゆずの繊細な味もわかり、ふわふわーとしたデリケートな食感。。。ほんとアジア人の舌にはこの繊細さが必要なのよっ!アメリカの砂糖とバターがどーんとでしゃばった甘すぎる、デリカシーのかけらもないケーキなんぞ、ケーキじゃない!おとと、興奮しすぎ。。。

    DSCF0066.JPG

    ダイエッターのくせに、こんな白い砂糖やクリームどっちゃり使った、しかもコンビニやら大手チェーンの添加物てんこ盛りスイーツ食べてて、いいんでしょうか?はい、いいんです。なぜなら、”これが今、私が一番わくわくして食べたいものだから”。罪悪感まるきりなしで、久々の日本の味にじーんとしつつ、ゆっくり味わって食べてます。はあー、幸せだー。

    今3週間の実施テスト中の、”I CAN MAKE  YOU THIN”(わたしがあなたを痩せさせる!)のメンタルケアダイエット本で、

    1★おなかが空いたら、食べなさい

    とあるのですが、これ、言いかえれば、

    1’★本当に胃の消化物が減っておなかがすくまで、食べないこと。だから、おなかがなって、いざ食べるときは本当においしく感じられる!

    というのも、幸せ感倍増に寄与しています。おなかがなっていないときに、おやつの時間だからとか、目がほしがったからという理由で、つまんないおやつをなんとなくだらだら食べていたことが、よくわかりました。

    でもなぜ、もっとヘルシーグルメな、マクロビオティックケーキとか、ナチュラルスイーツじゃないの?いや、それでもいいんですけどね、そういうものは近くに売っていなくって、専門店やネットで買わなきゃならないでしょ?今、留守中にたまりまくった仕事に追いつくのに、そんな暇ないのよ。あとこの本には、ナチュラルがなんとかとか、ヘルシーフードでなきゃだめとかいうのがなくて、

    2★本当に食べたいものを、食べなさい!

    とあるので、あら、それなら。。。。と、堂々と普通のスイーツを食べているのですよ。

    でもこの本は同時に、

    3★ゆっくり味わって食べなさい
    4★おなかがいっぱいになったら、やめなさい(体の食欲が満たされたら、残してでも止める)

    というのも4原則で言っています。これ、なかなかいいよ。ゆっくり味わって食べていたら、ほんと少量でも満足度高い。残してもまた好きな時に食べられると思うと、一口だけとか残すのが、まったく苦痛じゃない。あと一口残っていても、すぱーっと止められるのは、すばらしい。

    でもね、これ3つ全部一日で食べたんじゃないですよ。”1日普通のスイーツをひとつ”という量を、自分でなんとなく自主規制してはいます。でもまあ制限しなくても、こういう普通のスイーツは、美健楽化した私の体には、やはりずしんと重いらしく、そんなに入らないこともわかったんです。ロールケーキも真中に生クリームたっぷりなんですが、実はクリーム部分をほとんど食べ切れなかった。なぜなら、私の好みに合わず、まずいと思ったから。まずいもん、好みに合わないものは、本当に食べたくないから、食べない。と、これまたすぱーんと残しましたわ。

    って、書いていると、これってホントに”わがままグルメ”なココロケアだよねえ。食べ物がありあまり、食べ物をあれこれ選べたり残せたりしてもいい、先進国ならではのぜいたくグルメダイエットです。でも、お皿にあるものを全部食べなくっちゃ!という、親や学校で刷り込まれた古い価値観は、実は私らを太らせている、時代に合わない悪い価値観なんですね。

    お皿に盛られたものを全部食べる人は行儀がいいとか、中国や北朝鮮では飢えた子どもたちもいるのに、食べ物を残してはいけない、とかね。私らがケーキを残したからっといって、それで飢えた子どもたちが数人でも助かるわけじゃないという、当たり前のことに気づかないんだな。

子どもたちを救いたかったら、ケーキを買わずに足長おじさん基金に寄付するとか、もっと直接的に助ける方法がありますから。ケーキ買っといて、そんな偽善的理由をつけて、自分の脂肪をため込むんじゃない!って、自分に厳しくトレーニングして、やっと私もこの小さい頃に刷り込まれた偽善的発想から、逃れられた今日この頃なのです。

    あっ、ただし、いさぎよく残すのは市販の普通のケーキ、スイーツについてのみの話。ナチュラルケーキとかマクロビオティックケーキという、上質のオーガニック材料で丁寧に作られたナチュラルスイーツについては、MOTTAINAI(もったいない)根性が発動します。だから、残したらちゃんと持ち帰りするの。そして、次のおやつとして、しっかり残さず頂きます。このへんのバランス感覚が、美健楽ダイエッターへのコツなのです。

    というわけで、I CAN MAKE YOU THINのココロケア実践中の、具体的おやつ例でした。ごはんも、本当に食べたい物を食べ放題してます。いやー、日本のごはんは素晴らしい!美味しい!でも、体は順調に締まってきてます。昔の鈴木その子さんの大ベストセラー、【やせたい人は食べなさい!】の、21世紀バージョンみたい?

    好きなもの食べ放題で、ダイエットできるの?とか、ごはんは何を食べているの?と興味をもたれた方も、↓継続レポートのリクエスト・クリックしてやってください。クリック多ければ、ごはん類も写真付きで、一般公開するかも。

    1ポチ↓banner_03Blue  +  2ポチ→にほんブログ村 ダイエットブログへ

3月 11, 2009 10【1ココロケア分野】: |

コメント

コメントを書く