« 虫やしないの甘辛スナックでどか食い防止 | トップページ | 陽光ココロケアとメアド変更のお知らせ »

日本初?再上陸コンブチャを自家培養してみた

コンブチャ日本再上陸
昆布茶、じゃないですよ

    これ、20-30年ぶりに日本に再上陸した、KOMBUCHA(コンブチャ)、桜子手作り自家培養バージョンです。日本の昆布茶とは、まったく関係ありません。

    KOMBUCHA(コンブチャ)とは、欧米で2005-2007年あたりから流行りだした、ナチュラルな善玉菌発酵・酢酸系ソーダ。このブログでも以前なんどか記事にしているので、検索してみて。私も昨年ハワイで初めて飲んで、

    【うーん、お酢みたいな健康飲料だけど、わざわざ飲むほどの健康やダイエットメリットを感じない。値段も高すぎ!】

    と、低評価をしております。なのに、ついに手作りしちゃいました。たぶん21世紀にはいってでは”日本初”の、手作りコンブチャだと思います。

    そう日本では、20-30年ほどまえに、”紅茶キノコ”という名前で大ブームになったことがある飲み物。でも、ブームの中で手作り(自家培養)も大流行し、消毒をきっちりしなかった粗忽者たちが、悪玉菌まで培養しちゃって、食中毒騒ぎをおこしたらしい。そしたら政府が乗り出し、

    【紅茶キノコには、科学的に証明できる健康メリットはなにもない!不潔な自家培養は危険だ!】

    と公式声明をだしたので、ブームはあっという間に冷え込んだ。紅茶キノコは日本から消え去ってしまったのでした。

    ほんと、数年前に起きた、にがりや納豆ダイエットブームとその人気急落パターンとおんなじですね。ダイエットブームに飛びつくひとたちのやること、そしてそれに対する日本政府の対応は、この20-30年間まったく変わっておりません。もっと学ぼうよ?ダイエットジプシーさんたち。

    それはさておき、ダイエットメリットを感じないといってたくせに、なぜ私がコンブチャ自家培養を始めたのか?

    それは、アメリカの健康グルメ料理学校のシェフクラスで、コンブチャの健康・ダイエットメリットの、ホリスティック栄養学的説明を習い、納得したというのがひとつ。また、アメリカのNYやカリフォルニアの健康オタクな友達たちに、自家製のおいしいコンブチャをごちそうしてもらい、それを飲み続けることのメリットをいくつか体感したからというのがふたつめ。

    そして三つめが、私、【発酵食マニア】なのは、このブログをご愛読いただいているみなさまは、お気づきでしょう。そう、発酵食品は、科学的データがなかろうとあろうと、日本人が体によいと体感して、歴史的に食べ続けてきた”健康食”なんですよ。しかも、発酵食は美味しい!保存が効く!そしてついでに、健康にもいい(と言われているし、そういう気がする)。

    というわけで、コンブチャの菌と菌床をこっそり入手し、製作日数10日をかけて育てた、初めての日本育ちのコンブチャくんたちが、この写真なのです。えっ、どこで菌を入手したかって?日本では、コンブチャ菌はもう絶滅してるみたいなので、うちにいるこのコンブチャ菌たちが、20-30年ぶりの日本再上陸じゃないかなあ。

    でもまあ、彼らの出身地は、あまり突っ込まないでやってください。違法ではないけど、あまり公にお勧めもできない、グレーゾーンらしいので。

    というわけで、今日初めて、最初の日本育ちのコンブチャドリンクを飲みました。これがどうダイエットに効くのか?はたまた、なんでダイエットや健康にいいのか?という話は、私が12時間ほどおなかをこわさずに、体調がよろしくなるかとか、なんらかのメリットを感じるかどうか。人柱としてからだを張って観察してみてから、記事にする予定です。

    でもちらっと書いておくと、

    ★コンブチャとは、簡単にいえば、日本のヤクルトとおんなじような善玉菌による発酵ドリンク。ただし、乳酸菌ではなく酢酸系菌、ヨーグルトドリンク系ではなく、ナチュラルソーダ系、ってこと。つまり、

    ★体のなかに善玉菌を増やすことは、(理由は説明できなくても、歴史的、体験的に)
健康やダイエットにいいことだ!

    ってことなのです。アメリカでは、乳がんが治った!とか、短期間にやせた!とか、ブームならではのいんちきくさい話がまかり通ってますが、そこまでのことは言いきれないでしょう。だったら、ヨーグルトやヤクルト、みそや糠漬けでもがんが治る、っちゅーに。でもまあ、飲み続けるメリットを、ダイエットと健康の両方で、そこそこ感じつつあります。

    このコンブチャ、アメリカでブームがさらに広がり、定着化傾向なので、今年あたり、日本にも市販品が輸入されて、ブームが来るんじゃあないかな。

ただしね、コンブチャって炭酸飲料なんで、輸入が難しいんですよ。へたに飛行機にのせて圧が低くなると、なーんと、ビンが破裂しちゃう可能性だってあるんです。だから、アメリカからお土産に、市販品のコンブチャを買って、スーツケースにいれて持ってこようとか、間違っても思わないようにね。

というわけで、私は日本でのブームがくるまでに、自家培養でいろんな種類を作ってみようっと。

    ★日本の健康食品メーカーさんたちへ: ブームになる前に市販品第一号を作りたい!と思われた方は、メールにて私までご連絡くださいな。発酵・菌マニアの私にしかできない、アドバイスをさせていただきます。(自分でつくるより、市販品がでてくれたほうが安いし楽そうなんで、ご協力いたします。)それではまた。

    最先端ダイエット、食事と心ケア情報を、気まぐれ発信中。
   
    気を抜くと長期間さぼるので、
    1日1回2ポチの↓更新催促クリックしてやってください。

    1ポチ↓Banner_br_moguratukusi   +  2ポチ→にほんブログ村 ダイエットブログへ

 

4月 23, 2009 01【初めての方へ】 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/44764301

この記事へのトラックバック一覧です: 日本初?再上陸コンブチャを自家培養してみた:

コメント

コメントを書く