« 7分タルトのダイエッター的食べ方 | トップページ | 美的な干し野菜作り(別館ブログ更新情報) »

DIETに悪い!?低脂肪・ノンカフェインの罠

    数日前の記事で、

    ★野菜ばっかり偏愛食していると、新型の甘いもの中毒になりがち

    という、日本のダイエット・健康法の一般常識をひっくり返すような話をしました。が、またひとつその手の話を思い出したので、記事にします。それは、

    ★ダイエットに“低脂肪食品”はよくない!

    低脂肪“食品”とは、低脂肪ミルク、低脂肪クリーム、低脂肪ヨーグルト等々、低脂肪になるように、脂肪を取り去った加工食品のこと。主として乳製品が多いでしょうか。

    【写真】牛乳に相談だ!というわけではないんですが、最近”発酵食品”のダイエットや健康へのメリットも気になるので、写真のような自家製ヨーグルトを牛乳と豆乳の1:1で作り、ラッシーやスムージーにして飲んだり、そのまま食べたりもしています。乳製品はケミカルな飼料が気になるので、日本ではばか高いけどオーガニックなものを、ほんの少ーしだけ風味づけやだし代わりに頂いてます。

    2009-0411-185633.JPG

    低脂肪“食材”、たとえば脂の乗ったまぐろよりは白身魚、病的に太らせた霜降り肉よりは低脂肪のささみ、というような、自然のままで加工していない“食材”とは別なので、混同しないでくださいね。

    これねえ、米国のグリーングルメ・ホリスティック栄養学の学校で学んだときは、私もかなりショックでした。

     続きを読む。。。前に、
    1日2ポチ↓の更新催促クリック! してやって下さい

    ★1ポチ↓Banner_br_moguratukusi  
   
   
   
    ★2ポチ↓
    にほんブログ村 ダイエットブログへ

    ★続きを読む↓

    だってそれまで、牛乳よりはローファット(低脂肪ミルク)、それよりは豆乳。またたまーに使うクリームも、なるべく低脂肪を選んでいたんですもの。

    牛乳消費量は少ないんですが、それでも高脂肪の牛乳なんて、ほんともう飲めない!というくらい、ローファットになれてましたもんね。脂肪、特に動物性脂肪は敵!というのは、ダイエットや栄養知識の常識ですから。

    どうしてこういう低脂肪食品、正確には低脂肪“加工”食品が悪いのかというと、

    ★低脂肪にするため、自然食材から脂肪を抜く不自然な加工をする。すると、減らした脂肪の分、こくやうま味がなくなって、そのままでは飲んだ人が“物足りなさ”を感じてしまう。よってそれを補うために、人工的に加工しまくった、素性のしれない(化学物質や農薬漬けエサで育ってるかもな)濃縮乳なぞをぶちこむ。

    というふうに、低脂肪にするために、へんてこ化学物質(ケミカル)が添加され、オーガニックや自然からはほど遠くなってしまう。その結果、計算上のカロリーは低くなっても、長期的に体にケミカルをいっぱい蓄積してゆくので、それが代謝を落としたり病気の原因を作る、ってことらしいのです。さらに、“低脂肪”だから気分的に甘えて、たくさん量を食べてしまったりもしがちなので、ココロケア的にもx。

    うーん、こういううんちくたれっぽい、頭でっかちな話は、私、美容やアンチエイジングマニアではないので、好きじゃないんですけどね。あれこれ目に見えもしない体感もできない成分やうんちくで、ひとさまの恐怖心をあおり、高い化粧品やエステサービスを買わせるビジネスはしていないので。。。というわけで、ご心配なく。直観的に感覚でわかること、できることは、とってもシンプル:

    ★ローファットミルクなど、低脂肪の加工食品はなるべく食べない。乳製品を食べるなら、厳選したオーガニック素材の自然な高品質のものを、高脂肪でもごくごく少量味わったり、味を最大限に生かすレシピでいただいたりすればいい。

    ってことです。不思議な、そしてラッキーなことにね、

    ★本物の自然でオーガニックな牛乳や乳製品を食べると、少量で満足できる!

    ことが多いのです。ちょっとマクロビオティックの一物全体的な発想とも関連しますが、自然に生まれた乳産物も、それでひとつのバランスのとれた宇宙を成している。だから、丸ごと食べるほうがが、へんに脂肪を抜いて。。。などと加工するより、自然だから満足度が高いってことだと思います。

    オーガニックの濃い牛乳、私は2-3口でギブアップしますもん。1週間に小パックの500mlも、飲みきれません。低脂肪乳やノンファットを選んでいたころは、500mlパックの一気も水みたく軽ーくしてましたんで、自然派乳製品を少量、に変えてから、乳製品関連のエンゲル係数は下がりました。

    あっ、ノンファットでまた思い出した。。。ごめんなさい。。。実は、

    ★ノンカフェイン・コーヒーも、似たような理由で、実はダイエットや美容・健康の敵!

    なんですわ。自然にもともと入っているカフェインを抜いたあと、これまたバランスをとるために、へんてこケミカルを添加してるから。。。ふぅ、グリーングルメのホリスティックな栄養学の知識がない頃の私は、ほんと間違ったことばっかりしていた気がする。。あれもだめ、これもだめと言い出す気にしすぎる、行き過ぎた健康マニアになっちゃあいけませんが、

    ★基本は、なるたけ加工のない、自然な上質な食材を、厳選して少量いただく

    ってこと。有名なダイエット料理家や栄養士でも、こうした低脂肪のローファット食品をお勧めしてる人は、わりにいます。日本ではそれだけまだ、ホリスティック(全体的)に栄養学を見るという視点が、発達、広まっていないから。牛乳全体を敵視もせず、やたらにローファットにも走らず、美味しいものを厳選少量いただいて、BE NATURAL(自然)にダイエットいたしましょう。ではまた。

    気を抜くと長期間さぼるので、
    1日1回2ポチの↓更新催促クリックしてやってください。

    1ポチ↓Banner_br_moguratukusi   +  2ポチ→にほんブログ村 ダイエットブログへ

5月 15, 2009 23 食事(バランス系) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/45017674

この記事へのトラックバック一覧です: DIETに悪い!?低脂肪・ノンカフェインの罠:

コメント

コメントを書く