« 太ってる自分が嫌いを許す法(太っていたい理由1) | トップページ | あなたを守る脂肪のよろい(太っていたい理由3) »

自分が太りたいと認めない心理的抵抗を斬る(太っていたい理由2)

    さて、前回の記事で出した宿題、

    ★自分で自分を太らせている理由、

    の答えは、見つかりましたか?あのあと、こんなコメントをいただきました。

    ★私は好きで太ってるわけではないので、自分で自分を太らせているというのは、よくわかりません。

    ふーむ、そこから”抵抗”しますか。あなたの中の、やせたい!と思う心が強すぎて、太りたい!とつい食べてしまう自分がいるのを、認められていないのですね。こういう人の言い分を聞いていると、

    ーダイエットしたいのに、家族が協力的ではないので、つい食べさせられる。一緒に肉食いしたり、母が残さず食べろとうるさいので、食べさせられる

    ー(体の)食欲が止まらない(自分は止めたいのに..)

    ー心の食欲、つまりストレスが自分に食べさせてしまい、どうにもコントロールできない

   
    などなど。こう思っている人は、自分自身が太ることを選んでいることすら、気づいていないか、認められないでいて、環境、行動、意志の弱さや他人のせいにしがちなのです。

    -自分を太らせている感情的・本能的部分と、
    +それをうんざりして眺めている知性的部分、

    の2つの部分に、心がまっぷたつに分かれているのに、気づいていらっしゃらないのです。知性からみると、感情部分が衝動的に食べてしまうのは、自分のせいじゃないって思いがちですからね。

    自分が自分を太らせている、太りたい理由をみつける前に、この2つの相反する心を認めて(できたら、統合して)やる必要があります。

    その簡単なワーク(技)を、さっくりお教えすると、

    ★自分の(体と心の)中に、やせたい理由をあれこれ語っている部分と、つい食べてしまう時にそそのかす部分との2つを見つけて、それらに個別にインタビューしてみること。

    はい、だんだん怪しくなってきましたよー。引かないでくださいね。じゃ、知的なビジネス人にも理屈っぽいMBAにもとっつきやすいよう、美健楽NLP心理学で言いかえれば、

    続きを読む。。。
    前に、訪問しましたクリック↓を、お願いします。

      1ポチ↓banner_03Blue  +  2ポチ→にほんブログ村 ダイエットブログへ

    ★やせたい論理的理由を知性(左脳)に聞いて、太りたい、太っていたい本能的理由を感性(右脳)に聞いてやる、

    ってだけのことです。脳科学的には。。。と、キムタクのMr.Brain風にも説明できるんですけど、まあそこまでやると、脳ブームに悪のりなんで、やめておきます。

    ダイエットには、知性、論理性を求めすぎてもだめ。あれこれ考えすぎても、結局実践できなきゃ意味ないでしょ?今まで考えても、無駄だったでしょ?考えたりうんちくをためこみすぎるのはほどほどに、まずは体感してみろ、ってことですね。

    ちなみに私の場合、仕事ばりばりやってた国際派キャリアウーマン、でもいまより+15KGのメタボだった頃、このワークをやってみたら、

    ★自分のからだの右半分から大部分(体の95%)が、やせなきゃまずい!と痩せたがり、太り続ける危機感を叫んでいました。

    そのころ私は、なんとファッションのバイヤー的仕事をしていて、パリに買い付けに行ったり雑誌のプレスさんたちとも仕事していたんで、デブだとファッション関係者に白い眼でみられてまずい。仕事を失う危険もあったんですよ。だから、痩せなきゃいけないのは、切実な問題だったんです。

    でもね、自分の体の中をじっくりさぐっていったら、

    ★左耳の後ろのほうに、自分を太らせている小さな灰色の部分を発見。こいつは、普段は小さく縮こまっているくせに、私が仕事を終えて夜遅く自宅に戻ると、ふっと耳元に現れて優しく強くささやくんですわ。

    「お疲れさま。仕事、がんばったね。緊張をほぐすために、寝る前にすこうしワインでも飲まないと、リラックスできないし、明日からのハードワークにもたないよ?」

    んで、気がつくと、この声に誘導されて、冷蔵庫のまえにふらふらと立っていて、赤ワインといっしょに、チーズやら冷凍しておいたさつまあげなんぞをばくばく食べているという次第。

    ワイン飲んでるうちに、この声はますます強まって私の体全体を乗っ取り、気がつくとワインボトルは空っぽ、いつの間にかラーメンまで作って完食しているし、ふぅー、満腹。心はワインでリラックス、てか酔っぱらい過ぎ。。。眠い。。。で、気がつくと朝。胃袋は寝る前のどか食い、どか飲みで、気持ち悪い、でも仕事いかなきゃ。

    の繰り返しで、+15Kgまで自分をしっかり”太らせて”いました。私みたいな方、いるでしょ?

    こういうふうに、私らの体と心の中には、自分を太らせている部分が、やせたがる部分より小さいけど、無意識かもしれないけど、しっかり存在しているはず。左脳、右脳という言葉を使いましたけど、人によって足の裏やら、はたまた体外にあったりもするんで、まずはじぶんの体の中とその周辺を、じっくり探ってみてください。その部分を捜し当て、

    ★自分の中太りたがる部分に、なぜ太りたいの?なぜ?なぜ?と、つっこんで聞いてみる

    のが、大事なのです。というわけで、まずは自分自身が太りたがっていることを認めることから始めなきゃ、な人への、簡単な方法(ワーク)のアドバイスでした。

    えーと、自分を太らせている深層心理の理由の“一般的答え”は、長くなったんで、次回に続きます。

ちまたのダイエット情報商材ビジネス(ダイエットの奥義とやらを紙にまとめて、ダイエッターに数万円で売りつけるビジネス。南●子式ダイエットだとか、誰やねん???)は、私がここに書いているのに似た心理学を使った小技を、もったいつけて煽って、高値で売っているのです。(神田式マーケティング信者さんが多いです。)まっ、それもビジネスですので、やりたい人、買いたい人はどうぞ。

ですが、私は自分のメモ代わりと、読者のみなさまの反応をみたくて、ここに書いているだけ。みなさまが実際ためしてみて、わかりにくいとこ、感想なんぞあれば、コメントいただければうれしいです。同じようなお問い合わせが多ければ、ブログで回答します。それでは、また。

あなたは、自分で自分を太らせている!と言い切られたら、むっとか、どきっとした方も、↓応援クリックしてね。続きの回答記事を書くかどうかの、目安にします。

     1ポチ↓banner_03Blue  +  2ポチ→にほんブログ村 ダイエットブログへ

 

Google 検索
 
Wikipedia
 
Google 翻訳
 
価格比較
 
難易度判定
 
設 定

6月 12, 2009 10【1ココロケア分野】: |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/45316021

この記事へのトラックバック一覧です: 自分が太りたいと認めない心理的抵抗を斬る(太っていたい理由2):

コメント

コメントを書く