« あなたを守る脂肪のよろい(太っていたい理由3) | トップページ | 自分エゴの付きもの落とし »

太っている自分に感謝してみる(太っていたい理由4)

Mrbrainbread_2

【写真】脳をトレーニングしてくれるとかいう、キムタクドラマMr.Brainとのコラボパンを、ネタに買ってみた。予想通り、大量生産されたコンビニパンらしく、人工添加物とマーガリンぽい味。一口でもうだめだったけど、こういうトレンドに乗ってみるのもわりと楽しい。

  人それぞれの太りたい、太っていたい理由はともかく、ダイエットのために、大事な最初の心ケアがひとつ:

    ★自分を太らせている部分に、これだけ、しみじみと伝えてみてください。と前回書きました。

    その答えです。それは、

    ★「あなた(自分の一部分、パート)は、私を守るために私を太らせていたんだね。脂肪のよろいで守られていなかったら、私の心と体はより悪い状態になっていたかもしれない。ありがとうね。」

    まあこういう風に書いても、半信半疑な方や、そんな風に思いこめるかっ!太っていることに感謝するのなんか無理!だと思う方は、かなり多いんじゃないかなと思います。 それはね、あなた自身が本当に気づいていないから。私の言葉を、ただなぞって読んでいるだけだから。

    これを心から、そうだったのか!と気づいて感謝できるようになる瞬間を、米国のNLP心理学では、体に落ちるとか、血肉化するといいます。また、英語のスピリチュアル系では、A-haモーメント(あはっと気づく瞬間)。日本の禅や神学では"悟り(小さなレベルですが)”と呼ぶよう。また日本では、腹に落ちるというふうな、普通の表現もありますね。ぜーんぶ同じこと、気づきの瞬間なのです。

    このA-haモーメントに達するには、誰かのサポート、導いてくれる人(カウンセラーでもメンターでも)が必要なことが多いです。私は、個人カウンセリングではそれを通常行っていますし、一部の方にリクエストいただいたので、知り合い限定の小グループセミナーも企画中。お金を払ってもサポートが必要!と気づきつつある、本当にダイエットやプチ鬱に悩みまくっている人も、世の中に増えているみたいですね。

ですがここでは、読者の方々がおひとりでできる心ケアも、気前よくご紹介しちゃいましょう:

    続きを読む。。。
    前に、訪問しましたクリック↓を、お願いします。

      シンプルに、1ポチ下さい→Banner_23  

Google 検索
 
Wikipedia
 
Google 翻訳
 
価格比較
 
難易度判定
 
設 定

★私は私を、守るために太っているんだ!

    と、しっかりと腹に落ちるまで気づくこと。これはわりと簡単なので、ご自分で試してみてください。それに本当に気づけると、ダイエットに失敗し続けているダメな自分を愛せるようになる第一歩になります。

    おまえはだめな子だ!と親から言い続けられた子供は、コンプレックスにさいなまれ、親に反抗するようになります。失敗ダイエッターの体と心は、その”だめな子”状態になっているのです。私たちの知性に、またダイエットに失敗した意志の弱いやつ、なんてダメなの。。等々、長年、自分で自分を叱責して嫌ってきたでしょ?そうすればするほど、体と心は理解されない子供のように、委縮・反発してきたのです。

    「もう絶対、ダイエットに成功なんか、してやるもんか!知性は自分をわかってくれないけど、でも(自分を)守るために食べ続けてやるんだっ!」

    そんな風に、意固地になった自分の部分(パート)の気持ちが、突然理解でき、感謝できたとき、涙がでる人も多いです。涙は、本当に気づけた、心の琴線にふれたサインでもあり、理解してもらえたあなたの情感(感性)のうれしさの発露でもあるのです。情感のデトックス、ともいえますね。

    この情感のデトックスができて、あなたの知性と感性が仲直り、一体化しないと、知性ではやせたいと思いつつ感性でダイエットに失敗する状態が、永遠に続きます。分かり合えない親子が、生涯断絶してるようなもの、といえばわかるかな?

    ちまたにあふれるダイエットジプシーさんたちは、ここまで深く考えなかったり、どうココロケアしていいのか方向性がわからないので、次から次に新しいダイエット法やうさんくさいダイエットフードに手をだして、失敗しているともいえます。ダイエット法やフードという物理的なモノは、ココロという精神的なものと一緒に使って初めて、その効果がでることが多いから。

なにも考えずに食べるだけでやせるモノだって、ある?ひとつ、あります。それは...下剤。でも、そのうち効かなくなるか、長期的には体をこわします。

    で、こういう情感のデトックスが済んだら(って、突然クールになる私)、その次の段階に行きます(行けます):それは、

    ★自分を守るために太っているという理由を、やせるべき理由へと、無意識のレベルで置き換える

    という美健楽NLP心理学のワークです。でもそこにいく前に、

    「自分を守るためだから、太っていてもいいんだ!」

    と、居直ってどカ食いや甘いもの食いを激化させないでくださいね(苦笑)。

    でもまあ、もし居直れたならば、それはそれで病気の人にはメリットがあります。食べる罪悪感が消え、なんでも楽しくおいしく食べられるという心のメリット。つまり、病気というー(マイナス)の精神状態を、0(ゼロ)に向けていくメリットです。だから、拒食症の人、病的に痩せすぎの人なんかとって、このNLPワークはアメリカの病院などでも用いられ、効果的な治療法の一つになっているよう。

    でもこのブログは、病気に近いけどまだ病気ではない未病のビジネス人向け。(だから、食べる楽しさにとどまらず、食べる質も変えて、愛せる自分の理想的な体とココロという+(プラス)状態を目指していきたい。(病気の人は薬という武器をもつ、お医者さんのところへ行きましょう。正直にばらしますと、高度なテクを持ったカウンセラーですら、クライアントが精神的に爆発したとき、薬なしで対処するのはリスクが大きいのです。)

    というわけで、次のステップ、

    ★自分を守るために太っているという理由を、やせるべき理由へ、無意識レベルで置き換える ワーク

    が必要なのです。

    ああ、その前にやったほうがいいことが、もうひとつ。この、自分で自分を太らせている理由について、個人別にいろんな細かい理由もあり、それを知るのも自分のダイエット効果を上げるために、大切なんです。自分のストレスの奥底の、本当の原因まで、心理的に掘り下げること。

    たとえば、嫌いな上司の存在というストレスとか、仕事がつまらない、天職が見つからないというストレス、はたまた子育てと仕事の両立のストレスとかいう表面的な原因は、いくらでもお気づきでしょう。でも、なぜその嫌いな上司がストレスになっているのか?という、さらにつっこんだ深いレベルのストレスの根っこを知ることが、大切なのです。

    ただしそれには、私のようなカウンセラーに個別カウンセリングを受ける必要があるので、たいへん。 そういう美と健康に特化したNLPスキルを持ったカウンセラーやコーチも、日本にはほとんどいませんしね。

    そこでひとつ、良い参考文献(米国発のココロケアとダイエット関連本)を見つけたので、リクエストクリック次第で、そちらもご紹介します。なかなかよくまとめてあるので、あなた自身が太っている個別理由も、自力で見つけられるかも。
   
    続きにご興味ありな方は↓で続き記事の更新リクエストクリックしてくださいね。 それではまた。

シンプルに、1ポチ下さい→Banner_23  

 

Google 検索
 
Wikipedia
 
Google 翻訳
 
価格比較
 
難易度判定
 
設 定

6月 16, 2009 10【1ココロケア分野】: |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/45355507

この記事へのトラックバック一覧です: 太っている自分に感謝してみる(太っていたい理由4):

コメント

太る自分が嫌いで仕方なかったけど、高校から5年も過食続けていると、だんだん 私って過食やめたい 痩せたいと言いながら実はやめたくないんだ…って分かってきました。
過食は実は自分を支えてきたものでもあると思います。
自分の中に何か埋まらない穴があって、それを一時的に埋めてくれて、どうにか生きてこれたから、感謝すべきですね!
けど、心の穴はもう食べ物でも例えば彼氏でも友達でも埋まらんって分かりました。
その埋まらない穴を自分で引き受けて、生きようと思いました。守ってくれてた脂肪にもありがとうです(^^)。
でもそろそろ痩せたい…笑"
続きお願いしますm(._.)m笑

★桜子お返事:

7・12の記事に書いたように、心ケア禁止令にしちゃったんで、ごめんなさいね。でも、私の文章だけで、【埋まらない穴】に気づけた篤姫さんは、すごいと思いますよ。

それを埋めるためには。。。うーん、禁止令なのでヒントをひとつ。自分の生きがい(生まれてきた使命)を見つけてくださいね。

投稿: 篤姫(桜子お返事付) | 2009/07/03 6:09:59

>是非続きを読みたいです。

リクエストありがとうございます。他の方のリクエストも多ければ、検討いたしますね。

投稿: 桜子・管理人 | 2009/06/18 23:23:49

興味深く読ませて頂きました。
確かに脂肪は体がSOSを出している所に着くんですよね。感謝すべきなんですね☆
是非続きを読みたいです。

投稿: さちこ | 2009/06/18 12:47:30

>ところで守るために太るを痩せる理由にかえる肝心の話は、次回かくかもという本の内容の話と、関わりますか、それとも本の内容の記事の次あたりに書いていただけるものなんでしょうか。

かなさん、リクエスト、ありがとうございました。参考にさせていただきます。

やせる理由は、みなさまのコメントやクリック数上昇での反応を見つつ、リクエストが多ければ、近々、書く予定です。こういう心ケア記事は、左脳と聴覚を使うので、理屈ぽい、めんどくさいと嫌う方も多いかもなので。

>ダイエットを始めると脂肪を目の敵にしてしまいがちですけど、大事な役割があるんですね。

適度な脂肪は大事なのですが、体と心を重くしすぎる”ため込みすぎた”脂肪は、おろしたほうがいいと思います。でも、無意識な自分の心を心ケアせずに、できずにいると、気づかないうちにため込みすぎるんですよね。なんでも意識化して、適度にマネジメントすることが、大事だと思います。

投稿: 桜子・管理人 | 2009/06/17 7:04:13

ダイエットを始めると脂肪を目の敵にしてしまいがちですけど、大事な役割があるんですね。

バランスなんでしょうけど

投稿: ダイエットブログ ディエタ | 2009/06/16 23:29:48

こんにちは、いつも楽しく拝見しております。
今回の記事とても面白かったです。ところで守るために太るを痩せる理由にかえる肝心の話は、次回かくかもという本の内容の話と、関わりますか、それとも本の内容の記事の次あたりに書いていただけるものなんでしょうか。
痩せる理由に変えるという肝心の話を読みたい、書いていただきたい人間は、今回ポチしたら書いていただけるのか、本の内容のあとにポチしたら書いていただけるのか迷ったものですから。それでは。

投稿: かな | 2009/06/16 13:05:34

コメントを書く