« 【画像追加】世界一の美女1日めメニュー | トップページ | 【画像】美女ごはん2日めメニュー »

冷えるまずい青汁を改良(朝食3日め)

おはようございます。 世界一の美女になるダイエット3日目の朝です。↓は3日目の朝食:和製グリーンカクテルですが、三日目にして改良を加えてしまい、りんごジュースをミックスしちゃいました。でも本には、朝はグリーンカクテルのほかにフルーツ、パンひときれ、プロティンはいいとあるので、一応本に忠実な範囲内です。

    まずい冷える青汁の改良

    改良を加えざるを得なかった理由は。。。

   
          
        世界一の美女になる3週間企画、おもしろかったら、
        続きを読む前に、1日1ポチだけ応援クリック下さいね。
          
    人気ブログランキングへ
   

    朝はグリーンカクテル、といってこの本も日本で実践しやすい”青汁”をお勧めしてるんですが、やはりこれ、

    ●激まずっ!

    なんです。青汁といえば、昔の名作CM、だみ声のおっさんが、青汁を飲みほし、”まずーいっ!もう一杯!”と叫ぶイメージが。あれはつまり、

    ●体にいいもの(青汁)はまずいけど、まずいからこそ健康効果がある。その効果を楽しみに、がまんして飲もう!

    という、マゾ的な健康オタクの価値観を、視聴者に刷り込むCMだったんですよ。(マーケティング業界では有名な話)。でもね、美味しさ>健康優先の美健楽ダイエッターは、そんなメーカー都合にはだまされないっ:

    ★美味しくなけりゃ続かない。体にいいまずいもの(栄養)を、顔をしかめて飲むという”がまん”より、なにより”楽・楽しむ”じゃないといやだし、続けられない!

    というとっても今風な考え方なのですわ。だから、この本の著者エリカさんがお勧めしている、

    ファ●ケルの青汁(冷凍もの)

    なんて、最初っからNG。だってこれ、

    ーまずい青汁の主原因である“ケール”が主体
    +冷凍だからパウダーよりフレッシュで酵素が多い、とかいいたいんだろうけど、
    ー体を冷やす青野菜の青汁なのに、冷たくして飲むことでさらに体が冷える

    というまずい、冷えるの二大デメリットがきついのを、以前青汁を研究したときにしっていたから。(買って飲んでもみたけど、まずくて捨てちゃいました)もちろんこのブランドに限ったことではなく、初期の青汁は、とっても不味かった。それは、”ケール”=”まずい”=まずい健康食品のほうが効果があるという、20年前ほどからの古臭い一般生活者・メーカーの考え方からきていた、ケール主体だったからなのです。

    ところが、青汁業界も進化しております。最近の生活者は、美健楽ダイエッターみたく、

    ★健康に良くても、まずいものをがまんして飲まない。美味しいものでないと続けられない。

    ということが、健康ブームのおかげで体でわかってきたらしい。そこで、どうやってもまずいケールの青汁ではなく、大麦若葉、あした葉なんぞの青いはっぱ主原料の青汁を、生活者のニーズに敏感なメーカーがだしてきて、人気を博しているというわけ。TVの深夜CMではでにやっている緑健青汁とか、大手メーカーのものとか、成分表示をみるとほとんど大麦若葉なんですよ。

    青汁が改良されて美味しくなってきたわけではなく、いつのまにか主成分がケール→大麦若葉、に置き替わっていたわけですね。でも、青野菜のビタミン・ミネラルをとるだけなら、別にどの青汁でもかまいません。なら、おいしいほうにしようっと。というわけで、私は大麦若葉ベースを選んだわけ。

    でもねえ、それでも私にとっては、

    ★不味くはないけど、まだ美味しくはないよ、市販の青汁。。。

    このブランド、楽天で”青汁 有機”で検索して、さらに感想コメントをじっくりみて、美味しい!という声が多いものをじっくり選んだんです。だから、たしかにまずくはない。でも美味しくもない。飲む喜びがないんです。このまずいのほかに、青汁の二大デメリットのもうひとつ、(体が)冷えるのも悩みの種。

    

    ★青汁・グリーンカクテルが続けられない理由は、”まずい”と”冷える”

    だというのを、たった二日で身にしみてわかりました。だから、3日目になったら、体がもう“飲みたくない”と抵抗しちゃって、飲めないの。このダイエット、青汁といい、ランチ用の生野菜といい、ほんと体が冷える食材がおおい。白人系ダイエットらしいなあ。

    白人系の人は体温が違うのか、スタミナや代謝(肉食いだから)が違うのか、体が冷えるローフードやベリー、トマト系が大好きなんですよ。でもね、冷え症が多い日本人女性には、これはきついの。マクロビオティックや中国の中医学、陰陽説というのがアジアにはあって、これはホリスティック栄養学の世界でも、認められているもの。

    ーでも世界一の美女になるダイエット本のエリカさんは、この陰陽説は認めてないのか、無視しているみたい。だからこのダイエットは、”日本女性には、冷え性を促進してしまう”部分がある

    と、私は思います。白人さんや、代謝が活発で運動量も多い20代のミスユニバースモデルさんたちなら、多少冷えても大丈夫。でもねえ、私みたいにエクササイズ程度しかしない30才+日本女性には、この冷えはかなりの問題で体を直撃しました。このダイエット本を4月にだしたというのも、秋にだしていたらこの冷えの問題で実践できない日本人が多いだろうから、たぶん売れなかったからかも。そこまで見越していたなら偉いよ、幻冬舎さん。

    でもね、この冷え問題を解決するには、ホリスティック栄養学でも教えるとおり、陰陽説を応用すれば大丈夫なのだ。その解決法とは、

    ★青汁が体を冷やすなら、体を温める青汁食材を入れちゃって、バランス(中庸)をとるといいってこと。つまり、

    ★市販品の青汁パウダーに、体を温める人参ジュース(根菜の緑黄色野菜、緑じゃないけどね)とかりんご(寒いところのフルーツ)をいれてしまえばOK

    エリカ本には、朝食にはフルーツもOKってあるから、一番お手軽なのは、市販品の100%りんごジュースやら果汁ミックスの●●生活なんていう100%野菜フルーツ・ジュースを少しだけまぜちゃえばよいの。(私は、保存料とかのケミカルがいやなので、100%りんごジュースにしましたけど、まずはあるものでOK)そうしたら、フルーツの甘みや香りで、おいしさも格段に改善されます。私のわがままな健康グルメな舌とBODYも、やっと受け入れて飲んでくれました。

    今日のまとめ: 冷えるまずい青汁朝食の、プチ改良アレンジその1:

    1.市販品の青汁は、大麦若葉ベース、できれば有機のものをチョイス
    2.それに市販品のからだをあたためる100%ベジフル(野菜・フルーツ)ジュースをミックスして、美味しさUPと冷え解消を狙う

よし、これならなんとか青汁グリーンカクテル朝食、美味しくヘルシーに続けられそうです。次は、ローフードのメリットも害もどーんと出つつある、昼食サラダも改良せにゃー。(サラダだけでごはんって、カーボ好きな日本人には落ち着きません。)ではまた。

    記事が面白かったら、1日1ポチだけ↓応援クリック下さい。
    記事への反応の目安にしています

        人気ブログランキングへ

7月 29, 2009 01【初めての方へ】 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/45773078

この記事へのトラックバック一覧です: 冷えるまずい青汁を改良(朝食3日め):

コメント

コメントを書く