« お勧め!粉ポカリとポカリウォーターで水分補給の理由 | トップページ | 世界一の美女・初日メニュー »

開始!世界一の美女になるダイエット・3週間レポート企画です

    こんにちは。一週間が始まるぞ!な気分の月曜日。突然ですが、新企画、

    ★【世界一の美女になるダイエット】
桜子3週間、体と経済力を張っての実践レポート編

    を始めることにしました。

Tv7

【写真】TVでも特集が組まれる↑ほど最近人気の、私が米国で学んだと同じ、ホリスティック栄養ベースのダイエットです。

【世界一の美女になるダイエット】とは、今売れまくっているホリスティック栄養学ベースのダイエット本。私この本がでた直後の今年5月に、これは売れる!という予測記事を、どのブログさんよりも早く書いたのです。(ご興味ある方はこちらをクリックすると、過去記事に飛べます。)

    世界一の美女になるダイエット:★★
    (美健楽的評価で、星3つが最高のうち、これは★2つ)

   

    なぜなら、私がアメリカで修行・資格取得してきた、アメリカでは2ー3年前から定番人気化しつつある、最先端ホリスティック栄養学と、内容的にほぼ同じものだったから。アメリカでの美健楽法、ダイエット法の流行は、1ー3年遅れて日本に入ってくるから、そろそろくるかなあと思っていた通り。

    またそのホリスティック栄養学を、幻冬舎という売りかたのうまい出版社が、わかりやすーく編集して、有名人(ミス・ユニバースの公式栄養コンサルタント)の権威付けで出版した、というのも、当たっている理由です。

    そうして発売から3ヶ月、なんと26万部も売れてるそう。近くの本屋でも山積みだし、女性週刊誌でも特集が組まれたし、先週末はついにTVでも、著者のエリカ・アンギャルさんが登場して、まとめ番組を放送していました。余談ですが彼女、ミスユニバースの責任者のイネスさんよりも、ちょっと繊細な感じが日本人ウケしそうな白人女性でした。

    こういう日本通っぽい白人さんが、”日本のおばあちゃんの食事をベースにしたダイエットです”とか言うと、日本人喜ぶんだよねえ。私らのおばあちゃんが、アボガトオイルやらアボカト入りのスーパー美人サラダ、ミックスナッツとドライフルーツやら、数十年前に食べてたっけ?という矛盾に気づかずにね(苦笑)。

    あと、タンパク質をたくさん取りましょうと3野菜:2魚:1ごはんのバランスをおすすめしてた。でも日本人は伝統的に、あんな大きな魚の切り身を1食で2切れも食べない。日本人の伝統的たんぱく源は、豆(豆腐・煮豆等)という植物性が多く、魚はかつおだしとかめざし程度の、少量、小魚や安い青魚。このへんがこの本の矛盾点で、和食を強調しつつ肉食いの欧米人、20代成長期女性向けだと思うゆえんです。

    こういう点があるのは、この本がベースにしているホリスティック栄養ダイエットは、正確にいえば、和食ベースではない:

    ★和食だけではなく、世界の健康・ダイエット食の共通点を、主として欧米人向けにまとめたもの、だから。 

   
            梅雨明けして夏本番!
        続きを読む前に、1日1ポチだけ応援クリック下さいね。
          
    人気ブログランキングへ
   

    エリカさんの話にも、ベジタリアン系の食事法やプロティン主体のサウスビーチダイエット、低インシュリン(GI)ダイエットなどの基本セオリーがでてきたので、これらも色濃く影響しているよう。

    だから、日本人にはなじみのない食材やレシピが、たくさんでてくるの。欧米では伝統食材で、手に入りやすくお安いから。和食を健康食ともちあげるのは今世界でもトレンドなので、和食アピールはいいと思う。でもこの本は、本当は和食+西洋の定番ダイエット料理、という欧米の正統派ホリスティック・ダイエット法なのです。

だから本当に日本発祥のマクロビオティックとかとは正反対の、日本人が伝統的に食べていない、体が冷える外国食材やフルーツを勧めている。世界を飛び回るミスユニバースなら、外国でオーガニックのナッツやドライフルーツ、ベリーや上質の肉や卵を入手できて、普段に食べられるでしょうけどね。アジア人、日本人が自国でやるには、食材置き換えやレシピアレンジが必要な点も多いと思います。

    私の過去記事はいち早くこの本を取り上げていたので、Googleで【世界一の美女になるダイエット】で検索すると、アマゾンに続いて上位にきてしまうらしい。というわけで、このダイエットに関するご質問も、なぜか私にくる、という状況が起きています。すでに実践してた方々から、

吹き出物が増えた(ナッツのせい)、
返って太った(肉脂や油の取りすぎ)、
ごはんやパンへの渇望、どか食い欲求が高まった、

なぜでしょう?という失敗談も、多々いただいています。

    まあ元々私の、個人体験談的なこの美健楽ダイエット理論も、自然にホリスティック栄養学の方向にいっていたので、この本とベースはいっしょ。それをアメリカのホリスティック栄養調理学の学校で集大成して、客観的に教えられるようにしてきただけ。だから、ご質問お答えはなんでもOKですし、こうした失敗理由もよーくわかります。

    それは、しつこく繰り返しますが、このダイエット、上に書いたように、日本人の30歳+女性、特にダイエッターにはそのまま受け入れられない注意点もあるからなんですよ。たとえば、

    ★全体的に食材やレシピがアメリカナイズしすぎ。

    著者は日本留学経験のあるオーストラリア人だけど、オーストラリアは文化的にはやはりアメリカ、そしてヨーロッパの白人系文化の影響が色濃いので、そのまま鵜呑みにしてはいけません。(その証拠に、欧米の国際企業がCMを世界で使い回すとき、オーストラリアは地理的にはアジア圏なのに、アメリカのCMを流すんです。やっぱ白人文化だから)。あとね、

    ★日本でやると、外国食材や動物性蛋白質(とくにオーガニックの肉や卵は、日本では超高級品で入手困難)が多くて、かなり値段が高くつくと思います。

    ミスユニバース候補者みたく、スポンサーがついてるお金持ちにしかできない、続かないダイエット、かもしれません。

    こういう売れてる本がでると、そのまんま実践しちゃう方々が多いので、その改善点や日本人の体質・環境に合わない点は無視されがち。その結果、グルメ食品店やオーガニック食品店で、突然、日本人が食べなれないミックスナッツやドライフルーツが売れまくっている(この本でおやつとしてお勧めしてるから)という、昔のあるある大事典現象も起きているようです。

    と辛口評価しつつも私は、この本の内容には80%賛成派。だってこれ、7割ベジタリアンに近い6割ベジタリアン本だし、ちゃんとホリスティック栄養学を外国で学んだ人の本だから。細かい欧米かっ!内容はおいといて、こうした本物のホリスティック栄養学がわかりやすく日本で広まるのは、ほんとにほんとに歓迎なんです。今の日本には、本場の欧米でホリスティック栄養学を学んでない、インチキ・ニセ学位通信教育がらみの怪しい”ホリスティック聞きかじり”なダイエットが横行し始めているから。(似てるようですが、本物とにせものホリスティック栄養学はやはり違う。にせものは全体的なつじつまが合わないので、見る人が見ればわかるのです。)

    本物のホリスティックダイエットだからいい、もっと広まってほしいと思うからこそ、20%の改善点、日本人の体質・伝統的食生活に合わない部分にも気をつけてほしいと警鐘をならしておきたいのです。でないと、にがりがいい、それっ!とどどーっと走って、そのとりすぎの害がいわれたとたんにブーム終了!みたいに、一過性ブームになりかねませんからね、日本人は。

    というわけで、この良さを認めつつも、最近はどちらかというと注意点のほうを強調して、質問お答えしているのです。でも、やはりここは自分で実践してマイナスの効果も体験してみないと、説得力でないでしょうというわけで、3週間このダイエットを体験してみることにしました。

    最初の1週間は、この本に忠実に、なにもアレンジせずにやってみる。たぶん、30歳+草食系の日本人の私に合わない部分、マクロビ的にいえば、身土不二(その土地の食べ物)に反する部分が多い点からの、マイナス効果が現れると思います。まあねコケイジャン(白人系)、20歳そこそこ肉食系ミスユニバース参加者向けのダイエットですから、私に厳しいのはわかってるんです。でもあえて体張って体験してみるぞー。

    でもそれはたぶん、私には1週間が限度。次の2週間めは、現代の日本人に合った食材・レシピに置き換えをして、マイナス面を改良するように試行錯誤してみます。そうして最後の1週間は、30歳+日本人向けにアレンジしたホリスティック栄養ダイエットを、体得、定着させていく時間。

    人間、3週間ひとつのダイエット法を続けると、それが習慣化するというのが、これまたホリスティック栄養学や心理学でも、いわれていることなんです。

    ちょうど今、私は長期地方出張、別名食い倒れの旅からもどったばかりで、ベスト体重より+3KG、ベスト体脂肪率より+3%オーバー。生理もちょうど終わった。この【世界一の美女になるダイエット】を体を張って実践するには、ベスト・タイミングなのです。

    というわけで、今後3週間、桜子流【世界一の美女になれるか?】ダイエット、実践編お楽しみに。他ブログでこうした体験談を探してまわったんですが、この本を読んだとか、今自分がやっている方法と変わりばえしない、自分のダイエットと同じだとかいう”頭でやった気になっている”話は多い。だけど、忠実に実践しているという人はほぼいなかった。日本のダイエットブログ初(!?)の、【世界一の美女になるダイエット】実践分析レポになるかも?

    もしご一緒にやってみたい!自分はこっそりやってるよ!という方がいらっしゃれば、歓迎します。コメント欄にご質問等くだされば、この3週間はなるべくすぐお答えいたします。そのかわり、ここは良い感じ、ここは実践しにくいといったご感想を聞かせてね。ひとりよりも複数のほうが、このダイエット法についてのいい点、改善点がわかりますから。

それでは、桜子世界一の美女になる(かも)ダイエット、3週間、わりとこまめにまったりと続く予定。そうそう、このダイエットで実践、開発したレシピの詳しい内容は、別の料理ブログ、グリーングルメと連動して、そっちにUPする予定です。レシピを作ってみたい方は、左欄のリンクから、そちらもどうぞ。

    この企画、効果に興味あり!な方は、
1日1ポチだけ↓応援クリック下さい。
    続けるかどうか、記事への反応の目安にしています

        人気ブログランキングへ

7月 27, 2009 45【5四部門総合】DIET |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/45755435

この記事へのトラックバック一覧です: 開始!世界一の美女になるダイエット・3週間レポート企画です:

コメント

コメントを書く