« またかのローフード盲愛(ご質問お答え) | トップページ | 美健楽マスターの行き着く先は? »

電子レンジ絶対否定と“正しい”マクロビへのご質問

    読者からのご質問にお答えシリーズ、お次は、電子レンジ100%絶対否定派でマクロビオティック派らしきママさんからの、コメントとご質問です。

    ★コメント要約:

    >林真理子のシバソム体験を探してここまで遡りましたが、チンするんですか!!!びっくりです。 

    マクロビ20年で癌死とかも単なる勉強不足な間違えたマクロビなのでは? 

    マクロビ流儀は日本で書籍にしてる著者だけでも45通りあるので熟読熟考が必須だと思います。健康な人は一年で止めましょう、それ以上やると病気を引き起こしますと書いた本もありました。

    チンにはびっくりです。電子レンジの弊害を検索してみて下さい。

    ★以下、桜子お返事です:

    梅雨明けして夏本番!
    1日1ポチだけ応援クリック下さいね。
    記事への反応の目安にしています↓

    人気ブログランキングへ

私は、基本的には電子レンジ不使用派、ただし健康メリット>チンの害のときのみ、例外OKとしています。たとえば、炊き立て玄米ごはんを小分け冷凍して、 食べる前に戻すときには、チンします。蒸したり、保温ジャーを使うよりも、より新鮮で手軽に便通効果等の高い玄米が毎日食べられる、続けられるからです。

これを100%チンはだめ!とこだわりすぎると、玄米を毎日食べるという健康習慣を続けられないし、自分が苦しくなってきます。レンジにしろ、マクロビに しろ、ローフードにしろ、ひとつの考えや食事法にこだわりすぎ思いつめすぎると、その気持ちがヒステリー、リバウンドや癌につながると、なんとなく感じて いるもので、多少のゆるさはいいかという考えです。

電子レンジを積極的に使ってスピード料理やらパンを作る、料理研究家の村上祥子さんの料理本なんぞは、私は怖くて買えません(苦笑)。が、長期的な健康に 目をつぶって、またはその害を知らないから、レンジで時間を節約したい人もいるという、人さまの価値観は尊重したい。だから、特に批判もいたしません。相 手の方々への、余計なお世話ですから。

    >マクロビ20年で癌死とかも単なる勉強不足な間違えたマクロビなのでは、、 

    そうですね、世界でマクロビを広めたカリスマ一家が【勉強不足な間違えたマクロビ】を実践していたとおっしゃるなら、それは皮肉で残念なことですね。

私はアメリカに行って、日本ではタブーや無知でまだ語られていない、マクロビ初期の訴訟騒ぎや、マクロビ本部が勧めたやり方で死人がでた黒歴史も学びまし た。また妊婦さんや育ち盛りの子供には向かないし、マクロビは健康法ではなく、癌を治す病気治療食事法であることも、日本ではまだまだ知られてないと思い ます。

(おせっかいながら、“ママ”さんも、お子さんにマクロビを無理強いなさっていないか、ひそかに心配しています。子供に100%マクロビは、長期的害がありますから。)

こういうふうに、ひとつの健康法には、良い面も危険な面もあります。今はインターネットもありますし(嘘情報は多いですが)、本場アメリカでホリスティッ ク栄養学を学んできた人たちも増えているので、私にネット検索を勧める前に、ご自分でもしっかりと現実を調べてみてくださいね。

もしそれらが目に入らないくらいマクロビオティックやら電子レンジ絶対否定にめり込んでしまっているなら、それは救いようがないです。けど、それはママさ んの価値観なので、お好きにどうぞ。電子レンジ絶対否定主義やマクロビオティックを広める団体とかブログでも始められて、お好きなだけ発信してください。 でも、”絶対”が嫌いな私のような人のとこへわざわざ出ばっていっての押し売りは、ご遠慮ください。

あと私は、桜沢さんの正食協会と、クシさんのマクロビ学校の日本支部やアメリカ本部が二大本流の”正しい“マクロビだと理解しています。自分もそこで勉強 したり、そこのマネジメントをしていた先生や友人たちから、直接教わっています。ママさんが、これ以外の”正しい”マクロビをご存じでしたら、ぜひともお 教えくださいね。興味あります。

最後に、マクロビを1年以上続けると病気になる説についての私の意見は、うーん、極端ですが妊婦さんや育ち盛りの子供ならあり得る話かも。マクロビは、動物性蛋白質と生野菜を否定しているので、アミノ酸と酵素が不足しがち。特にそれらを必要とする妊婦さんと子供には、1年くらいで病気という害がでやすいかもしれません。

また普通の病気でない人は、100%マクロビの茶色いごはんには、まあ1年くらいで味覚が飽きるでしょ(私もそうでした)。健康的だけど、食べるグルメの楽しみがない病人食だもん、あのごはん。

というわけで、ゆるマクロビにして、週に2回は肉魚も食べる。温野菜だけでなく、生野菜(ローフード)やジュースも時々食べる。それくらいの7割ほどほどベジタリアン=グリーングルメで行っときましょう、といういつもの結論でした。ではまた。

なんでも絶対が苦手なゆる・ダイエッターの方も、
↓を応援クリック下さい。
    記事への反応の目安にしています↓

        人気ブログランキングへ

7月 15, 2009 20【2食事分野】): |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/45638086

この記事へのトラックバック一覧です: 電子レンジ絶対否定と“正しい”マクロビへのご質問:

コメント

桜子さん、連日いろんな方たちからののコメントへの返答、大変ですねぇ。思わず苦笑してしまいました。20年前の私だったら同じような質問をしていただろうなぁ。。。と。

我が家にも、電子レンジはありませんでした。ありえませんでした。白い砂糖、小麦粉など、精製された食品はすべて体に悪いとばかり否定し、ジョージ桜沢さんの理論を勉強し、極端なマクロビをやっておりましたよ。鶴見先生のご指導の下、卵巣膿腫もマクロビで治しました。約12年前から一般食に戻りましたが、いたって健康。今は電子レンジも桜子さんがおっしゃっているような使い方をしますし、魚やお肉もほぼ毎日食べます。でも、自分の体がわかるのですよね。お肉を食べ過ぎたりすると。そんなこんなで、桜子さんが提唱していることを読んだ時、そうだ、そのとおり、と納得できたのですよね。

マクロビを一生懸命実践されることは、すばらしいことだと思います。でも、極端に排他的なってしまうのは、私も経験者なので理解はできるのですが、それを実践していない人、もしくはやり方の違う人に目くじらをたてるのはどんなものかと。

24,5年前、アメリカでは周りの友人でもベジタリアンの人が何人かいたのですが、先日、10何年ぶりとかで会ったら、そういう人たちが、ベジタリアンをやめ、極端にデブフードに走るようになっているのを目の当たりにしたのはちょっとショックでした。やはり、極端なのはいけませんよね。

人生も食生活も、バランス感覚が大切、と思う昨今です。

★桜子お返事です:

けろっぴさん同様、私も1年弱ほど、極端ながちマクロビアンだったので、100%極端に走っているときの盲愛状態は理解できるのですよ。だから、相手にするのはばからしいと思いつつ、つい

「はいっ、力入りすぎてるっ!もっとゆるめてー」

と、インストラクター状態でおせっかいな長返事しちゃうのです。一度は思い切りはまったほうが、そのあとの人生ではっと我に帰れるので、極端を極めることも必要ですけどね。他人に押し付け始めると、ほんと宗教と同じで世間迷惑です。

まあこういう人たちも悪意ではなく、自分が気づいたこんなに素晴らしいものを、他人にもできるだけ広めたいという気持ちからだったりする。でも実はそういう、善意(と自己満足している)の押し付けが、一番やっかいです。かつての自分も含め、苦笑いしつつ思います。

とはいえ、こういう盲愛中のひとたちが何を言おうとどんな病気になろうと、本来は私には無関係。スルーしたほうがいいんでしょう。けど、とりあえずこのブログまでわざわざのり込んできた方々へは、押し売りお断り!とびしっと言っておきたいだけ。今後は面倒だから、あまりやりたくないですけどね。

>ベジタリアンをやめ、極端にデブフードに走るようになっているのを目の当たりにしたのはちょっとショックでした

私もうちのクラスに4人いた100%ベジタリアンが、半年後2名脱落して、うちひとりのイタリア系の女の子は、チーズ狂いになりました。イタリア人の伝統食ともいえるチーズを無理やり我慢していたので、ついにぷっつんきたらしい。そしてその反動で、ものすごいチーズ大食いに。みるみるおデブに。

あと、母親にマクロビとかヴィーガンを強制された子供は、大人になって食べ物選択の自由を得ると、ジャンクフードマニアになるそうです。子供のころの節制を埋め合わせるようにね。なんでも極端、100%に走ると、反動で悪い方へいく。この世は、自然にバランスがとれているなと、苦笑しつつ感心する今日この頃です。

投稿: けろっぴ(桜子お返事付き) | 2009/07/15 13:21:39

こんにちは。いつも楽しく拝見しております!
私は以前は20キロ重かったのですが、その後の20年近く、軽く体重の上下をしながら年を重ねてきてます。桜子さんの情報の扱い方がすごくしっくりきます。(論理的、科学的、経験も交えての)。

今回のマクロビの記事や前回のローフードも結局宗教的になってますよね。私も10年ほど前に断食道場へ行き、そこでマクロビと出会い、玄米を食事に取り入れるようになりました。でもやっぱりマクロビ的食事とかローフードとかって胃に重くてとても食べられないっていうことが多々あります。それを体が欲すれば食べるし、ちょっと内臓を綺麗にしたいときなんかは玄米小豆粥を食べたりしますが、毎食はとても無理だと感じているし、そういう時に無理やり口に入れても消化も吸収もない感じがしてます。むしろ害になっている感じ。

私はダイエットって常にしてるのですが、なかなかできなくて(!)、いつも自分の体が欲するものを食べ(朝は昆布水とフルーツにして、昼はできるだけ蕎麦、夜はご飯におかず、ビールも飲んで)、週に3回くらいジョギングをしてダンスのレッスンをして、、、って感じで常に下半身に少し肉付きの良い体型なんですが・・。以前は大酒飲みでタバコも吸っていましたが、健康のため止めた今、そういう嗜好品やたまのノーティーフードって心のバランスを取る上ですごく重要なんだと実感しています。常にキラキラ、酵素パワーで平和に暮らせたらもちろん良いかもしれないけど、結局、人間としての必要な闘争心まで奪ってしまうような・・・。もちろんいつも桜子さんがおっしゃっているように、それが心身に合う人は続ければ良いわけですが。だから必死に桜子さんの意見に攻撃してくるマクロビアンやローフーダーはそれで心のバランスを取っているのかな??動物性たんぱく質取ってないわりには、攻撃的なのが笑えます。視野が確実に狭まってますよねー。結局、人間は天使ではないし、どこかでバランスを取らざるを得ない気がしてます。

そんなこと言いながら弱気な発言でなんですが、最近はこういう自分の体型とか体質ってあまり変えられないのかなぁと長年自分の体を付き合ってきて少し思い始めました。本当は線が細くてしなやかな体に憧れるけど、もともとみんながみんな大体同じような理想に近づこうと躍起になるのは可笑しいかなぁと。今更そんなこと気付いたの?って笑われそうですが、自分の中では一つの大きなステップです。

今はスロージョギング(ためして合点でやっていた画期的なジョギング!ミーハーですね)とアロママッサージで太もものセルライトの改善を目指して地道にやってます!あとオヤツには自家製寒天ゼリー。これはお腹に効きます!

これからも桜子さんのブログを楽しみに拝見させてくださいね!応援しています。

★桜子よりのお返事:

私が書いたのか?と思ったほどの、賛成ポイントの多い長文力作コメント、ありがとうございました。

私も、人間ちょっとの毒、体に悪いもの、ネガティブな感情とかは、2-3割くらいは必要。それも踏まえてこそ、あとの7-8割、明るくポジティブでやっていけると思うのです。だから、基本的に体にいい植物性フードも7割、あとの3割は、消化困難で体に負担がかかる肉魚も食べる。

メンタルでいえば、きれいごとばっかり言っている心理学系の人や、自分の方法のいい面ばかり教えているダイエット指導者も、ちょいと新興宗教みたいでうさんくさい。たまには、うーっこれだけはやめらんない!というデブフード食いやら暴飲暴食、軽い嫉妬や落ち込みをしちゃうくらいの人のほうが、人間として信じられるし、バランスがいい気がするんですよ。

>そんなこと言いながら弱気な発言でなんですが、最近はこういう自分の体型とか体質ってあまり変えられないのかなぁと長年自分の体を付き合ってきて少し思い始めました。

そうですね。私も、自分の骨太、広い肩幅、ダイエットしても丸っこく見える体型がいやで、線の細い和風美女になりたい!と、20代の頃に思っておりました。が、外国にいってパーティーとかで胸元がどーんと開いたイブニングドレスを着たとき、

「おっ、鉛筆みたいな体つきが多い日本人女性にしちゃ、ドレス似合うメリハリあるじゃあないの。ちょいとダイアナ妃体型だね」

とイギリス紳士のBFに褒められて(もちろんお世辞入り)以来、

「そっか、これが私の個性だから、それを生かして押し出したほうがいいのかも」

と、目からうろこでした。その後、ハイファッションの世界に入ってスーパーモデルや一流スタイリスト、デザイナーたちと仕事をするようになってから、

★一流モデルは、どこかに欠点、自分では嫌っていた点があり、それをユニークな個性に変えることができた人である

ということも体感できました。だから今は、無理に細いモデルを目指すよりも、自分がもともと持っている雰囲気、イメージを最大限生かして、ユニークな個性に変えてアピールするほうが、本当の美女になれる、と思うようになりましたよ。

イェスルさんは、スロージョギング、自家製寒天ゼリーと、新しい美健楽法も取り入れつつ、楽しんでダイエットなさっているよう。(私はスロージョギングは、3日で挫折しましたー。せっかちだから、合わなかった。)あとは、自分のまだまだ隠れた個性という軸を、美健楽法とココロケアで、体と心の両面で引き出して鍛えていけば、中身もますます素敵になれると思います。

もちろん私も、一生修業中の身。ご一緒に、美健楽をEnjoyしていきましょうね。

思い込みが激しい100%主義の方々からのコメント続きにうんざりしていたところ、ゆるくもさわやかな美健楽マスター的コメント、ありがとうございました。

投稿: イェスル(桜子お返事付き) | 2009/07/15 11:58:27

コメントを書く