« 【画像】美女ごはん2日めメニュー | トップページ | ホリスティックDIETとは全体的共通項取り(世界一の美女本まとめ) »

早くも肉食い半挫折宣言(3日目の感想)

    さて、世界一の美女になるダイエット3日目を終えた時点での感想と、改良方法です。+が良い点、-は改良すべき点、ついていけない点です:

    ★ー+顔と体が脂っぽい、しっとりともいえるけど、べたつくー!(あと予測してましたが、肉魚のアミノ分解のために体臭が今までよりきつくなりました)

    2009-0522-164726.JPG
    【写真】たまに美肌チキンスープを本格的に作りますが、だしをとるまえにオーブンで1時間ほど焼いて、徹底的に脂をとるというのがシェフのコツ。これだけ脂がでるんですよ。肉は悪い食べ物じゃないけれど肉の”脂”は悪いことが多いので、なるべく避けるようにしています。

    毎朝起きたら、顔が18歳の頃くらいに、脂っぽくててかてか。ボディの分泌皮脂も増えて、全身の肌が脂っぽい感じがする。魚の脂、ナッツの脂で、1日の摂取油量がかなり増えたせいでしょう。クリームいらずだからしっとりでいい、ともいえる。

    あとは、吹き出物ができなきゃいいんだけど。。と思っていたら、やっぱり来たー。

   
           世界一の美女DIETレポ、
        続きを読む前に、
        1日1ポチだけ応援クリック下さいね。
          
    人気ブログランキングへ
   

    吹き出物しらずの私には珍しく、顔に大人ニキビがぽつんと2つ。これは私にとって、チョコの食べすぎでたまに起きる、”余分・過剰の脂質”のサイン。

    さらにびっくりしたのが、ボディに吹き出物が2つもできちゃった。これは、私にとっては今までにない現象。体が、ナッツやドライフルーツ、なじみのない動物性脂なんて、欲しくないよーと抵抗して、余分な脂を肌からだそうとしているのが、吹き出物(大人ニキビ)の原因ですから。

    改良法としては、うーん、一日に食べるナッツと肉魚の脂の量をもっと減らしますか。白人系のエリカさんとは、小さい頃から食べ慣れているナッツや肉脂の量が違うから、単純にまねしたら痛い目にあったというわけでしょう。

    というわけで、エリカ本ではおやつとサラダのトッピングとしてナッツを使っていたけど、私はおやつ限定に変更。しかも1日5-6粒までとかなり量を絞ることにしました。(1-3日目は1日の合計で、片手に乗る分、10-15粒ほどだった。)でもその分、ドライフルーツ(わたしはドライフルーツ全般が嫌いなんだけど、唯一許せるドライイチジク・無添加・ノンシュガーを愛用)の量は少々増やしてもいいかもね。

    ★+?体重と体脂肪は微減だけど、まだ誤差の範囲内:

    ちなみに体重は3日で、ー0.5Kg減。体脂肪はー0.3%減。これくらいだと誤差の範囲内なので、効果ありとはまだいえない。

    またこれは、寝る前にちょっと空腹だと思いつつ寝たり、豆乳でごまかしているおかげだと感じる。ダイエットしてるという意識があるので、ちょっとした空腹なら我慢できてしまうという、心ケア的メリット。必ずしも、このダイエット法のメリットや効果では、ないでしょう。

    ★+このダイエット、全体的に腹持ちがいい。だから、朝10時、昼3時に食べていたカーボおやつ(甘いもの)や、黒砂糖でこまめに血糖値を上げる必要が減ってきた。甘いもの・カーボが減ってきたのは、大きなメリット。

    この腹持ちのよさの原因は、消化に負担がかかるたんぱく質を多めに食べていることと、高カロリーの油をナッツやドレッシングで多めにとっているからかなあと感じる。でも同時に、胃が重くてすっきりしないというデメリットがある、ともいえる。腹もちのよさと胃の圧迫感は、両刃の剣。

    ★+ーお通じ効果は、お昼のサラダごはん(ローフードっぽいもの)のおかげで、初日は1日3回もあった!これはいいかもと思ったけど、もうおなかが慣れたのか、普通に一日1回に戻りました。生野菜サラダをランチに大量に食べているけど、水分の少ない緑黄色野菜中心で、肉魚トッピングとドレッシングオイルがからだを温める効果があるので、思いのほか冷えはひどくない。でもやはり以前よりは、じわーんと手足の先が冷えているのがわかるけど。

    ローフードとか、生野菜の食物繊維の便通効果って最初はあっても、すぐ体が慣れちゃうのよね。コントレックスとか銀座まる●んの下剤を飲んで最初はこれいい!と思っても、すぐ慣れて効果がなくなるのと一緒。でもまあ食物繊維は、体のすっきり感のために必要なので、海藻、きのこ、生野菜で、一定量を毎日とることにします。

    それ以外に、生野菜やローフードの酵素効果とやらをうたう健康法は多いんだけど、私には体感できません。もともと私は酵素ビジネスに懐疑的。酵素のメリットなんて、生活者が体感できない理論的なものだから。それをうんちくだけで煽って美肌になるとか代謝アップでやせるとかいうのは、典型的な化粧品ビジネスの仕組みといっしょ。

    その証拠に、マクロビオティックやなんらかの健康法を提唱したひとたちって、すぐばか高い“酵素サプリ”とかを化粧品みたいに売り出して、お金儲けするでしょ?体感できないうんちくメリットは、それを信じたい美容オタクやアンチエイジャーをカモにできるので、お金になるから。

    そんなサプリ飲むよりは、つまり青汁、野菜フルーツあたりの自然な食べ物から酵素をとれよー!って思うほうなので、酵素効果とやらはよくわかりませんわ。もしも、これが酵素効果だ!としっかり体感できているローフーダーや、ナチュラル・ハイジーン信奉者がいらしたら、感情的ではなく冷静に教えてくださいまし。

    ★ー結論として、最大にしていちばん切実なデメリットは、1日2回の肉魚食い!肉食系タンパク質をそろえるのにも食べるのにも、胃とお財布が3日目にしてギブアップ。卵や豆といった草食系タンパク質も交ぜていいことに変更します:

    なんかタンパク質(魚メイン)を今までの3倍量食べるのが、胃に重くて負担でしかたない。魚は好きだけど、無理に量をたべなきゃというプレッシャーがあって、魚が嫌いになりそう。 あと、のどのかわきも相変わらずすごい。タンパク質ってほんと、体に消化の負担をかけるのね。日本人は牛乳消化酵素も少ないけど、肉消化酵素と、魚貝類でも大量に食べたときの消化能力は、欧米人より低いのでは?と感じる。

    また、いいタンパク質を日本で買うには、お金もものすごくかかる。オーガニック野菜を買うより、オーガニックや自然育ち(養殖ではない)の肉魚を買うほうが、ずっと高いんだよー。そりゃあオーガニックや牛豚鶏さんは、オーガニック穀類・野菜(飼料)を食べているし、養殖でない天然ものの魚は稀少だから、オーガニック野菜よりも値段が2倍以上するのは当たり前だけど。

    外国にくらべたら日本では、いい魚はお手頃価格で手に入るけど、それでもこのダイエットでは、タンパク質を食べる量が多すぎるから、高くついてるの。1日目にサラダにのせた鮭1切れ50g分で300円(刺身クオリティ)だったから、2切れ食べたら1食600円!うーむ、これでは破産しちゃう。昼食と夕食で魚肉系だけで、合計4切れはほとんど無理!

    日本で続けられそうな解決法として、今後はタンパク質の半分を、卵やチーズ、安い魚や魚の加工製品、豆や豆類加工製品で置き換えることにしてみる。あと、オーガニックを妥協して、普通の市販品の照り焼きチキンとか焼き魚といった、素材がシンプルにわかる”肉魚かたまり”デリ(おかず類)を買えば、もっと続けやすいかな。

    最初の1週間はこの本どおりに”肉食いダイエット”を続けたかったけど、

    顔やボディの脂っぽさと吹き出物と
    ずーんと慢性的な胃の重さ
    お金がかかりすぎる こと

    というトリプルデメリットに、これ以上耐えられません!と、早くも肉食いには半挫折宣言です。肉魚のかたまり食いは、せめて1日1食、できれば1週間に3回ぐらいにとどめたい。私ら草食民族(農耕民族)の日本人の祖先も、伝統的にそうだったんじゃあないの?肉食いは、ローカーボダイエット=ハイプロティンダイエット(プロティン偏重ダイエット)を生んだ、肉食民族の欧米人にしか合わないダイエット法じゃないの?と結論付けつつある、日本人の桜子でした。

    記事が面白かったら、1日1ポチだけ↓応援クリック下さい。
    記事への反応の目安にしています

        人気ブログランキングへ

7月 30, 2009 45【5四部門総合】DIET |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/45781081

この記事へのトラックバック一覧です: 早くも肉食い半挫折宣言(3日目の感想):

コメント

コメントを書く