« 禁煙・禁酒・ダイエットの共通法則 | トップページ | マック利用ワンサラダで幸せ休日ブランチ »

スムージーDIETとプチ断食のコラボ(9月サナトリウムツアー募集予告?)

★正午過ぎに、大幅加筆をしましたので、更新日時を変更しておきます。それ以前に読まれた方は、もう一度どうぞ:

     今朝、twitterつぶやきで、今週から突然始めた、

    ★2週間のスムージーダイエット(別館グリーングルメブログで関連記事書いてます)と、
    ★週末プチ断食+春夏秋冬の施設断食

    について書いてみたので、転載します。9月に石原サナトリウムに行こうと思ってるんだけど、若干名同行者募集!を、このブログでかけるかもしれません。

    DVC00027.JPG
    【写真】恵比寿ガーデンプレイス内にあるお気に入りの”スムーチ”というスムージー屋さんで、コスト度外視の2週間スムージーダイエット!を発見したので参加中。スポーツクラブでの2回のボディチェックを含め、14種類の最上品質スムージーがなっなんと3200円(アンケートお答えしたら)で味わえちゃう。

    普通は1杯390-590円もするスムージーが、1杯200円ちょっとですって!ボディチェック2000円なりを引いたら、1杯100円切っている。。。うーん、これは安すぎる、怪しい。駅の安っぽいジュースバーのジュース(というか水)よりも安いじゃないの。水増しでもしてるんじゃ。。。(笑)

    と疑いつつ参加してみたら、ほんとにほんまもんの、普通にお店で売っているスムージー、しかもSサイズばかりでなくMサイズの日も。社長さん、これ、マーケティング的に間違ってるよー、安すぎるよ~とマーケターの桜子は叫びつつ、客としてはありがたく、参加しているのでした。恵比寿ガーデンプレイス、お近くの方はぜひどうぞ。8月末までだったかな。

    まっ、それはさておき、以下、twitterより(多少の加筆修正あり)転載:

    今朝はこれから、久しぶりのスポーツクラブ。この5日間、夏休みでクローズだったので、嬉しい!とはいえ、外のジャグジーで朝の露天温泉気分を味わうのが、一番の楽しみ。運動、うーん、基本嫌い(笑)なので、プールでまったり泳ぐくらいの有酸素運動してきます。

    2週間のスムージーダイエット、半分ほど過ぎた。これ、基本は1食置き換えで、いつもは朝食がスムージー。でも今日は、グラノーラ入りの重いスムージーにして、昼ごはんを置き換えてみよう。1食置き換えダイエットでは、夜→昼→朝の順に置き換えると、やせる効果大。明日は夜の置き換えにも挑戦してみようっと。

    そうか、明日は、
    夜にグラノーラスムージー(お粥代わりの回復食)にするなら、
    朝と昼を人参フルーツジュースだけにする
    “半日ジュース断食”でデトックスするのもいいな。
    私は石原都知事と同じ石原断食施設の会員なので、月に1-2回週末断食、3か月に1度施設で4日ほどのジュース断食が定番なのです。

    世の中には“断食”という言葉に反感を持つ人たちが多くて、そのデトックスメリットが普及しにくいのは残念。世界の長生きエリアには、必ずジュース断食の習慣が伝統的にある。最低限の糖分とビタミンを飲み物で取りながら、固形物のみ絶って胃腸をデトックス・リフレッシュするのは、とても快感なのです。

    続きを読む前に、
    1日1ポチだけ↓を押して、応援クリック下さいね
        人気ブログランキングへ

日本では修行僧が行う、水断食というのがあるでしょ?でも私はあれには絶対反対!で、一度自奈良のお寺で挑戦して、気絶しかけたことがあります。本当に食を絶ってしまい水だけにすると、低糖症状で命の危険もあるのでやらないこと。あくまで、食ではなく固形物断ちが、世界の定番健康法なのです。

日本の修行では、”おかゆ断食”というのもあって、私はこちらは半日から1.5日間ほどの短期間ならジュース断食、固形物断ちに近い、いいデトックス法だと思います。ちなみに、アメリカのマクロビオティックには、お勧めプチ断食として、゛玄米おかゆ”断食というのがあります。これもたぶん、日本の修行僧の伝統的食事法、おかゆ断食、水断食からの回復食としてのおかゆとあたりからヒントを得て、アメリカで広めたんだと思います。

でも日本のマクロビオティックでは、この玄米おかゆ断食はお勧めも教えてもいません。それはなぜか?日本ではわりとタブーみたいで知られてないようですが、この玄米おかゆ断食を1週間以上の長期でやった病気のアメリカ人たちが何人か亡くなってしまい、USマクロビオティック団体が訴えられたという”黒歴史”があるからだと想像します。

まあ、半日から1.5日以内なら、健康な人には問題ないとは思いますが、あくまで自己責任でどうぞ。玄米おかゆなら、玄米のビタミンも豊富で腹もちもジュースよりずっといいので、私もたまに玄米おかゆでプチ断食を1日だけやることがあります。

健康な人が自宅でできるプチ断食・ジュース断食は、せいぜい半日(2食)から1.5日(4食)まで。それ以上になると、断食歴15年の私ですら、TVやいろんな食の誘惑に負けて、ゆっくり回復食をたべることができずに、どか食い→失敗!してしまうのです。

プチ断食は、固形物を絶つよりも、絶った後ゆっくりと普通食に戻すプロセスが一番大事。よく素人が本などをかじって自己流プチ断食をしますが、ほとんど失敗して胃をいためたり、体力がどっと落ちたりすることが。これは、プチ断食をしたせいではなく、プチ断食からの回復食(それが重要と思っていない)を失敗して、いきなり普通食をどか食いするからなことが多いです。

    あっ、これ書いていたら、そろそろ夏の終わりの、長めのデトックスしたくなっちゃったなあ。9月の石原サナトリウムの予約を入れちゃおう。伊豆の大自然の中、ただしゴルフ場の真ん中にある施設なので、都知事や政治家、有名人たちがジュース断食を口実にゴルフもできるというので集まる処なのです。

    季節の変わり目には気候が変わるので、体も新しい気候に備えて変わらなきゃ!と準備したいリセット欲求が高まります。ただしデブフードや仕事ストレスで鈍くなっている五感と体の人には、そういう自分の体の声は聞けません。結果、体と心の悪いオリをため込んで鬱やメタボになるというわけ。分かってみれば、単純な話。

    かく言う私も、かつて仕事に熱中してばりばりキャリアウーマンをEnjoyしてたので、そうでした。で、30代後半でしっぺ返しがきて、体脂肪率40%の立派なメタボデブで子宮系の病気で手術、また精神科のお世話になる鬱患者へと“燃え尽き”ました。辛かったなあ。

    でもその病気のおかげで、突っ走っていた人生このままじゃあいけないと覚醒。いいワークバランスやLifeMissionsを見つけられたので、今では” 病気になって良かった”とさえ言えます。病気になった直後は、なんで私が!?なんで私ばっかりがこんな目に!?と、被害者意識がんがんだったんですけどね。

★病気になったのは天の声が、【一度、立ち止まってゆっくり考えてごらん】と、人生を考え直すチャンスをくれたんだと、今では考えています。

    朝から重苦しいつぶやきで、すみません。言いたかったのはつまり、

    ★Be healthier, be happier!です

    そうそう、昨日の記事で”コールドターキー”というデトックスについて書きましたが、あれは実は、この”施設断食”のように、

    ★一定期間、きっぱりと中毒の元を絶ってデトックスすることです。

    イギリス人に聞いたら知らなかったので、やはりアメリカの健康系スラングみたいです。それではまた。

    記事が面白かったら、
    1日1ポチだけ↓を押して、応援クリック下さいね
        人気ブログランキングへ
    更新を続けられるエナジーになります

8月 22, 2009 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/45994119

この記事へのトラックバック一覧です: スムージーDIETとプチ断食のコラボ(9月サナトリウムツアー募集予告?):

コメント

コメントを書く