« ホリスティックDIETとは全体的共通項取り(世界一の美女本まとめ) | トップページ | 美女にNGのアイスで息抜き »

世界一よりアジア一の美女になるDIET

    昨日の記事の後半について、ダイエットコーチさせていただいているクライアントの方がこのニュースをご存じなかったので、転記・追記しておきます。また、昨日、これに関して新しいニュースがとびこんできたので、それも追記;

    私ら日本人は、(白人系男性の日本女性に対する、下品で間違った”GEISHA”嗜好に媚びて)世界一の美女になるよりも、

        ★アジア一の美女になる!

        のを目指したほうがよさそう。つまり、むりやり外国産や欧米人には食べなれた伝統的健康食材、肉、ベリー、フルーツ、ナッツなんぞを食べなくても、日本人・アジア人が伝統的にたべてきた健康食材で置き換えするように考えたほうがいいのではないか?そのほうが、その土地にあった食材を安くで手に入れ、草食・農耕民族であるアジア人・日本人がDNA・体質的に美味しい!と思えるものが食べられそうだから。

        なーんて思っていたら、ネットであの衝撃的な“2009年ミス・ユニバース世界大会用のナショナル・コスチューム”とやらを見てしまった。うーん、ショッキングピンクのガーターベルトにレオタードの下半身丸出しで、上が不自然な黒の革の振袖!?

    こちら↓が国辱ものの、2009年ミスユニバース・世界大会用ナショナルコスチュームだっ!

    続きを読む前に、
1日1ポチだけ応援クリック下さいね。
   
    人気ブログランキングへ

    MissUniv1.jpg   

    いっいや、これ、欧米で長く暮らし、パリコレでファッショニスタと仕事していた私には、欧米でアピールしたいデザイン意図はよっくわかるよ。たしかに白人系のドナルド・トランプ(ミスユニバースの大会主催者)みたいな下品な成り上がりのおっさん(昔ウォール街にいたとき、私ちょいと仕事したこともあるの、このおっさんの会社と。)は、こういう”GEISHA”コスチューム、大好きだろうなあ。

        でも、日本人女性の品格のかけらもない、売春婦(プロスティチュート)テイストといわれても、まあ仕方ないデザインにまで堕ちてる。そこまで白人系の趣味に媚びなきゃ、日本女性は世界一の美女になれないんだろうか?じゃあ世界一の美女なんかに、ならなくてもいい。アジアで自分が一番の美女だと、自分で思えたらいいんじゃないだろうか?と思う、桜子でした。

    というのが昨日までの記事だけど、今日新たに飛び込んできた下のニュースによると、この衣装、やっと変更されたらしい。世界一の美女になるダイエットを書いたエリカさんの上司、ミスユニバースジャパンの総合プロデューサーであるイネスさんというフランス人女性がいるんだけど、その人が日本人からの総顰蹙にたいして、世界でのお披露目直前にやっと折れてくれました。。。

    ★ミスユニバース過激すぎる衣装を変更(7・31・2009)

    この衣装を世界にお披露目する世界大会が、実は今日8・1から始まるはずなのです。この衣装が“日本代表”として世界にさらされるかどうか、一部の日本人がかたずを飲んで見守っていたわけ。この衣装、これをみたほとんどの日本人は恥ずかしい、国辱もの、と感じるようだったので、変更になってよかったと、私もほっとしました。こんなの、外国の友人やクライアントの方々に、”KIMONO"としてあとからいろいろ聞かれたら、答えに困っちゃいますしね。

 イネスさん、結果を出せる有能さがわりに好きなんだけど、この衣装に関して、”ファッショニスタの意見しか気にしない”と開き直ったのは、間違いでしたね。ファッショニスタとは、欧米の有名デザイナーや有名ファッション雑誌のエディターたち、モデル、セレブつまり世界のハイファッションの流行を作りだしたり広める欧米人(主として)のことだけど、私実は、こういう人たちとこの業界(日米欧)で働いていたこともあるんです。

たしかに彼らのセンスは私ら一般人とは違う、ぶっとんだ部分もある。新聞紙風ドレスとか、まっ黒けのカラスドレスとかね。けど、そのファッションが”品格・クラスや永遠性”を持っているか?にはすごくこだわるし、誰かに媚びる意図というデザイナーの俗っぽい功名心は、すごい嗅覚でかぎ取り選別する才能もある。だからこのデザイン、たとえ世界一の美女に選ばれても、ファッショニスタたちにも、絶対評価されないと思っていたんですよ。

    でも、せっかく世界一の美女になるダイエットが大ヒット本として売れているこの時期なのに、こういうスキャンダルを起こすと、このダイエット本まで色眼鏡でみられそうで心配。このダイエット自体、エリカさんへも、日本人の顰蹙・バッシングが飛び火しないことを願います。まあね、私もさんざん白人系ダイエットと分析しているので、このダイエットはあくまで、

    ★白人系ダイエット指導者の立場からみた、日本人に合いそうな部分もあるダイエット

    だとは思います。でもね、改めて強調しておきますが、

    ★それでも、世界の定番美健楽食事法の共通項、いいとこどりをした、ホリスティック栄養ダイエット法に基づいているから、この本の8割はいいダイエット・食事法だと思っています!

つまり、白いカーボより茶色を食べるとか、オメガ3と9オイルを意識的にとるとかの、”基本”は正しいの。それを、全粒粉の“パン””玄米でなく雑穀米(外人には、玄米がやわらかく食べやすく料理・消化できないからでしょう)”とか”アボカドオイル・アーモンド”とかの、日本人になじみがなく口に合わない、入手しにくく値段も高い外国かぶれの”応用”食材をお勧めしているところが、30歳+日本人には合わない。

    あとは、それを、

    ★私ら日本人が、基本に沿って、自分たちの嗜好・伝統・地元日本の食材や和風レシピに、アレンジしていけばいいだけ

    なのです。というわけで、来週からは、この本をエリカ流ではなく、どう桜子流に日本人・日本に”自然に合わせて”アレンジしていくか?という、

    ★世界一の美女になる、いや、アジア一の美女になるダイエット・アレンジ版

    の実践レポートをお届け。このダイエットをベースに大胆アレンジして、続けていきたいと思います。さらに、これまた私のダイエットコーチの日本人クライアント(お客様)な方から、

    ●私、自宅に包丁とまな板もないくらい料理できないんですけど、それでもこのダイエットやホリスティックダイエットできますか?

    という、衝撃(笑)のご質問をうけました。そう、わたくしのクライアントさん、非常にお忙しく世界をとびまわるキャリアウーマンも多いので、料理をする時間がない、料理が嫌いで外食オンリーな人、わりといらっしゃるんですよ。特にNYやカリフォルニアの女性たちは、料理よりも仕事に私の才能と時間を使うほうが有意義!と割り切っていらっしゃる方が多いから、料理しない人がいても私は別にいいと思ってます。だから私もつい、

    ●よしっ、では、なるべく外食・市販品を組み合わせて、まな板・包丁をほとんど使わずにできる超お気楽法も、考えてみましょう

    と、ひきうけちゃった。このダイエット本を実践し始めたら、たしかにやたらと冷蔵庫がぱんぱんになって、いろんな料理をしなきゃいけなくなった。お財布とてまひまは、”お気楽”でなくなる傾向があって、私自身ちょっとうんざりしてもいたから。使い慣れない外国食材を買ったり、外国レシピ(スーパー美人サラダなど)で料理したりしているせいでしょう。美健楽ダイエットの”楽”を強調すべく、お気楽アレンジもがんばります。それではまた。

世界一よりアジアの美女になればいい!に賛成な方も、
    1日1ポチだけ↓応援クリック下さい。
 
    人気ブログランキングへ

8月 1, 2009 45【5四部門総合】DIET |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/45798880

この記事へのトラックバック一覧です: 世界一よりアジア一の美女になるDIET:

コメント

なるべく歩くようにしたり階段つかったりして
2キロまでは痩せたんですけどそこからはなかなか・・・
やっぱり食事制限をしないと駄目なのかもしれません

★桜子お返事です:

運動と食事。優先順位はまず食事で、それを変えるだけで運動なしでもやせられると思います。さらに、体のラインを整えたいなら、運動というほどでもないエクササイズは必要かな。

まあどちらもほどほどに、やってみるとよいと思います。私?暑いので、なかなか運動する気になれない。。。

投稿: へっぽこダイエット(+管理人お返事) | 2009/08/02 12:57:58

コメントを書く