« 世界一よりアジア一の美女になるDIET | トップページ | 和食好きの逆襲:和食食材と風味への飢え »

美女にNGのアイスで息抜き

プチ休み

世界一の美女になるダイエットを、原本に忠実にほぼ1週間続けたので、土曜日は胃のプチ休息日にしました。なにが食べたいかな?と胃腸に尋ねたら、

★ハーゲンダッツの新発売フレーバーのアイスクリームとコーヒー
(プラス、まんが。まあこれはいつも数冊買ってますけども)

世界一の美女になるダイエット本では、アイスクリームは老化の原因なので絶対NGフードです。でも美健楽ダイエッターの辞書に”絶対”の文字はなく、なるべく、できるだけ、たまには、、、などが基本。だから、たまのアイスクリームも別にいいじゃないの。ということで、罪悪感なく楽しんでいただきます。

また、アイスクリームは絶対だめ!と本でいっているので、”絶対”といわれると逆にあこがれが募ってたべたくなるはず。だからたまに”息抜き”して、どうしても食べたくなったら、食べさせてあげるよ、と、体に安心感を与えておく心ケア的目的もありました。あとは、単なる新発売商品好き、ですね。

で、いざ食べてみたら、

続きを読む前に、
1日1ポチだけ応援クリック下さいね

          
    人気ブログランキングへ
   

うっ、あまい。甘すぎる。というわけで2/3くらいで挫折しかけました。コーヒーの苦みで打ち消して、やっと残りもおいしく感じられた。白砂糖に対 する”甘味力”と、高脂肪・生クリームに対する脂肪力がどんどん低下しているので、こういうデブフードをたまに食べても、食べるのに時間がかかるように なってきました。まあ、いいことですわね。

ちなみに、ホリスティック栄養調理学一般でも、アイスクリームはNGフード。動物性の高脂肪、しかも牛乳ベースだし、それに卵、白砂糖どっちゃり、 しかも冷たいので甘さに気づかずに大量の白砂糖を摂取して、体をがっつり冷やす。というので、世界のどんな健康食事法でも、アイスクリームは麻薬性のある デブフードで、さけたほうがいいのです。

でもね、一度このグルメなおいしさを味わっちゃった近代人の私らには、アイスクリームを一生食べない!世界一美女本がおすすめするフルーツシャーベットでいいのよ!なんて美意識が高いまね、できませんわ。私、意志も弱いし。

そういう健康志向+グルメな方は、アイスクリームほど不健康ではないけど、シャーベットほど健康すぎない、代替品、いや中間品、を求めるのです。健康とグルメのバランスをどこでとるか?ですね。

ホリスティック栄養調理学を元に、私のグルメ経験もかねて、私が考える
【不健康どグルメ→健康的フードの氷菓子の順番】は、

グルメ度→健康度の順に:

1●高脂肪グルメ・アイスクリーム (生クリーム使用)

2●低脂肪グルメ・アイスクリーム (低脂肪ミルク使用)

3●植物性脂肪・アイスクリーム(豆乳アイスなど)

4●白砂糖・シロップ使ったアイスキャンディや 安い色シロップをかけたかき氷

5●フルーツ使った低脂肪シャーベット

6●白砂糖ではなく茶色の糖分を使った フルーツシャーベット

7●沖縄のぜんざい(煮豆と氷にシロップ) できれば黒蜜をかけると、もっと健康的

8●フルーツをそのまま凍らせてシャーベット状にしたもの

なかでも、欧米のベジタリアンに人気で、日本ではまだまだ知られていない“健康よりのグルメアイス”として、

★ナッツミルクとココナッツミルクを半々につかった、ヴィーガンアイスクリーム

が、私は一番のお気に入り。レベル3あたりのもので、私が卒業したホリスティック栄養調理学校では、一番人気だったんです。でも、日本ではナッツミ ルクがほとんど売られていないので、レシピ知ってるんだけど、作れないんです。日本では健康アイスといえば豆乳アイスだけれど、豆乳アイスってなんかこく が物足りなくて、私には健康すぎる感じ。

広尾のナショナルスーパーあたりにいけば、ナッツミルクあるかしらね。今年の夏中には探して、一度作ってみましょうか。

そうそう、最後になりましたが、ダイエットにとても役立つコツをひとつ:

★アイスクリームなどのNGフードは、たまに食べてもOK!でも食べた後、食べながら”デトックス”しておくと、NGフードの害がすみやかに減らせる、のです。

たとえば、アイスクリームを食べたあとには、お湯やお茶を多め飲んで高脂肪・高血糖値でにつまった体をゆるめる。また、体を乾かす害があるコーヒーを飲むときは、コーヒーと同じ量から2倍の水を飲みながら飲む。つまり、お酒のチェイサーにみたいに、コーヒーの害を薄めながら飲む、ってことですね。

★デブフードの害も、水(お湯)で流してしまえっ!

ってイメージしておくと、わかりやすいかも。慣れてくると、私みたいに、コーヒーを飲むときは水がないと、コーヒーが体から水分を奪って乾かしていくのが体感できてしまうので、コーヒーを飲み続けられなくなってくるのです。ちょいと不自由なようですが、健康の目安としては便利です。それではまた。

            珍しくまじめに更新しているダイエットレポ、
1日1ポチだけ更新リクエスト・クリック下さいまし。
そろそろさぼり癖が。。。の防止にします
          
    人気ブログランキングへ
   

8月 2, 2009 45【5四部門総合】DIET |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/45811192

この記事へのトラックバック一覧です: 美女にNGのアイスで息抜き:

コメント

私も昨日アイス食べました♪みかん入りのシャーベットみたいのです。
甘いお菓子などを食べた後に、温かいお茶やお湯を飲むのはいいですね!
流れるイメージで。(^^)
「働いたら負けだと思ってる」じゃないけど、
「"食べたら太る"って思ったら、負けだと思ってる」
の精神でいきます!笑

★桜子お返事です:

食べたら、その食べ物が体によどむ前に、食物せんいたっぷり食材やらかんたんな運動、温気アップ(半身浴など)で、からだから汗や便といっしょに流しだす!でしょうね。食べたら太るのではなく、食べてよどませたら太る、といえましょう。

シャーベット、きらいじゃないんだけど、夏は日本のスイカが美味しすぎて、シャーベットよりもすいか!なのです。利尿作用もあってデトックスできるし。

でも食べすぎちゃうので、たまにすいかを四角く切って種をとり、そのまま凍らせた”シャーベット”にします。ブドウやパイナップルなど、今の季節のフルーツは、自然にシャーベットになるので、お気楽で助かるわー。

投稿: 麻美(+管理人お返事) | 2009/08/02 17:50:22

コメントを書く