« 進化するコンビニ野菜スープの健康指向 | トップページ | 田舎人と都会人のベジ健康度(vsグルメジャンク度) »

美健楽人のジャンク許容度レベル

    おはようございます。ここ3日ほど頑張って、1か月ためこんだコメントへのお返事をつけました。お返事だけにしとくのにはもったいない、記事並みに長い長編お返事もかけたので、いくつかピックアップして多少の加筆をして記事に転載します。
    2009-0916-155752.JPG
    【写真】コスモスも花盛りで、すっかり秋ですね~。

    まずは、ここんところ、コンビニ弁当や市販品デリといった、100%美健楽ではないケミカル(略してケミ)入り、でも多少はなんちゃって健康指向フードについて記事にしていたので、それに対する100%ベジタリアンかマクロビアンっぽい方、SOYさんからのご質問です:

    ★SOYさんからのご質問:

    様々な情報を参考にさせていただいております。色々なダイエットを実験し、試しながら検証されているので興味深いです。たまに、ファストフードについて触れておられ、私も一度だけプチパンケーキを買って真似してみたら、私にはあのパンケーキはフルーツでアレンジしても無理でした。油が匂って・・・。北斗さんの弁当やこのスープもいわゆるケミカルさが、漂います。

    私とは鍛え方が違うのか、食べたくなること自体が無いので人が違えば好みが違うってことで楽しんで読むことにします。

    ★以下、管理人のお返事です:

    コメントありがとうございます。お察しするところ、100%ベジタリアンっぽいヴィーガンか、いや多分マクロビアンな方のようですね。

    でも、コンビニ弁当ですって!信じらんない、きーっ!と攻撃的になりがちな、がちマクロビアンとは違って、他人との好みの違いを認めて受け取る、楽しむというゆるいご姿勢が、とても素敵で好感がもてました。ありがとうございます。ですので私のほうもしっかりと心をこめて、お答えいたしますね。

    コンビニ弁当やマックパンケーキといったジャンクフード(ケミカル入り)は、許容度の個人差もありますが、正直私自身でも、その時での体調によって、食べられるときと全く受け付けないときがあります。

    おおざっぱにいえば、仕事が忙しくなってきて外食や持ち帰りデリで、体の中のケミカル(毒)蓄積度が上がってしまった時には、コンビニ弁当みたいなケミカル(毒)入りフードでも、毒が毒を呼ぶので許容度が上がるので、OKになります。

    それをプチ断食でリセットしたあとは、味覚もケミカル許容度もクリーンにリセットされるので、ケミカルの強い食べ物を、全く受け付けなくなります。あと、生理や月の満ち欠けにも、わりに影響を受けるみたい。

    また、ケミカルが多い食べ物は、最初数回美味しいと思えてもだんだん鼻についてきて、体がリピートしたくないと受付なくなります。正直、マックのパンケーキは、今はもう体に抵抗性(拒否性)ができてしまったらしく、食べられなくなりました。仕方ないので、

続きを読む前に、
↓のコスモスを、ポチっと応援クリックしてね
       Br_banner_cosmos_2

    ケミカルが少なめな、”野菜と雑穀のパンケーキミックス”なんたらという市販品を選んで、自分で作って冷凍保存しています。本当は粉から全部自分でブレンドするのが一番なのですが、そこまでの暇がないときも多いので、なるべくましな市販品利用も取り入れているわけです。

    こういうふうに、コンビニ弁当やジャンクフードは、数か月で食べ飽きてしまうという点は、加工サプリメントと似ていますね。ナチュラルな有機野菜や果物は、繰り返したべてもこういう体の拒否反応がおきない。だからやはりケミカルは、体にとって自然で長期的に摂りたい”いい”ものではないのでしょう。

    あと、コンビニフードは自分では積極的に食べたくないのですが、いろいろ試すべき理由も最近できてきました。それは、

    1.個人カウンセリングのお客様は、グルメ(不健康)食の人が多くて、いきなり上級者向けの美健楽食、オーガニック食で自炊する、というのは敷居が高すぎる。まずは美健楽ビギナー向けとして、コンビニや市販デリのなるべく健康な選び方が必要。そういうお客様にお勧めするものは、自分自身でも体を張って、ちゃんと試さなきゃいけないと思うから。

    2.こういうお仕事上の理由のほかに、単純にマーケターの私は、世間の一般大衆向けトレンドが大好き。コンビニは広く流行るトレンドを作り出したり、トレンドを敏感に反映するところ。なので、そこの新商品は、その時代を大多数の人々の嗜好を知る上で、とっても役立ちます。

つまり、コンビニ企画ものやメーカー新商品も試してみたいので、あまり厳しいナチュラル自然食ばかりに偏らない、自然食や野菜”偏食”しないようにしている、というのが2番目の理由です。あえてケミカル毒を少量とって、体が100%美健楽なものしか受け付けないようにきれいになりすぎないようにしてる、ともいえるでしょうか。

自然食やマクロビにはまりすぎていた頃は、自分ではジャンクや肉なんか食べずに済むわ。なんてきれいな私なんでしょう、ふふん!と、変な優越感や自己満足にひそかに浸っていたわりに、あれもだめこれもだめという”偏食”による不自由さが、正直、息苦しかったです。(その時は自分でも、絶対認めませんがね)

    大きなトレンドをコンビニで知る、学ぶことで、多くの人に役立つ美健楽法や料理レシピを、自分でもアレンジしたりオリジナルで開発することができる。だからトレンドウォッチ・分析は、楽しくてやめられません。

    とはいえ、かなり自然食グルメ度の進んだ、上級美健楽マスターなお客様や読者もいらっしゃるので、初心者向けのコンビニ食ばかりもリサーチしてはいられません。今後は、

    1)美健楽ビギナー向け(初心者):主としてコンビニ、市販品利用   
    2)美健楽中級者向け:簡単なシンプルな、健康グルメ自炊料理
    3)美健楽マスター・シェフ向け(上級者) :こだわりの健康グルメ・シェフ的料理

    という3レベルに分けて、ひとりひとりにあった料理と心ケアをお伝えしていきたいと思っています。私自身は、平均して美健楽度:ジャンク(ケミカル)度=7:3ぐらいにいるのかなあ。7割ベジタリアンでもありますが、7割美健楽度でもあるって感じです。

ビギナーの人も、だんだんレベルをあげていってもらえれば、嬉しいですね。でもこのブログの記事は不特定多数の方が読むので、ここでは主として初心者と中級者記事が多くなる予定。

    上級者向け、美健楽食をプロのシェフとして作りたいとか、自分以外の人にも教えたいという人向けは、セミナーで実際にお会いして、手とり足取りお伝えしなきゃだめでしょうね。つまり私が、NYの学校で習ったような内容です。希望者が3-5名ほど集まれば、そういうプロシェフ・先生になれるフードセミナーの簡略版、6か月コースとかも、そのうち企画するかもしれません。

    100%ベジタリアンやマクロビアンの方から、美健楽ビギナーな方まで、美健楽度のレベルと知識の違いはあっても、みんなさげすんだり引け目を感じたり、いがみあったり私のブログに殴りこんだりしてくるのは、やめてくださいね。

ベジタリアンや健康指向の人が偉いわけではなく、そういう人でもすごいストレスがかかったら、ジャンクフード地獄やプチ鬱に落ち込んだりのリバウンドも、長い人生何度かはするものです。体と心のリバウンドは当たり前。そこから美健楽ダイエットでリセットして、何度でもまた、新しくビギナーから始めて、自分を愛せるようになれれば、戻れればいいんです。

このブログの長年の読者さんならお気づきでしょうが、私自身も体と心がリバウンドしまくってます。負の感情に引きずり込まれて陰鬱な記事ばっか書いてしまっていた時期とか、この人こんなに食べて絶対太ってるよね?という食べまくり海外旅行の時期とか、6年めのこのブログの1600以上の記事に、自分へのいましめとしてちらほら残してあります。

    初心者も美健楽マスターも”違い”を楽しみ、刺激し合ったり相談したりしながら、自分なりの美健楽習慣ゆる~くなが~く続けていけると、嬉しいな。それではまた。

★あれえ?なんか4000台まぢかまで投票数が増えている。みんな長い連休なのに、意外にお家でブログ見てくれてる?ありがとう。

よしっ、4000大台達成できたら、美健楽オフ会@恵比寿でも地味にやりますかね。
ご興味ある方は、↓のコスモスを1ポチリクエスト・クリックしてね
        Br_banner_cosmos_2
    つい更新をサボらないよう、励みエナジーにもしています

9月 22, 2009 20【2食事分野】): |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/46277787

この記事へのトラックバック一覧です: 美健楽人のジャンク許容度レベル:

コメント

桜子さん

ご無沙汰してます!前回のコメント後、桜子さんが以前にも増してフェアーでチャレンジングな試みを本当に楽しく拝見しています。はりきってますね!スゴイ♪

まず「生理を早める・・・」に関して、あれ以降触れられていらっしゃらなかったので、ちょっとコメントしたいと思います。私も年齢を重ねるに連れて、動物性たんぱく質を取りすぎると体臭がきつくなる、とか顔が脂ぎってくる!とかを即感するようになってます。

肉食や乳製品を多く取る欧米人はとにかく成長が早い!海外生活をしてらした桜子さんならご存知と思いますが(私もイギリスで生活してました)、あちらの子は10歳くらいでもう色っぽく、14歳くらいですっかり成熟した感じがありますよね。その分、老化も早く三十台半ばでもう肌が衰えて、一般的に肥満が当たり前。男性も若くして毛髪を失う・・・最近の生肉は成長を促すための抗生物質などを使用しているものも多いらしい・・・そういうことも関連しているのかもしれません。(欧米人をジェネラライズするのはモチロンNGで、最近はヘルスコンシャスの方も多いので必ずしも当てはまりませんが、肉類、乳製品の摂取量が日本人と比較して多いという意味で一般論です)

ということで生理の周期が早まるというのは、若く魅力的なうちに妊娠できる回数を最大に!ということなんではないかなぁと思います。女性は特に胎児の時点で一生の卵子の数が決まっているといいますから、時と共に古くなるんですよね。

私みたいな年になると、できれば一日でも長い周期でいきたいなぁと言うのが本音になります(笑)

格言う私は最近、ジャンクモードでミニストップのフライドポテトを今週3回も食べてしまいました!(塩気と油気がウマイ、ヤバイ)最近ちょっと暴走気味。どこかでバランスを取ろうと必死なのかもしれません。だからあまり深く考えず、ポテトを心より楽しみ、桜子流ジュースリセットを何処かで始める予定です!(いつになるやら・・)

ところで桜子さんは安保徹さんの著書をご存知ですか?彼は免疫力や自立神経に関して本当に興味深い著書を何作も書いていらっしゃいます。科学的、論理的、そして実践型で桜子さんに通じるところも多いし、内容もうなづけとても参考になります。もしご存知なかったら是非読んでみてくださいね。桜子さんの記事マイナス色気=安保先生、といった感じです。

それでは今後も記事、楽しみにしております。がんばってくださいね!

★以下、管理人のお返事です。

力作コメント、ありがとうございました。2か月もほったらかして申し訳ないので、力作なお返事を。

★世界一の美女になるダイエットで、肉類を食べすぎた(1日2回の肉食いダイエットでもある)ので、生理が2週間もはやまったのでは?

という仮説について、後日談があります。

その後、二人の有名ホリスティック医師の診察を受ける機会があり、この仮説を検証できました。

1.美肌、アンチエイジングの本をたくさんだしてらっしゃる、銀座・吉木クリニックの吉木伸子医師(皮膚科)。

ピーリングなどの化学処理と、漢方薬を併用した、ホリスティックな美肌アプローチが、私のお気に入りの先生です。実際お会いした吉木先生も、アンチエイジングや美肌系の医師にありがちな、目立ちたがりの金儲けの匂いが全くしない、いい意味での地味(堅実?)な、理知的な感じがして、アドバイスも明確でよかったです。

吉木先生によると、生理が早まったのが肉のせいだとは断言しづらい。けど、食生活を肉食いから今の私の肉控え目、7割ベジタリアンにもどして、生理がどうなるか比較実験してみたら?とアドバイスを頂きました。理系らしい発想で、同じく理系の私としてはとっても納得。

で、その結果は?食生活を元に戻したら、生理もきっちり28日周期に戻りました。やっぱり肉のせいだったのか、と思いましたね。

2.さらにその後、にんじんジュース断食のカリスマでホリスティック医師(内科)の石原先生の診察を受けて、ご意見を伺う機会もありました。

先生は私とはもう6-7年ほどのお付き合いで、年に2-3度は診察をうけているかかりつけ的医師なので、話を聞くなり、

【そりゃあ、肉の食べ過ぎで体が温まりすぎたから、生理がはやまったんだよ!】

ときっぱりと即断。石原先生も漢方や中医学もベースにしていらっしゃるホリスティック医師なので、

陽性(体を温める食材)の肉を食べすぎたら、体が陽性に傾く=温まりすぎる

という、中医学的、陰陽的分析なんだと思います。

石原先生の健康理論はとってもシンプルで、
+体を温めること(生姜紅茶など)
最近では
+小食にすること
の2点で、あらゆる病気が治る!というのがベース。

だから、冷え症(陰性体質)が多い日本の女性が体をあたためることはいいというスタンスなんですが、肉に関しては日本人の農耕民族という体質を考えて、積極的に食べることを薦めてはいらっしゃいません。肉より魚、豆派、ですね。また、体を温めるという肉食いのメリットよりも、脂肪を摂取しすぎるなどの害のほうが大きいから、というのもあると思います。

というわけで、二人のカリスマ・ホリスティック医師のアドバイスも参考にした私の結論は、

★肉食いダイエット(1日2回以上、肉のかたまりを食べる)は、体を陽性に傾けすぎて、温めすぎて、生理を早める

★これは一見、体内が活性化されて若返ったようなメリットに見えるが、一過性のものであり、それ以外のデメリット(肉の脂肪の摂りすぎ)などの害が考えられる。よって肉食いダイエット、肉の食べ過ぎは農耕民族(草食系)日本人の体質に合っていない、白人系(肉食系民族向け)ダイエットの受け売りであるからNG。

注意してほしいのが、”肉食が悪い”ということではありません。肉の塊を1日2食以上食べる”肉の食べすぎ”が悪い、ということです。肉を100%避けるというのも、マクロビオティック長期実践者ががんになったりするように、別の害がある疑いもあります。

肉は、かたまり肉を週に2回ほど、それ以外は薄切りや白い肉(鶏肉)を、だしがわりに使って食べる、という7割ベジタリアンな食べ方が、日本人、特に35歳+の成長がストップした大人には、合っているのではと思います。

おっと、かなり長い”記事”になっちゃったので、今日のブログに転記しておこうっと。

お勧めの安保先生のご本も、読んでみますね。お勧めはなにかな?

イェスルさんみたいに、外国経験が長くて、日本人の枠にはまらない広い視野でダイエットや健康を考えられる方、親近感を覚えます。またよろしかったらコメントくださいまし。亀レスですが、忘れたころに(苦笑)、お返事いたします。それでは。

投稿: イェスル(お返事付) | 2009/09/23 17:09:03

コメントを書く