« 酔芙蓉のエイジング・メタファーとコメント返事集 | トップページ | 美健楽人のジャンク許容度レベル »

進化するコンビニ野菜スープの健康指向

    最近ご近所に、10年以上なくて不便だったコンビニができて、すっかりコンビニづいている桜子です。食べ物は化学物質てんこもりで今いちだけど、いつでも雑誌が立ち読みできるのがうれしい。

    近所にできたのはセブンイレブンなんですが、これのオープン以来、今までちょっと遠出して通っていたサンクスにはすっかりご無沙汰しておりました。でもたまたま立ち寄ったら、

    ★あら?サンクスの新改良版野菜スープシリーズ↓が、なかなか秀逸に進化している。

    DSCF1043.JPG

    お弁当はセブンイレブンが企画力あっていい商品をだしているとイメージしていたけど、セブンイレブン、わりに食べるものがないんですよね。野菜が絶対的に足りない、肉とごはんだけの弁当系が定番ものでは多いの。

    まあこの手のコンビニ弁当では、やはりナチュラル・ローソンが一番だけど、

    続きを読む前に、
    ↓のコスモスを、ポチっと応援クリックしてね
           Br_banner_cosmos_2

    それでも野菜はやはり少なめ。一般のお客様は、コンビニ弁当には、肉とごはん、動物性蛋白質とカーボをもとめるもんですからね。

    だから、野菜スープとか野菜なべといっても、結局、野菜らしくない野菜、

    x カーボが多いジャガイモ、カボチャ、ブロッコリーや、
    x水分ばっかりで栄養はほとんどない生レタス、キャベツ
    なんぞで、かさ増しごまかしするパターンが多かったんです。

    ですが、私が目をひかれたこれは、

    +栄養価の高い緑黄色野菜の葉っぱもの(ホウレンソウ)や、
    +摂りにくい根菜類のニンジン、れんこん、
    +レタスなどの生野菜の代わりに、キャベツ、もやしのゆでたもの

    の温野菜が、がっつりと入っている!ではありませんか!

    しかも、ごはんや春雨なぞを入れてかさを増やしてごまかそうともせず、野菜だけ!の勝負が潔い。これで約300円、350円の大きめの野菜なべもあって、そっちもよかったです。

    もちろん相変わらず、保存剤や着色料などは入っているけれど、着色料・保存料なしとなるべく健康的にしようとする健康指向のメニューも増えてきた。もう一歩頑張って、この内容でケミカルをもっと減らせれば、一人暮らしの人が自宅で野菜を用意するよりも、こういうのを買う方が経済的に健康的。ダイエットにも役立つだろうなあと思ったのでした。

    いっそ、コンビニの定番おでんみたいに、↓こんな、電気スチームクッカーで蒸し野菜を店頭で常に新しくつくっていて欲しい。好きな温野菜を量り売りとかで買えて、好きなソースやたれを選べるとか、してくれればいいのにね。どこかのコンビニさん、ぜひチャレンジしてください。それでは。

   

    更新リクエストとして、
    ↓のコスモスを1ポチだけクリックしてね
        Br_banner_cosmos_2
    つい更新をサボらないよう、励みエナジーにしています

9月 21, 2009 23 食事(バランス系) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/46267363

この記事へのトラックバック一覧です: 進化するコンビニ野菜スープの健康指向:

コメント

非常にご丁寧な返事を迅速にいただき感謝申し上げます。

私はお察しの通りで、マクロ5年実践して、夏前から(苦手といわれている)ナチュハイ・スローフード転向した生活をしています。

現在地方に住んでいるので、まず外食することはなく、お取り寄せしないでも野菜が新鮮なので、99%自炊ですから特に敏感に感じるのかもしれません。(私が住んでいる所は自分で野菜を作っている家が多いので、自然食のレストランがあまり流行らず、自然食品店も数少ないです。)

この前、東京へ行ったとき、Deli(Deanの間違いでしょうか?by管理人)&Delcaのサラダやトルティーヤを見て、「こういうのがあったら利用してしまうだろうなあ」と思いました。実際、ベジ対応のトルティーヤもあって、試してみたらなかなか美味しかったです。特に、「からだにいい」と標榜しなくても、自然に選択できる商品が色々あるので、それは都会の優れている面です。

こちらでは、一般的に売れるものしかないし、ようやくスタバも進出してきたけれど、フードに関しては「以前よりまし」という程度です。

「シャングリアダイエット」という本が一時期ありましたが、その中で「画一的な味が太る」「塩分の濃い味は食欲を増す」という2点が共感できます。著者は、極端に言えば、一回であればスタバの「キャラメルマキアートのグランテ」を飲んでも太らない。脳とカロリーが結びついていないから・・という理由からです。ただ、繰り返すと肥満のもとになり、たとえ身体によいものでも、同じものを毎日食べてしまうと、満足ができなくなり太ると書いています。

家庭料理のよいところは、たとえワンパターンでも、コンビニのように同じ味付けではないので、良さがあるようです。

長くなり申し訳ありません。NYのお話しとても興味があります。私も自分の身体で実験するのが好きなので、桜子さんに関心があります。私は食べない肉や魚までトライして、レポートされているので、さすが~です。ありがとうございました。

★以下、管理人よりお返事です:

お返事と、長文力作での、いろんな美健楽な情報やご意見提供、ありがとうございました。興味深かったです。よく誤解されますが、私も別にナチュラルハイジーンやマクロビが嫌いなわけではなく、適度にいいとこどりしてゆるくやろうよ!という姿勢なので、ローフーダーやマクロビアンの方でも、SOYさんみたく自分と違う人を攻撃しない、違いに興味を持てる人は、大歓迎なのです。

私もSOYさんみたいに田舎に住んでスローライフ生活者だったら、100%ベジタリアン(ヴィーガン)やマクロビアンになるkamo
思います。私は日本のど田舎、奄美大島という離島出身なので、田舎の生活は身にしみてわかるからです。

SOYさんのコメントで、田舎暮らしと都会暮らしのジャンク度について記事をかきたくなったので、9・22の記事をごらんくださいね。コメントありがとうございました。

投稿: soy(お返事付) | 2009/09/22 7:39:49

様々な情報を参考にさせていただいております。色々なダイエットを実験し、試しながら検証されているので興味深いです。たまに、ファストフードについて触れておられ、私も一度だけプチパンケーキを買って真似してみたら、私にはあのパンケーキはフルーツでアレンジしても無理でした。油が匂って・・・。北斗さんの弁当やこのスープもいわゆるケミカルさが、漂います。私とは鍛え方が違うのか、食べたくなること自体が無いので人が違えば好みが違うってことで楽しんで読むことにします。

★以下、管理人のお返事です:

コメントありがとうございます。お察しするところ、100%ベジタリアンっぽいヴィーガンか、いや多分マクロビアンな方のようですね。

でも、コンビニ弁当ですって!信じらんない、きーっと攻撃的になりがちな、がちマクロビアンとは違って、他人との好みの違いを認めて受け取る、楽しむというゆるいご姿勢が、とても素敵で好感がもてました。ありがとうございます。ですので私のほうもしっかりと心をこめて、お答えいたしますね。

コンビニ弁当やマックパンケーキは、許容度の個人差もありますが、正直私自身でも、その時での体調によって、食べられるときと全く受け付けないときがあります。

おおざっぱにいえば、仕事が忙しくなってきて外食や持ち帰りデリで、体の中のケミカル(毒)蓄積度が上がってしまった時には、コンビニ弁当みたいなケミカル(毒)入りフードでも、毒が毒を呼ぶので許容度が上がるので、OKになります。それをプチ断食でリセットしたあとは、味覚もケミカル許容度もクリーンにリセットされるので、ケミカルの強い食べ物を、全く受け付けなくなります。あと、生理や月の満ち欠けにも、わりに影響を受けるみたい。

また、ケミカルが多い食べ物は、最初数回美味しいと思えてもだんだん鼻についてきて、体がリピートしたくないと受付なくなります。正直、マックのパンケーキは、今はもう食べられなくなりました。仕方ないので、ケミカルが少なめな野菜と雑穀のパンケーキミックスなどという市販品を選んで、自分で作って冷凍保存しています。本当は粉から全部自分でブレンドするのが一番なのですが、そこまでの暇がないときも多いので、なるべくましな市販品利用も取り入れているわけです。

こういうふうに、コンビニ弁当やジャンクフードは、数か月で食べ飽きてしまうという点は、加工サプリメントと似ていますね。ナチュラルな有機野菜や果物は、繰り返したべてもこういう体の拒否反応がおきない。だからやはりケミカルは、体にとって自然で長期的に摂りたい”いい”ものではないのでしょう。

あと、コンビニフードは自分では積極的に食べたくないのですが、いろいろ試すべき理由も最近できてきました。それは、

1.個人カウンセリングのお客様は、グルメ(不健康)食の人が多くて、いきなり上級者向けの美健楽食、オーガニック食で自炊する、というのは敷居が高すぎる。まずは美健楽ビギナー向けとして、コンビニや市販デリのなるべく健康な選び方が必要。そういうお客様にお勧めするものは、自分自身でも体を張って、ちゃんと試さなきゃいけないと思うから。

2.こういうお仕事上の理由のほかに、単純にマーケターの私は、世間の一般大衆向けトレンドが大好き。コンビニは広く流行るトレンドを作り出したり、トレンドを敏感に反映するところ。なので、そこの新商品は、その時代を大多数の人々の嗜好を知る上で、とっても役立ちます。

コンビニ企画ものやメーカー新商品も試してみたいので、あまり厳しいナチュラル自然食ばかりに偏らないようにしている、というのが2番目の理由です。

大きなトレンドをコンビニで知る、学ぶことで、多くの人に役立つ美健楽法や料理レシピを、自分でもアレンジしたりオリジナルで開発することができる。だからトレンドウォッチ・分析はやめられません。

とはいえ、かなり自然食グルメ度の進んだ、上級美健楽マスターなお客様や読者もいらっしゃるので、初心者向けのコンビニ食ばかりはやってらんない。今後は、

1)美健楽ビギナー向け:主としてコンビニ、市販品利用
(初心者)
2)美健楽中級者向け:簡単なシンプルな、健康グルメ自炊料理
3)美健楽マスター・シェフ向け:こだわりの健康グルメ・シェフ的料理
(上級者)

という3レベルに分けて、ひとりひとりにあった料理と心ケアをお教えいきたいと思っています。ビギナーの人も、だんだんレベルをあげていってもらえれば、嬉しいですね。でもこのブログの記事は不特定多数の方が読むので、主として初心者と中級者記事が多くなる予定。

上級者向け、美健楽食をプロのシェフとして作りたいとか、自分以外の人にも教えたいという人向けは、セミナーで実際にお会いして、手とり足取りお伝えしなきゃだめでしょうね。

つまり私が、NYの学校で習ったような内容です。希望者が3-5名ほど集まれば、そういうプロシェフ・先生になれるフードセミナーの簡略版、6か月コースとかも、そのうち企画するかもしれません。

投稿: soy(お返事付) | 2009/09/21 22:09:27

コメントを書く