« 美健楽人のジャンク許容度レベル | トップページ | 同調する月と体内の満ち欠け(ムーンダイエット) »

田舎人と都会人のベジ健康度(vsグルメジャンク度)

    こんばんは。五連休のシルバーウィーク、今日が最終日なんですね。今日は5時間ぶっつづけでミーティングのお仕事をして、やっと仕事が一区切りつきました。世間はお休みだと、頭からすっとんでいました。ブログも、昨日長編記事かいたから今日はさぼっちゃお!と思っていたのに、

    ★あれ?今日が連休最終日なら、読者のみなさん、今日やあすの朝には連休の疲れを癒しに(+?)ネットサーフィンして、うちのブログも読みにきてくれそうだな

    と思ったので、記事更新します。昨日記事でとりあげたSOYさんから、長編力作のお返事と情報提供メールもいただいたので、これにまた刺激されて、記事を書いちゃいましたよ。

    DSCF1059.JPG
    【写真】収穫の秋!というわけで、夏直前に漬け込んだ、自家製梅サワーができましたよ~。炭酸でわったサワーが美味しい!でもそれ以上に美味しくなったのが、漬け込んだ梅でした。お高いオーガニックを、これまたお高い千鳥酢とてんさい糖の氷砂糖という、最上級素材ばっかりの自家製梅サワーなんで、まずいわけ、ないよね。

    ★SOYさんのお返事とコメントその2は、こちらからどうぞ。長編力作コメント感謝します。

    以下、SOYさんのコメントその2にINSPIRE(刺激)されて、桜子が書いた、

    ★田舎暮らし(スロー・ライファー)と都市生活者またはLOHASの、ベジタリアン度の違いです。

    私もSOYさんみたいに田舎に住んでスローライフ生活者だったら、100%ベジタリアン(ヴィーガン)やマクロビアンになるかもと思います。私は日本のど田舎、奄美大島という離島出身なので、田舎の生活は身にしみてわかるからです。

    コンビニは少ないし、新しいお店の誘惑も少ない。また肉はばか高くて美味しいものがないし、野菜は庭や畑で適当に作っても自然とオーガニックで美味しいものが取れるので、ヴィーガンになる、いやならざるを得ない条件がそろってますよね。わざわざオーガニック野菜を探して買わなくても、庭で作ってる野菜がみんなオーガニック育ちだったという話は、田舎ではよく聞きます。

    でもそういう田舎育ちの私だからこそ、田舎には絶対ない、都会が提供してくれるさまざまな可能性や選択肢に憧れて、上京しました。でも同時に、都会の嫌な所やストレスの大きさも身にしみたので、今は、

    ★平日は都会でばりばり仕事、週末は都会から2時間くらいの田舎(鎌倉の海辺とか伊豆あたり)に住んで自然の中でリフレッシュしたい

    という、田舎と都会のいいとこどり、いわゆる”LOHAS”生活が理想です。

    また、カウンセラーとしても、

明日からのお仕事、ちょいとしんどいなと思ってるあなたも、
↓のコスモスを、ポチっと応援クリックしてね
       Br_banner_cosmos_2

    田舎の人より都会生活者をサポートしたい、しなければならない!という使命感があります。田舎の人は、狭い田舎コミュニティでうっとうしいぐらい世話をやいてくれる人たちがいるので、本当に孤独になることはあまりないです。(少なくともうちの田舎では)。ほっといてくれよ~!と叫びたくなるくらい、世話焼き、でしゃばりが多いんですよね。歳をとるとありがたさがわかってきますけれど。

    でも都会では、表面的には親しくしていても、心の底のどろどろした悩みを話せる相手がいない人がとても多い。家族やパートナーがいても、彼らにも話せず、じっと大きなストレスを抱え込んで、病気にまでこじらせてしまう。個人主義の弊害が強くあるような気がします。

    私は、自分もそういう孤独な都会人で心と体を病んでしまったので、今は都会で生活し、昔の自分みたいな都会人を美健楽にするのをサポートしたい、と思っているのです。

    以上の理由で、70歳までは都会暮らしメインを選んで、スローライフに逃げない!(私にとっては逃げと思えるので)と決めました。

    そうしたらケミカル入りのジャンクフードや、市販品デブフードとも上手に付き合わざるを得ません。都会人には、環境的にも好奇心的にも、スローライフとかヴィーガンライフで健康度100%に保つのは厳しい。フレンチディナーの接待なんていううれしい誘惑もよくありますから。ベジタリアン・健康度7割くらい、あとはグルメ度3割くらいで、ケミカル使用フードやデブフードもたまにはOKにして暮らすのが、ベストだと思います。

    結論としては、
   
    +田舎暮らし(スロー・ライファー)は、100%ベジタリアンもローフーダーも可能で、なりやすい環境がある
   
    +都会暮らしやLOHASは、70%ベジタリアン(30%グルメ)くらいなほうが、人生をバランスよく欲張りに楽しめる、と思います。

    この記事を読まれた、日本の田舎暮らしのあなた、

    じゃあ私は、田舎暮らしだから100%ベジタリアンにならなきゃいけないの?

    と思われました?いえいえ、どの程度のベジタリアン、健康とグルメのバランスをとるかは、あなたが自分で決めていい自由な選択なのです。田舎暮らしには100%ベジタリアンになったほうがいい環境と条件がそろっていても、

    +私はたまには肉やフレンチも楽しみたい
    +美味しいケーキが死ぬほど好き!
    +コーヒーも1日1杯あれば、幸せな気分が盛り上がる

    なんてことがあれば、100%ベジタリアンをゆるめて、1-3割はグルメに徹する。特に25歳以下の若い人は体が若い分、そういうデブフードへの欲求が自然にでてきて、100%ベジタリアンになるのは難しいかと思います。

    私自身も、今の桜子には7割ベジタリアンが合っていると思っているのですが、そのうち8割くらいまで増やしたくなるかも。あなたにとって、一番合うと思われるベジタリアン度、植物性フードや健康度は、なん%くらいですか?私も興味ありますので、よかったらコメントででもおしえてくださいね。

    それでは、明日からのお仕事、頑張りすぎず、めんどくさ~と嫌々にならずに、自然に淡々と始めましょう。それではまた。

    みなさまの応援クリックのおかげで、久しぶりの4000台達成!ありがとう。お約束通り、近々美健楽オフ会@恵比寿を企画しますので、日程によるけど参加してみたいです!な方は、コメント欄にメアド残してね(非公開にしますので、安心してどうぞ) 優先お知らせします。日程案としては、土曜か日曜の午前中10-12時とかになる予定です。

    毎日更新してて偉い!と思って下すったら、
    ↓のコスモスを1ポチだけ応援クリックしてね
        Br_banner_cosmos_2
    つい更新をサボらないよう、励みエナジーにしています

9月 23, 2009 20【2食事分野】): |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/46293691

この記事へのトラックバック一覧です: 田舎人と都会人のベジ健康度(vsグルメジャンク度):

コメント

こんにちは

いつもHP楽しく拝見させていただいてます。
また勉強させていただいてます。
美健楽オフ会@恵比寿 ぜひ参加したいです。よろしくお願いします。

twitterでは酔芙蓉のことで、イロイロとお話できてとても嬉しかったです。


これからもよろしくお願いいたします

★以下、管理人からのお返事です:

おおっ、Twitterコミュニケーションさせていただいたちあきてぃさんが、こんなところに。亀レスで、すみませぬ~。酔芙蓉ではお世話になりました。

実はあのあと、すっかり酔芙蓉LOVEになり、苗木を購入してしまいました。かわいそうなくらい貧弱なものがきて、がっくりでしたが、わりと元気にベランダの鉢の中で育ってます。あと5年くらいしたら、花が咲くかなあ。

ずるずる延期になっている美健楽オフ会かツイ飲み@恵比寿ガーデンプレイス、今年中には企画、実践したいです。突然呼びかけするかも。よろしかったら、お会いできるとうれしいです。

投稿: ChiaKitty(ちあきてぃ)(お返事付) | 2009/09/24 10:55:31

桜子様
毎回ステキなコメントありがとうございます。お店の名前、私の記憶違いでした。訂正していただき感謝です。私の住んでいるところは、ほどほどの田舎なので、それほどの干渉もなく、肉や魚が手に入らないことはありません。むしろ、お水がいいので、名水で育てた肉はとても美味しいし、魚も豊富。卵も美味しい・・・。ちょい太めの方が多いですが、みなさん元気ですね。(人は逆を求めるのか??)変な話し、マックとかミスドを逆に有り難がったり、大手の菓子パンなんて大好きです。外食は、滅多にしないから家で食べられないものを食べるのが一般的です。普段、東京なら簡単に手に入る砂糖なしのパンはなかなか見つからないし、おむすびでも玄米は嫌われます。五穀とか雑穀入りでも・・・。私も東京で暮らしたことはありますが、仕事も生活も厳しさがあるし、空気や人混みだけでもストレスを知らないうちに受けてしまいますから、スタバとか、あれだけ沢山あっても需要があるのだろうと後から気づきました。ホッとしたい・・・そういう生理的な欲求が強くなります。だから食べ物にも自然を求めたいから、ヘルシー、野菜系に敏感になり、そういう店か繁盛します。私は、ローフードの料理教室とか少しいってみたいので、もう少し東京近郊へ移ってみたい気もちもあります。これからも情報は参考にさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

★以下、管理人のお返事です:

そうですね、私もかなりのど田舎育ち(島育ち)なので、小さい頃は都会的なもの、加工食品にあこがれました。TVのニュースで見た(その頃島では、NHKしか見られなかった、笑)マクドナルドのハンバーガーが食べたくて食べたくて、鹿児島市まで連れて行ってもらって、生まれて初めて食べたハンバーガーのおいしさに絶句しましたもん。

逆に東京生まれの友人たちが、島料理いいね~とか言っているのを聞くと、あんなもん、味が濃いし、垢ぬけてないし、びんぼうたらしくてやだよ~。なんて思っていたりして。

今では、どっちのよさもいまいちさも両方わかる、バランスのとれた美健楽な大人になれました。島料理の健康的美味しさもわかるけど、味付けの濃さが現代人には合わないということ。マクドナルドの牛肉ハンバーガー。。。は、アメリカ産牛肉はなにがはいっているか分からないので、もう食べません。が、朝のマフィンバーガーはわりと好きですし、モスバーガーやフレッシュネスバーガーの照り焼きチキンバーガーや、豆腐アボカドバーガーといった、素材がはっきりして混ぜものがないバーガーは、時々ムショウに食べたくなります。

ケミカルのはいった加工食品や農薬使用の食材も、3割くらいはまっいいかで食べる、7割自然食派ともいえますね。3割くらいの”毒”は自力でデトックスできる程度に、自分の体は強いと信じているし、たまに食べる”毒”は、自然食の大切さを確認するための、一種の刺激剤になっている気もします。

欧米のベジタリアンの友人たちと話すと、100%ベジタリアンの厳格な人ですら、1か月に1度、マックのビッグマックバーガーを2個一気食いするとかいう話も、わりによく聞きますから、たまのジャンクフード食いは、世界共通のことなのかもしれません。

私も理想は、鎌倉や伊豆あたりで適度に田舎暮らしすること。たまに都会にいって、いろんな刺激や新しいもの、ひとと触れあう。もしくは逆に、平日は東京のど真ん中に住んでばりばり仕事して、週末だけ近郊の海辺や山で、自然暮らしをする、っていうLOHAS(もう死語ですか)暮らしもいいですね。

どっちもバランスよく、欲張りに楽しみましょうね。

投稿: soy(お返事付) | 2009/09/24 6:50:56

はじめまして、健康的なダイエットの情報を探していたらたどり着きました。

でも、おいしいケーキに共感してしまいコメントのこしちゃいました。体も気になるけど、おいしいものって何で飽きないのでしょうか・・・。

脚痩せ頑張らないと!

また、遊びに来ます。

★以下、管理人のお返事です:

初コメントありがとうございます。うちのブログ読者は、おいしいもの好きな人がほんとに多いんですよ。

>体も気になるけど、おいしいものって何で飽きないのでしょうか・・・。

おいしいもの=体が高いカロリーをため込んで、飢えないためのデブフード。であることが多いので、エンドレスに食べたくなるんです。いわば人間の生き残るための本能なので、美味しいもの(デブフード)を食べるのは人間の刹那的な喜びなんですよね。

でも高いカロリーをため込みすぎると、高濃度の脂、油、砂糖、塩などで、体の中がみっちりつまって流れなくなり、いろんな病気を引き起こします。長期的な害があるのです。

だから私の結論は、短期的(刹那的)なグルメの楽しみもたまにはがっつり味わう。でも、長期的にはグルメ<健康である”健康グルメ”な食事をして、体への害を避けたほうがいい(そのほうが、おいしいものを罪悪感なしに100%楽しめるし)。ってことですね。

おいしいケーキも玄米ごはんも、どっちも大好き!と楽しめるようになれたら、健康とグルメのいいバランスがとれている、ってことじゃないかなと思います。

投稿: 飛脚ダイエッター(お返事付) | 2009/09/23 23:02:49

コメントを書く