« 美健楽な脳バランス | トップページ | 秋のハーブティーとブログ用新兵器Eye-Fi導入 »

生理を早める?世界一の美女DIETの検証

    今日の記事は、j女性の生理現象とダイエットの関係分析。男性ダイエッターが読んでもなんのことやらわからないと思いますので、男性読者はご遠慮くださいまし。

    DVC00009.JPG
    【写真】世界一の美女ダイエットの肉食の反動で、温野菜がやたらに食べたい今日この頃。でも生野菜も以前ほど苦手ではなく、ばくばく食べられるようになったのは、世界一の美女食のおかげかな。

    先月に3週間行った、【世界一の美女になるダイエット】。動物性タンパク質とオメガ3や9系の油の摂りすぎで、生理が10日も早まった。これはアンチエイジング効果?という分析を、このブログで書きました。

    そのあと、食事を桜子の7割ベジタリアン(グリーングルメ)に戻して、3週間。この間に、さあて生理がどうなるか?というのを観察していたのです。そうしてやっと次の生理がやってきたので結果発表!

    ★以前のようにほぼ4週間周期に戻りました!つまり、世界一の美女になるダイエット食が、やっぱり生理を10日も早めて量も増やした原因だったと思われます。

    ちょっとわかりにくいので、経過をまとめてみると:

    続きを読む前に、
    ↓のコスモスを、ポチっと応援クリックしてね
           Br_banner_cosmos_2
    皆様の応援でいきなり2位に返り咲いていたので、
    さぼれずに連続更新している今日なのです
    ありがとです

    ★7月の3週:生理終わる(私はきっかり28日=4週間周期が数十年、特に理由がなければほぼ狂ったことがない。早まったり遅れたりしても+-3日まで)
    ↓
    <世界一の美女食3週間チャレンジ>
    7月4週:生理が終わったので、2-4週の3週間は生理がないはずの予定。世界一の美女になるダイエット開始!
    ★8月1週; なんと前の生理から18日め、10日も前倒しで次の生理が始まった!世界一の美女食の影響か?
    8月2週:世界一の美女になるダイエット・3週間チャレンジ終了
    ↓
    <桜子流7ベジ食に戻った3週間>
    8月3週ー9月1週の3週間:桜子の7ベジごはん(グリーングルメ)に戻した

    ★9月2週:前の生理から26日めに、以前のように普通に生理がきた

    本来なら28日きっかりの周期で来たはずなんですが、2日だけずれたのには理由が。それは、9・5(25日目)が満月の日だったので、【満月の引力に引かれて、生理が早まるようなイメージング】をしたから。私はなにもしなければきっちり28日周期なのですが、自分でイメージングをすることによって、それを+-2-3日は早めたり、遅くしたりできるのです。

    これはもう小学校の時からやっていて、プールや修学旅行と重なりそうになると、2-3日までならイメージングでなんとかしてきました。ただしそれ以上、1週間ずらしたいとなると、イメージングの力じゃ厳しい。薬の力が必要、というのもわかっています。

    この自分のイメージングで生理をずらす技は、心理学的にも説明できるココロケアの技の一種。不思議な力でもなんでもなく、特に女性の生理現象は、自分の心とのつながりが深いので、効きやすいイメージングなのだと思います。どうやるかって?うーん、これこそ文章じゃあ伝えにくいものなので、すみませんがここでは説明できません。桜子のカウンセリングのお客様のご希望があれば、お教えしていますが。

    ともあれ、自分の生理現象についてここまで逐一書くのは恥ずかしいし、不快な気分になられる方もいらっしゃるかと思いました。が、世界一の美女になるダイエット本、いまだに売れまくっていて、その欠点はなかなか書かれていないので、人柱になって書いてみました。

    ちなみに、
    ●肉や脂・油の摂りすぎか、世界一の美女食で生理が早まる現象はアンチエイジングのいい効果と考えてもいいのか?

    ということを、たまたま年に1度の健康診断があったので、お医者さんと話し合う機会がもてました。そのお答えは、記事が長くなったので次回の記事で書きます。それではまた。

    更新リクエストとして、
    ↓のコスモスを1ポチだけクリックしてね
        Br_banner_cosmos_2
    つい更新をサボらないよう、励みエナジーにしています

9月 7, 2009 45【5四部門総合】DIET |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/46145737

この記事へのトラックバック一覧です: 生理を早める?世界一の美女DIETの検証:

コメント

桜子さん

コメントのお返事ありがとうございました。
そうですね、自分に合うバランスを見つけていくことが大事なんですね。

これまで幾つか新しくダイエットを知ると、その度鵜呑みにし挫折してました(笑)

そんな時、桜子さんのブログで、楽をダイエットに取り入れるというコンセプトを知り、目から鱗、そして感覚として納得でした。今は緩くですが、こちらのブログも大いに参考にさせて頂いて自分のバランスを探っている感じです。

今後桜子さんの一般向けセミナーあったら受けてみたいです、そしてオフ会@xxxも伺ってみたいです。

(プライバシー保護のために一部伏せ字・削除させていただきましたby管理人)

また伺わせて頂きます^^

★以下、管理人のお返事です:

ありがとうございます。Twitter仲間でご近所さんみたいなので、近々ぜひオフ会@xxxいたしましょう。

一般向けセミナーは、個人カウンセリングのお仕事が予想外に増えて徹夜で準備したりしてるので、ちょっと先延ばし。でもじっくりと計画中。

私は、単に大部屋に人数を集めて、私に会ってお話を聞かせてあげるから数千円払ってねなどという、講演会や勉強会と称した”ファンミーティング”もどきは、やりません。(そこまでの数の私の”ファン”とかもいないと思いますから、負け惜しみ入ってます、笑)

限定の少人数グループで、直接会ってしかお教えできない、心ケアと食事法や簡単料理をしっかり体得。帰ってからの自分や自分の生活が、確実にすぐ変わる。そういうハート&フードセミナーを、おしゃれなサロン形式で、おひとりおひとりゆっくり話し合いながら、やってみたいなと思っています。

どんなフード&心ケアのテーマが、みなさんご興味があるか。現在、ご意見募集中。kazukazu96さんも、ご希望やリクエストがあれば、お聞かせくださいね。

投稿: kazukazu96(お返事付) | 2009/09/20 22:44:05

凄い!実験結果!
また遊びに来ます!

★以下、管理人のお返事です:

いつもありがとうございます。体を張って実験しています。まあDIETは、趣味なんですけど。

投稿: みみ~(お返事付) | 2009/09/11 10:19:29

桜子さん

こんにちは。Twitterでは一度ご挨拶させて頂いたことがあるKazukazu96と申します。

3年前に断食系ダイエットで8キロ減量した経験があります。


それでもまだちょいでぶなので、食事を変えようとダイエット本(ゾーンダイエットと酵素栄養学がベースで、動物性蛋白質の摂取を推奨してました)を読んでやってみたのですが胃にもたれすぎて挫折した経験があります。


なので今回の桜子さんのチャレンジもすごく興味深く拝見しました。
動物性たんぱく質の摂取がアンチエイジングと関係があるのかないのか、とても興味ありますので、もし宜しかったら、続きの記事お願いします^^

★以下、管理人のお返事です:

ZONEと酵素栄養学は、ホリスティックの定番ダイエットの一つなので、私もほどほどに取り入れています。動物性蛋白質は、USの理論を草食系の日本人・アジア人がそのまま取り入れると、ちょっと肉が多すぎて害のほうが大きいという違和感を覚えていました。

一方、今回世界一の美女ダイエットをやってみた経験から、肉の量を今までよりやや増やしたレベルにすると、アンチエイジング的にいい効果があるのではないか?ともわかりました。世界一の美女本は、ちょいと多すぎましたけどね。

どのレベルが自分にとって、日本人にとってベストなのか、これからも質と量ともに分析して、考えたり実験したりしていきたいと思っています。

Kazukazuさんもご、しっかりした自分のお考えやDIET経験をおもちのようですから、動物性蛋白質についてどう思うか、ぜひ教えてください。興味があります。

Twitterは、今までのように頻繁には行かないことにしましたが、またこちらにコメントいただけるとうれしいです。よろしくお願いします。

(追伸:メアドは自動公開されてしまうので、プライバシー保護のため削除させていただきました)

投稿: Kazukazu96(お返事付) | 2009/09/10 18:17:29

世界一の美女になるダイエットは私も本屋で見たことがあります。買いはしませんでしたが、実践しようかなと思うことは結構書いてありました。
やはり肉食よりはベジタリアンの方がいいということでしょうか?

★以下、管理人のお返事です;

私のお勧めは7割ベジタリアン。ベジタリアン気味の食事だけど、肉(よりも魚)もたまには食べるという食生活が、日本人の歯の数や草食民族としての日本人の伝統食に合っている。というのが、ホリスティック栄養調理学の基本です。

私も以前は、お肉大好き!人間で、肉とご飯類ばっかり。野菜はほとんど食べない。という生活で、子宮系の大病をしました。肉の脂身や化学飼料づけの肉のケミカルのせいだと感じます。

その後、じゃあ肉はいかん!と、肉や動物性を一切とらない100%ベジタリアンなマクロビオティックにはまりました。でもそれもまた極端で、一時的に健康になったような気になるベジタリアン・ハイになりましたけど、結局肉食ならではの栄養素が不足し、体がマクロビ食を拒否して食べられなくなりました。

という2つの両極端を経て、今は7割草食(野菜や穀類、豆類)、3割は魚や乳製品・卵をメインに、たま~に白い肉のチキンなぞ(赤い牛肉や霜降り・ロースの脂身は控える)という、7割ベジタリアン=グリーングルメになっています。

これくらいが一番自然で、脂やケミカルの胃もたれもなくて、いいですね。USでは私のようなグリーングルメが25%、4人に1人くらいまで増えているそうなので、日本でもそのうちそうなると思っています。

投稿: 龍宮明羅(お返事付) | 2009/09/08 1:21:47

コメントを書く