« 田舎人と都会人のベジ健康度(vsグルメジャンク度) | トップページ | 満月と始まったデトックス期(生理5日間)の食と心ケア »

同調する月と体内の満ち欠け(ムーンダイエット)

今日の夕ごはんは、久しぶりに自分で作った、具たくさんのお味噌汁~。        DSCF1094.JPG
以前ご紹介した、コンビニ・サンクスの野菜スープの鍋バージョン”野菜鍋”350円なりを買ってみたんだけど、化学物質どっちゃりのスープを体がどうしても受け付けなかったから、手作りすることに。        

        手作りとはいえ、実動時間15分の、保温鍋を使ったお気楽クッキング。旬の安い野菜をざくざく適当に切って、えのきやわかめといっしょに、シャトルシェフという保温鍋の中に重ねていく。昆布ひときれと、みそを適当にのっけて、水をかぶるくらい入れて、水からわかす。沸騰したら5分、鍋と材料を中まで尽くして、保温鍋のふたをして20分、余熱でほっておくだけ。    

        でも仕事で忙しいときは、包丁をもつ、洗うのが面倒になったり、料理を始めるとそっちに時間を費やしてしまったりするんで、市販品が多くなる。でも、市販品を食べていると、本当に野菜が取れない。栄養のほぼない生野菜サラダとかはあるが、温野菜を好きなだけどっちゃりとるのは、難しいのです。    

        そして外食や市販品は、どうしてもごはんと肉、油や脂(しかも質の悪い動物性や化学油)ばっかりだから、数日食べていると体が猛烈に野菜を欲してしまう。    

        前回ご紹介したコンビニ野菜スープは、野菜の種類と質がよかったのだけど、スープ自体にはやはり化学物質の味が、私にはします。そういうケミカルが大丈夫な時期もあるんだが、今は体が新月前のため込みモードだから、ダメみたい。    

        満月の直後は私の大デトックス期なので、なんでもどんとこい!なんだけど。カラムーチョ1袋と高脂肪アイスに富士そばのカツ丼を一気食いしても素早くスムーズに消化排泄されて、ほとんど体に残らず体重が変わらない。今は、食べた分以上に、ぼーんとむくむ感じ。    

        こういうふうに、    

        ★月の満ち欠けに体が影響されるとか、
        ★痩せ期というやせやすい時期が存在する    

        という説は、医学的には証明されていません。先日、    

    続きを読む前に、
    ↓のコスモスを、ポチっと応援クリックしてね
           Br_banner_cosmos_2

お医者さんが書いた↓の本を読んだら、痩せ期はないときっぱり否定していた。ましてや月の満ち欠けなんていったら、お医者さんに白い眼でみられること、間違いなし。

    (まあね、国家資格のお医者さんや栄養士さんは、民間療法的なことはがんとして認めないほうがいいんですよ。堅くて確実なことだけ、主張していてほしい。でないと、医学的データの番人がいなくなって、データが必要なこともデータなしで押し通してしまうような、自称”ホリスティック”な危険なインチキ医師や栄養士がでてくるから)

    しかし私は、エスティシャンさんが書いた↓の本のような、体験的・民間療法的意見のほうが、感覚的、直観的に正しいと思っています。

    つまり、
    ★女性の生理は、月の満ち欠けに影響されやすい。満月・新月が、生理の始まりとシンクロすることが多い(人によるみたいだが)

    ★生理の直前は体が水をためこむので太りやすく、生理のあとはそのむくみが落ちるので体重は落ち、さらにやせやすくもなる。

    という説ね。お医者さんの1分間ダイエットの本は、生理前にむくんで+2KG太るのは認めていたけど、生理のあとのやせ期は”単にむくみが落ちて体重が元に戻るだけ”というスタンスでした。

    私がこの2つの説を、直観的に信じる理由は、

    +最近欧米でも、昔ながらの定番らしい”月の満ち欠けと体調やダイエットを結び付ける健康食事法”が、また復活してはやってきているから

    +実際に、生理の前と後の体重とむくみの状態を追跡してみると、たしかにすとんと体重が落ちるやせ期が存在し、そのあとに運動をがんがんすると、体重が戻るだけではなくさらに落ちて、低めの体重が定着しやすい。

    というのを、自分の体で実験して体感できたから。

    月の満ち欠けと生理のシンクロニシティは、以前から感じてみてましたが、意識的に考えていたら、ぴったりとシンクロしてしまいました(苦笑)。生理って2-3日なら、自分のイメージングや無意識への刷り込みで早めたりおそくしたりできるものだと私は思うので、自分の無意識が生理と月の満ち欠けをシンクロさせよう、させたいと思いこんじゃったみたいですね。

    満月の日:生理がぴったり始まる(1日め)
    新月の日:体がやせモードから、ためこみモードにかちっと変わる(14日め)

    のが、わかるようになりました。もちろんこれは、生理周期がほぼ28日の人に限られると思うし、むりやりあわさなくても、あわなくても全然かまわないと思います。ですが、

    ★自分の体の中の潮の満ち引き(生理現象)が、自然界の月の満ち欠け(およびその影響の海の満ち潮・引き潮)とシンクロすると感じる、イメージングするのは、自然との一体感が感じられて気持ちいい、

    というメリットがあります 私のポリシー、

    +気持ちよくって害がなく、そんなにお金がかからないことは、素直に信じて取り入れて利用すればいい

    ということで、最近、お月さまウォッチャーの桜子なのでした。ちなみに東京では、

    次の満月:10・4
    次の新月:10・18

    だそうです。10月はお月さまがことさらきれいで、外で眺めても気持ちいいお月見の時期。女性ならではの、体でも感じられるお月見を、みなさまも楽しんではいかが?

    またまた息切れしてサボり癖がでてきたので、
    更新リクエストとして、↓のコスモスを1ポチだけクリックしてね
        Br_banner_cosmos_2
    つい更新をサボらないよう、励みエナジーにしています

9月 25, 2009 10【1ココロケア分野】: |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/46310127

この記事へのトラックバック一覧です: 同調する月と体内の満ち欠け(ムーンダイエット):

コメント

コメントを書く