« 2009年秋版・専門施設でジュース断食@石原サナトリウム | トップページ | 運動嫌いの09秋・集中エクササイズ »

デブフード禁断症状対策のプチ断食スナック

いつもより重いジャンクフード中毒の毒抜きと、断食による停滞期に立ち向かう、桜子です。石原サナトリウムの断食中のごはんは、1食につき、ニンジン・りんごジュース3杯。基本的には、これを1日3回飲むだけの”固形物断ち”がジュース断食です。食べ物・飲み物を一切絶つという”絶食”ではありません。

    CarrotJuice3.jpg

    とはいえ、ジャンクフード、デブフード中毒になっている体と心は、いきなりこれだけにするのに抵抗します。つまり、お腹が空きすぎたり、どか食いモードが起きたりという”禁断症状”が起きるのです。これに立ち向かうために、お部屋と食堂に常備していある”スナック”が、↓のものたち:

    AmaKara.jpg

    左上から、

    黒砂糖(粉)       レモン
    天然海塩        梅干し

    つまり、糖分、塩分、酸味を揃えてあるというわけ。”禁断症状”の正体は、血糖値が下がる低血糖と、塩分不足であることが多い。さらに酸味は、糖分と塩分の過不足をうまくごまかせる”調味料”なんです。料理を塩辛くしすぎたときは、水で薄めるよりもお酢をいれると味がマイルドになる、というプロのベジシェフの技がありますが、こういう酸味の特性をうまく利用しているのです。

    さて、これに加えて、

    +生の生姜湯
    +番茶
   
    の2つのポットもお部屋に常備されているのですが、これらの飲食物”スナック”を使ってどう”デブフード中毒”(禁断症状)を乗り越えているか?そのレシピというか食べ方は、またのちほど。これから、ちょいとお仕事へいってきまーす。

    更新リクエストとして、
    ↓の紅葉を1ポチだけクリックして、待っててね
        Br_banner_maple
    つい更新を忘れないよう、励みエナジーにしています

10月 11, 2009 50石原断食サナトリウム |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/46454514

この記事へのトラックバック一覧です: デブフード禁断症状対策のプチ断食スナック:

コメント

コメントを書く