« 間食ダイエットのための塩味辛おやつ | トップページ | ヨガ前ランチは七割ベジとオイル厳選で »

イケタクの野菜ソムリエPRに思う

    昨晩なんとはなしにTVをつけていたら、

    ★ロンドンブーツの淳さんが、野菜のソムリエ資格(もちろん一番下っ端のベジフル・ジュニア・マイスター)を取得した!

    と、野菜に詳しいイケてるオタク(”イケタク”)の芸能人として出演し、野菜うんちくを語ったり、野菜のレシピを披露したりしていた。芸能人”イケタク”決定戦みたいな特番。そういえば以前もぼーっとみていて、グルメお取り寄せに詳しい落語家さんかなんかが優勝していたなあ。

    淳さんは、男性タレントでは初の野菜のソムリエ資格取得者としてアピールし、さらにこの”イケタク”番組で、ひとの役に立つNO1イケタクに選ばれてしまっていた。これで、野菜のソムリエ志望者がまた増えるんだろうなあ。

    DSCF1683.JPG
    【写真】野菜のソムリエ=プロを名乗るんなら、↑これくらいのおいしそうな野菜料理は作れてほしいよね~。これシンプルにみえるかもですが、健康系プロシェフのかくし技がきいていて、簡単にマネしにくい料理だと思います。

    でも、一応野菜のソムリエ資格を持っている私としては、なんかこういう番組の裏が見えて、白々しくてしょうがなかった。これって本当は、

    ‐ スキャンダルで人気とイメージが落ちているロンドンブーツの、”健康的”イメージチェンジ目的、

    ‐ くさるほどいるお笑い芸人たちの隠れた特技を生かして、安く特別番組を作ろうというTV番組の思惑、

    ‐ さらに、野菜ソムリエの団体(ベジフル・マイスター協会)が多分(想像です)番組に全面協力していて、この資格を取る人や落ち目芸能人を増やそうというPR目的

    という、三者の思惑が一致して結託した、単なる資格宣伝番組になってると思う。だってね、

    野菜のソムリエ(3段階あるベジフル・マイスター資格の、一番下、初級にあたるジュニア・マイスター)資格は、一生懸命勉強すればとれると淳さんが言っていたけど、はっきりいって誰でも取れる“民間”資格なのです。

    続きを読む前に、
    ↓の紅葉を、ポチっと応援クリックしてね
        Br_banner_maple

    ★13万円だかのお金さえ払って、3か月・12回程度の授業の8割だかにまじめに出席し、もらったテキストや授業中先生がいうところを丸暗記すれば、ほぼ9割以上の人が合格する、お金さえ払って、ちょっと暗記すれば、だれにでも取れる資格。つまり、落ちるほうが難しい。

    芸能人にとっては、出席し続けるのは難しいとおもう。だから、ママさんタレントに転身を図る売れなくなったタレントとか、人気が落ち目の女優とか、時間があるタレントが取りに走る資格でもあるのです。

    もちろん、健康指向の高まりで芸能人も野菜に興味をもつ人が増えているから、その興味・趣味がこうじて資格を取る人もいると思う。けど、そのたいしたことない”ソムリエ”資格を売りにして自分のイメージチェンジをしようというのが、最近の売れない芸能人のパターン。

    その走りが長谷川理恵さんだったわけですが、こういう資格のPRは最初のころにやるのは美味しいけど、今頃やってもだめなんですよね。だって、長谷川さんのあとの野菜ソムリエタレントって、せいぜい王さんの娘さんくらいで、あとは全然覚えてないでしょ?

    でも、淳さんは”男性初の野菜ソムリエ”という、なかなかいいとこに目を付けたので、これでしばらくイメチェンできて、今はやりの料理番組・特番にでまくるんだろうなあ。でもこういうレシピもうんちくも、たぶん全部仕込まれていて、スタッフや野菜ソムリエ協会なんかが考えていて、タレント本人は考えていないと思う。

今後彼が、料理番組にでてきてどんな“オリジナル”野菜料理を披露するのか、楽しみです。料理は本当に自分で考えている人とそうでない人、はっきりわかっちゃうからね。

    でも資格を自己PRに使えるタレントと違い、一般人がこういう番組をみて、

    ★そうか、野菜のソムリエってそんなにすごい資格なのか、私も取ろう!

    と13万円の出費に走るのは、この資格をとって、さらにこの団体のマネジメントと話したり、セミナーをとったりしたこともある私は、あまりお勧めしません。なぜなら、

    ‐ この資格をとっても、TVで淳さんが披露していたレベルの、野菜の見分け方の初歩的なことができるようになるだけ。それを使った野菜レシピを作れるようになるとか、ダイエットに役立つとか、さらには就職や転職が有利になるとかは期待できませんから

    こういう野菜の見分け方の初歩的なことは、野菜のソムリエさんたちやこのベジフル・マイスター協会が、”野菜の見分け方”という似たような内容の本をたくさんだしているので、それを1冊だけ買ったら十分わかります。

    とまあ、以前から野菜のソムリエに辛口評価な私ですが、最近恵比寿のナチュラルローソンでも、野菜のソムリエが”追放”されておりました。

    ナチュラルローソンもいち早く野菜のソムリエ資格にのっかって、店長は必ず野菜のソムリエ資格を取ること!というおふれを出した健康グルメ店。さらに恵比寿店では、野菜のソムリエがいて野菜を選んでくれるというのを売りにし、さらに野菜ソムリエの店エフのコーナーまで大きく取ってあったのです。

    ところが、先日ひさしぶりに行ったら、野菜のソムリエがいないのはもちろん(店長さんが兼任なのかも?)、野菜ソムリエの野菜コーナー自体がなくなり、単なるグルメな野菜とフルーツコーナーになっていた。まあね、私も野菜のソムリエに”アドバイス”とやら受けてみたけど、ほんとうにたいしたことなかったもん。

    高い有機やこだわり野菜をぽんと買いたくなるようなアドバイスって、やはり”簡単美味しい、ヘルシーなレシピ”じゃあありません?でも野菜のソムリエ、はっきりいってそんな深い、クリエイティブな調理の知識は習っていませんから、アドバイスできないのも仕方ない。勘弁してやってください(と、一応資格保持者のはしくれとして、言い訳してみる)

    つまり、野菜のソムリエ資格という、八百屋のおじさんみたいな、しかも浅いレベルでの知識を身につけても、美健楽にはなれない。自分が本当に野菜が好きでいつも食べていて、自分に合ったオリジナルなレシピやメニューの組み合わせが自由自在に考えつけること!が、美健楽には大切だと思う。

でもね、野菜のソムリエというわかりやすいキャッチコピーで、これだけたくさんの人に”資格”を広めてくれたベジフル・マイスター協会さんの功績も、最近ちょっと考える。なにはともあれ、【野菜に詳しくなること・意識して食べることが、美健楽には大事】というベジタリアン的考えが日本でもひろまってきたのは、野菜のソムリエ資格のおかげも大きいんだろうなあと。

まあ私がこの資格を取ったのは、流行りはじめの数年前なので、今はもっとダイエットや美健楽に役立つ充実した内容に変わっていることを、期待したい。最近この野菜ソムリエ資格をとって、”ものすごく役立って、やせられました!”という方がいらしたら、ぜひともコメントで教えてくださいな。

    野菜のソムリエPR番組をみていて、そんなことをぼーっと考えた日でした。それではまた。

    更新リクエストとして、
    ↓の紅葉を1ポチだけクリックしてね
        Br_banner_maple
    つい更新をサボらないよう、励みエナジーにしています

11月 25, 2009 99その他 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/46854566

この記事へのトラックバック一覧です: イケタクの野菜ソムリエPRに思う:

コメント

コメントを書く