« イケタクの野菜ソムリエPRに思う | トップページ | 銀座木村屋パンは意外?に美健楽 »

ヨガ前ランチは七割ベジとオイル厳選で

ヨガ前ごはんは七割ベジタリアン

今日はちょっとだけ風邪気味なので、思い切ってホットヨガにでかけることに。普通風邪の引き始めはとにかく休むが基本なんだけど、この2-3日、ちょっとだけ風邪気味という状態で進行も悪化もせず、お鼻だけずるずる。こういうときは自家発電で、体の中から発電してあっためたほうがいいのかも!、ホットヨガにいくことにしました。

ヨガの先生と、ヨガの前後に何を食べる?という話で、前回盛り上がったので、今日のランチはその学びを元に、7割ベジタリアン。”おかず”の蓬莱の肉まんは、このまま1個ではなく半分だけ食べました。メインディッシュ。主食は蒸し野菜を、酢しょうゆ+オメガ3オイル(しそ油)にした、特製ドレッシングでいただきます。

★こうした蒸し料理はノンオイルでヘルシー!と思い勝ちだけど、実はオメガ3やごま油などのいい油をプラスして食べるのが大事!

なぜなら、あっさりした料理ばかりだと、体が油を求めるので満足できません。また、にんじんなんかだと、適度な油と食べないと、栄養素の吸収が悪くなったりもします。というわけで、

★肉の脂身やサラダ油など、積極的にとりたくない変な油、加工油は徹底的に避ける。そのかわり、積極的にとりたいオメガ3の生油やオメガ9のオリーブオイル、セサミン栄養のあるごま油なんかは、積極的に取る

という、油の質のセレクトが大事なのです。

さてこの蒸し料理ランチ、最近買った。ティファールの蒸し器で作りました。というと思ったでしょ?いやいや、冷凍肉まんをふかすには、やはり中華せいろが一番。ティファールみたいのだと、湯気をみっちりこもらせて蒸すので、肉まんやごはんなどのカーボ系は、みずっぽくなってしまうの。中華せいろだと適度に湿気が抜けるので、おいしく蒸せるのです。

一方、蒸し野菜のほうは、ティファールの大きな皿のほうが便利。こういう野菜って、1食分をちまちま作るより、キャベツ丸ごとカットして、一気に固めに蒸しておく。そのままタッパーにいれておけば、生だとすじすじしてしまう朝のスムージーにだって混ぜ込めて、おいしくいただけるのです。すこし蒸した野菜だと、ミルサーやミキサーの刃にも優しく、傷めないですみますから。

ローフード、生食の人が聞いたら、酵素をだめにすると怒りそうな話ですが、食物繊維やビタミン重視なら軽く蒸すのもOK。私はその日の体調や食材の質によって、ローフードの生食やら、蒸し野菜のメリットやらを考えて、自由に食べ分けています。ローフードやらマクロビオティクやらの特定信心には、しばられていないお気楽派ですから。

ホットヨガは汗をだらだらかくので、肉々しいものや香りの強いものを食べると、毛穴からそのにおいが噴出しちゃってはた迷惑。なので、ヨガ前にはなんとなく、ベジタリアン気味で、消化にやさしいもの、胃に残らないものを、ヨガの2-3時間前にいただくのがベスト。本当は肉まんより、えびシューマイとかのほうがよかったんだけど、たまたま肉まんがあったので。今度、自分で豆腐かてんぺのシューマイや餃子なんかを、試作してみよっと。

それではみなさまも、風邪やインフルエンザにはお気をつけて。私の軽い風邪、ホットヨガで吹き飛ばせるか、

更新リクエスト(↓の紅葉を1ポチ)が多ければ、
あとでレポする予定です。
        Br_banner_maple   

11月 26, 2009 23 食事(バランス系) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/46863578

この記事へのトラックバック一覧です: ヨガ前ランチは七割ベジとオイル厳選で:

コメント

コメントを書く