« 2010年のデトックス始め | トップページ | リセット日のピュアスムージー朝昼食 »

正月太りのツケのたまり方と払い方

正月太りのツケの重さ

BlackBerry from DOCOMO

1・3、今日でお正月も終わり。今年は暦が悪くて、明日からきっちり会社が始まるという方も多いのでは?自由業の私は一応明日までお休みにしているので、あすはきっちり正月太りデトックスしよう!と心に決めております。

今年のクリスマスから正月にかけては、実は意図的に暴飲暴食めにしてみました。その理由は、

★普通の大人の一人暮らし、二人暮らしの人たちが、この時期どんなものを食べて飲んで太りがちになるのか、パターンを確認するため、です。

去年の12・24発売の女性セブンで、年始年末ダイエットのインタビューを受けたとき、そういえばここのところ、まともな日本のクリスマスやお正月食って食べていなかったなあと。外国にいっていたり、自然に節制するくせがついていたりするので、あまり太らないんですよ。

でも、今年はビジネス・ダイエットやヘルスのコーチのお仕事を本格的にやるために、一般的なデブフード行事食のパターンも押さえとかなきゃねっ。と、言いわけっぽいですが(笑)、真剣に体を張って、デブフード食べ放題飲み放題にして、意図的にいつもよりバランうをくずして、太ってみました。

しかも、いつもの自炊をなるべく避けて、上の写真みたいにできあいの市販品(これはおせちの一部)を買ったりして、添加物、味の濃さ、油っこさも満載にしてみましたよ。

で、今日体重計に乗ったら、ぎゃ~。。。。まっ、意図的とはいえ、いつもの+3Kgをちょいとオーバーしてましたわ。胃も体もずーんと重いんで、体重計に乗る前にわかってましたけど、数字でみると怖いよね(苦笑)。

この”恐怖”をしっかり体と五感に刷り込み、バネにして、あすからきっちり美健楽に戻ります。で、1・23のスムージ-セミナーまでのほぼ3週間で、ちゃんとベスト体重に戻します。

ちなみに実証してみた、年始年末太りのパターンの食事を、さくっと記録しておきます:

    続きを読むまえに、今年も1日1回↓のマークを、応援クリックしてね
        01br_banner_kagami
    つい更新をサボらないよう、励みエナジーにしています

●12・31夜に、
魚介の鍋と、
大きな野菜とエビのかき揚げつき、年越しそば
もちろん、シャンパンと日本酒を飲み放題しつつ、
チーズ、オリーブ、パンなどもしっかりつまむ

●1・1朝昼ブランチ:(前日夜更かししてTVみて、朝寝坊したので)

お腹は一杯なのに、朝からお吸い物とお雑煮
その後、これまた日本酒片手に、
写真のようなおせちをつまみに飲んだくれる

●おやつに、毎年恒例の、お正月特製和菓子を食べる(花びら餅と、味噌松風等。一人暮らしだと食べる量も増えちゃうのよね)。

あと、だらだらと大量買いしてあったみかんを次々に惰性食い。こういうものをストックするのは、よくないわね。やっぱり。

●1・1夜ごはん:
食べきれないおせちを、だらだら食い
昼間っから飲んでいたくせに、夜になると正月特番をみつつ、まだまだ飲めるのが怖い(苦笑)。

それにしても市販のおせちって、甘い!味が濃い!おせちは保存食だったから、味付けを濃く、天然の保存料の白砂糖をてんこ盛りにいれるのが、昔の人の知恵だったからでしょう。

●1・2 朝ごはんには、
どか食い、市販品の添加物たっぷり濃い味付けの影響で、やたらこってりしたものがほしくなる。おなかがすいてないのに、こってりがほしくなるという、デブフードがデブフードを呼ぶ状態。

しかも、どか食いモードはいってから、量を食べてるのにお通じがこないせいでお腹が重たい。デブフードや添加物食(ケミカル食)・お酒の飲みすぎのせいで、体が冷えまくっているからでしょう。

でもここでちょいと理性が戻ってきて、昨日の記事の写真のいちじくとプルーンのスムージ-を飲みに、スムージ-屋さんにいく。さらにデトックスサプリをいれてもらって、お湯と交互に飲むと飲んですぐに、ここ48時間ほど珍しくご無沙汰だったお通じが!うーむ、スムージ-デトックスの効果はすごいわ。

人参りんごジュースとかで朝だけプチ断食してもいいんだけど、デブフード・デブモードの切り替えをするときには、あっさりジュースより、コクのあるスムージ-のほうが、移行するショックが少ないのです。あっさりジュースにすると物足りなさ過ぎて、体が節約モードにはいってやせにくくなるかもしれないしね。スムージ-くらいだったら、ヨーグルトの脂肪分があるので、まだ体も嫌がらず、スムーズに飲めるという心理的効果はみのがせません。

●1・2昼ごはんとおやつ:

このあたりでおせちや和風味に飽きて、こってり洋風味が食べたくなる。ひさしぶりの白いおもちに、ねぎ味噌ソースをぬって、ベーコン、チーズをのせてオーブンで20分、じっくり焼く。仕上げに粉山椒をふっていただいた。

こういう太る取り合わせに、精製した白いおもちって、本当によく合っておいしいのです。逆にいえば、太る組み合わせのフードを食べたくなっているということは、体自体がデブモードになってしまっているってことですね。

さらにダメ押しで、なぜかロブションの、チョコレートラズベリーケーキに、カフェラテをGET。めったに食べたくならない、濃ゆーい味のケーキでしたが、デブモード入っていると完食できるんだな、これが。

●1・2夕食:

そうそう、お正月といえば、煮豆も食べておかなきゃね。というわけで、白花豆をしっかり煮て、黒砂糖もいれてつくりました。甘さ控えめで、白ではなく黒砂糖なので、市販品のあまったるい栗きんとん黒豆よりはずっとましだったとは思う。

でもね、食べる量が問題。お正月気分とお酒の勢いで、尋常じゃない量をいつのまにか食べてしまうのだ。

煮豆でおなかいっぱいになりつつも、ごはん系カーボがないと、なんか落ち着かない。しかも、味の濃いB級グルメ系のものが食べたい。というわけで、結局レトルトのカレーに野菜をどっさりプラスして、玄米にかけていただきました。市販品のカレーなんて、ほとんど油、しかもよくない油だから、胸やけしましたけどね。

というわけで、こうしてみてみると、正月太りの原因とは、

ー ケミカル:市販品の添加物たっぷりおせちや、お酒の飲みすぎによる、体の冷え

ー 肉魚のプロティンと脂: ごちそうといえば肉魚なので、普段よりおおめにプロティンを摂りすぎ、それにともなう脂もとりすぎてしまう

ー白い砂糖と炭水化物カーボ:おもち、砂糖、きなこ、和菓子、ケーキなどの、カロリーの高い白い精製カーボとそれに合うデブフードの摂りすぎ

ーこってり味と油もの: あっさり和食の反動による、B級グルメ食い。2日目あたりから、カレー、お好み焼き、チーズ系ピザ、ポテチなどが、ムショウに食べたくなりません?

ー 白いカーボ、肉魚、甘いもの、お酒に偏り、野菜不足になった結果、体がビタミンミネラル不足になって食べても食べても落ち着けない。満足できず、どか食いモードへ。

ー さらに、冬の寒さにそなえて、体が脂肪ジャケットを着ようと、カロリーの高いフードをほしがるとか、冬の冬眠たべだめモードもはいるとか、正月のお店休みにそなえて、買いだめモードにはいる、という、心理的・本能的冬ごもりもあるんだろうなあ。

ーまた別の心理的どか食い理由は、お正月の行事食って、子供のころ母やおばあちゃんが作ってくれた”愛情”がくっついてくるから。

ひとりになろうが、外国にいようが、この時期になるとその愛情を確かめたい。パートナーがいたら、その人にその愛情を味あわせてあげたい、というわけで、ふだん食べないような、別に好きでもない行事食を作ったり、買ったりしてみるわけです。この心理的理由というやつが、行事食や特定デブフードへの依存には、かなり大きいと思います。

こういう愛情は忘れたり、切り離したりしないでも、いいものなんです。。けど、それを食べものばかりで表現しないように、一部すり替えたり記憶の塗り替えをしたりという、NLP心理学のわざを使ってデブ防止してます。私の場合も、甘ったるい鹿児島風豚骨に依存症があったので、それは塗り替えました。今意図的に残してあるのは、白花豆の煮物だけで、そのレシピもかなり美健楽化したから、まあ許せるレベルなのです。

というわけで、冷静に反省しつつ、正月太りの原因とパターンを記録しておく、桜子でした。さあて、明日は、新作スムージ-とスムープ(スムージ-のスープ版)てんこもりで、正月太りデトックスを本格的に始めます。

1・23に恵比寿でやる予定のプチセミナーもスムージ-ダイエットから、スムージ-リセット(デトックス)で正月太り解消!のテーマに変えました。応募者多数のため、セミナーを二つにわけることにしたので、できれば今日のちほどまた詳細UPします。

すでに1・23にお申し込み済みの、桜子と初めてお会いする方たちのご予定は変わりませんので、ご安心を。それではまた、のちほど。

私も正月太りで体が重い!と思われたら、
↓のマークを押して、賛成と応援クリックしてね
        01br_banner_kagami
  つけの払い方、つまり正月太り解消ダイエット食も、記事にするかも。

1月 3, 2010 20【2食事分野】): |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/47191849

この記事へのトラックバック一覧です: 正月太りのツケのたまり方と払い方:

コメント

コメントを書く