« リセット日のピュアスムージー朝昼食 | トップページ | 月のリズムで回復食失敗? »

二食めのスムープはお気楽人参ポタージュ

四時過ぎ、夕食には早いけど、人に会いに出かけるので衝動買い食いしないように、夕食だかおやつだかの人参スムープを作って食べていくことに。空腹で外にでると、お店のおいしそうな食べものの刺激をうけて、発作買い→その場食いしてしまったりする危険があるのです。

二食めのスムープはお気楽人参ポタージュ

なつかしいなあ、人参ポタージュ(スムープ)。これ、ニューヨークのホリスティック栄養調理学校の、中間試験の実技のメニューのひとつだったほど、ベジタリアンやホリスティック栄養調理の人々には超定番レシピ。ニューヨークのオーガニックや健康系カフェでも、必ず入っている定番なんですよ。

(注!アメリカでは、この手の人参ポタージュに、ヨーグルトは普通入れない。ヨーグルトをいれたのは、私のオリジナル。私は昨今のインフルエンザ対策もあって、善玉菌を多く含む発酵食品を食べることにしているので、生ヨーグルトをいれてみた。いきなり和風になるけど、味噌を入れても美味しいかも。)

正式な作り方は、少し手間がかかる。有機のとびきりおいしい人参をスープ(ベジタリアンのだし)で煮て、お米、ジャガイモ、くずなんぞをとろみづけにいれて、ミキサーでがーっ。塩、こしょう、しょうがのしぼり汁で味をつけて、できあがり。 手間のかかるレシピが多いベジタリアンレシピの中では、簡単なレシピのほうなんだけど、今日の私は徹底的に手抜き、いやお気楽モード。料理の超初心者なクライアントさんにもできるように、初心者レシピも作らなきゃ、ということで、市販品も利用して作ってみた。

これ↓がミキサーにかける前の、具材の一部。人参を適当に切って、上等なだしの素(なるべく添加物の少ないもの)で煮て、柔らかくしただけ。

これをミルサー(ミキサーでもいい、ジューサーはだめ)にいれて、あと、無糖で生乳100%のヨーグルトを少々、生姜のしぼり汁、塩、こしょうをいれてがーっとして、できあがり。 でも、味見してみたら、うーん、有機のいい人参だったせいか、人参の味がどーんと強すぎる!

というわけでさらに、別に白ネギを煮て、ミルサーの中にいれていっしょにがーっ。 うん、ネギの味が人参の味を適度に中和してくれて、なかなかおいしい、 ★人参とネギの生姜風味スムープ(ヨーグルトが入っているから、ポタージュではなくあえてスムープと呼ぶ) になりました。

そういえば、石原サナトリウムのレシピでも、人参ジュースにはりんごをブレンドするけど、人参スープには玉ねぎをブレンドしていたなあ。有機人参は味がしっかりしているので、単独ではちと厳しい味なのかもしれない。 また、ニューヨークのホリスティック栄養調理学の学校で習った、料理のベースになるスープ(ブロス)は、人参とたまねぎで作った”白い”ベジタブルブロス(だし)だったし、一般フランス料理でも、ミルポワという人参+玉ねぎ+セロリの組み合わせがいいだし野菜のトリオとされている。

つまり古今東西、 ★人参+玉ねぎやネギの組み合わせは相性がいいし、デトックス(リセット)向き! ってことらしいです。また、ネギ類には”デトックス作用”があるから、リセット用の液体にネギをいれるのは理にかなっても、いますね。

さすがにスムージ-にネギは合わなさそうだけど、この次はネギだけのリセットスープも作ってみようっと。 それでは、外出先での緊急空腹に備えて、黒砂糖あめとお茶入りマグをもって、でかけてきます。

私も正月太りで体が重い!と思われたら、
↓のマークを押して、賛成と応援クリックしてね
        01br_banner_kagami

1月 4, 2010 21 食事(断食系) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/47202546

この記事へのトラックバック一覧です: 二食めのスムープはお気楽人参ポタージュ:

コメント

コメントを書く