« コーヒー中毒克服後:お気に有機カフェラテ@ナチュラルローソン | トップページ | 飲みながら二日酔い対策!ホットスポドリカクテルの酒あり・なしレシピ »

デブスを作るストレスとマインドコントロール

    おはようございます。昨日は、仕事に使うために3ヶ月間通っている無料着付け教室の”着物セミナー”で1日拘束。やっと解放されたが、よれよれのぐったり。

    そのストレスの反動で、久々の夜寝る前食いしちゃいましたよ。ストレスは、デブ+ブス(ブサイク)=略してデブスの元、なのです。デブ、ブス、ストレス。。しりとりできるくらい、同類のネガティブワードグループですね。

    (注意:えーっと、デブとかブスって差別用語だ!とどなりこんでくる人がまれにいますが、一応調べた結果、差別用語認定はまだされていないようです。ドラマ・ヤマトナデシコ七変化で、主役の亀梨くんが、ブススナコ(ヒロインの名前)を連発してましたので、放送禁止用語でもないようです。

    自分にいわれたのでもないのにこういう言葉に過剰反応して不快感を覚えるのは、自分で自分を卑下し、デブ・ブスと思い込んでいるコンプレックスの裏返し。コンプレックスはデブスを悪化させるので、自分を卑下せず愛せるようになろう、というのが美健楽ダイエットの考え方です。)

    着物セミナーとは、その実、着物の問屋さんに連れていかれての、着物売りつけ大会でした。着付け教室がすべて無料な代わりに、スポンサーの着物関係会社に1日拘束され、数十万の着物を勧められる、というしくみ。まあそれは、私は承知の上でいきました。

    世の中、なんでもタダのものは怪しい。タダからはたいしたことは学べない。この教室みたいにタダだけどその代わり、スポンサーから着物を買って!という(はっきりはいいませんがね)ほうが、自分の1日の時間を支払って学ぶんだとビジネスライクに考えられて、気持ちいい。

    というわけで、タダのセミナーの代金だという義務感ででかけたのに、12人のクラスメイトのうち7人が逃げてお休み。ずるい~。

    この教室は、さすがにタダのセミナーと着物を買ってもらうのが引き換えだ!とはっきりは言いにくいらしく、やたら上品にぼかしちゃう。そうすると、セミナーを受ける生徒のほうもつけ上がって、セミナーというメリットは貪欲にうけとるものの、販売会参加という義務を果たさないという”恩知らず”がでてくるのです。セミナーはいいけど、着物売りつけられるのはちょっといやだわ~とか言っている、甘っちょろい主婦のクラスメイトが多いの。

    それをみると、うーん、世間知らずだなあ。世の中タダでセミナー受けられるほど、甘くないでしょ。場所代、先生代、さらにこの教室はTVコマーシャルまでうっているから、どこかでその元をとらなきゃ続かない。それが着物販売なのにな。

    と、私みたいにGive & Takeで考えるビジネスライクな人は、わりに少ないのに驚きます。日本人のなんでもぼかす、あいまい文化のせいでしょうか?

人気ブログランキングダイエット

    さてセミナーでは、たった5人の生徒に、売り手がマンツーマンでぴたりとくっついて、着物を売りこんでくるというハードな戦い(苦笑)。私はNLPスキルを応用してのらくら~とセールストークから逃げる自信があったけど、二人が落ちて、買うつもりがなかった30万円着物セットを購入したらしい。

    でも私も実は、ある種の着物を買う予定で、サイズと現金をもっていきました。ですが、この問屋さん、個人への売りに慣れていないので、売り方がめっちゃヘタ。職人さんらしきおじいさんに質問していたら、こちらの話をまったく聞かず、質問にも的確に答えてくれず、コミュニケーションというより一方的なお説教で、こちらに口をはさませてくれないの(苦笑)。

    挙句の果てに、お客さんであるはずの私に向かって、「私はあんたより長年生きているから、着物のことはあんたより知っている」と上から目線で言いだしちゃって商品を押しつけようとする。それに反応して、絶対買うもんかという気になったので、やめました。センスいい商品も、ほとんどなかったし。

    数十万円のものを買うのに、気分がわるい相手からは、絶対買いたくないですよねえ。コミュニケーションベタで一方的にまくしたてるだけだと、セールスには失敗するといういい見本。NLPの反面教師になりました。

    でもこの教室はまだ、タダのセミナーというアメをくれるから、良心的なほう。 京 ●着●B反市や大手呉服屋の展示会にいくと、客ひとりを3-5人が取り囲み、買うまで解放してくれない。疲れて頭がもうろうとして判断力が鈍ったところで、30万円以上のものを買わせるという、マインドコントロール手法なのです。

    昨日の着物販売会で同じクラスの子が買った30万円の大島紬は、奄美大島出身の私が見るに地元価格で5-7万円、東京でも10-15万円位。その子は買う直前に私に向かって、どう?って聞いたけど、そんなの正直に答えたら、まわりを取り囲んでいたお店の人たちに殺される!という殺気にさらされていたので、何も言えなかった。

    こっそり聞いてくれたら、買っちゃう前に教えられたんですけどね。ごめんなさい、でもそれは自己責任です。マインドコントロールは、されてしまうほうにも問題あり。受け入れる素地がありますから。

    と、久しぶりの着物販売会ストレスにさらされた反動で、帰宅するなり、スパークリングワインと、雪見大福1個をいちごと自家製あずきあん添えで苺大福風にして、食べちゃいました。

    お酒と甘いもの、フルーツで、ストレス解消したかったらしい。最近は寝る前5時間以内には食べないことにしてたのに、ストレスかかると体が甘いものお酒で体をゆるめて血糖値をあげたくなるのです。

    そしてけさは、昨日寝る前のお酒とスイーツが、胃にまだ残って未消化な感覚が気持ち悪い。普通のダイエッターなら、ここでダイエットに失敗した!と自己嫌悪で落ち込むはず。もうダイエットやーめた!となるのも、こういうときなのです。

    でも、ここが実は、美健楽ダイエットのチャーンス!この嫌な感覚を心理学ワザで体感覚に刷り込み、軽いトラウマを意識的に作る。次の寝る前食いの抑止力にする積極利用にするのです。いいトラウマも悪いトラウマでも意識的なトラウマ作りは、NLP的ココロケアのワザのひとつ。自分で自分の心をコントロールする、”いいマインドコントロール”といえましょう。

    さてマインドコントロールで思い出したけど、最近、美容健康、自己啓発系でひとつの考えや方法に”しがみつく”人。つまり、自分や周囲のグループ(”仲間”)、カリスマたちに、マインドコントロールされている人が、増えてきているような気がします。

    不況になると、不安解消のためになにかにしがみつきたくなる。その気持ちはわかりますが、しがみつきは美と健康の敵、ブサイクとデブの元なのです。この話は、長くなりそうなので、次回に続きます。

    ストレスかかると甘いもの食いやお酒に走る!という方も、
    ↓のマークを押して、賛成・応援クリックしてね
            01br_banner_yukiusagi

1月 26, 2010 10【1ココロケア分野】: |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/47394228

この記事へのトラックバック一覧です: デブスを作るストレスとマインドコントロール:

コメント

コメントを書く