« バレンタインの誘惑を楽しむための美健楽の基準 | トップページ | しみこむ豆乳で腹下し砂糖中毒を人柱体感中 »

天国と地獄の外食:ポタジエ柿沢さんのタレント契約発見

    今日のランチは、中目黒に出張にきていたベジコさんのお弁当。ベジコさんは、以前このブログで勝手に7割ベジタリアン認定させていただいた、無添加玄米野菜メイン(肉も3-4割入ってるのでベジでもマクロでもない)の移動キッチンカーのお弁当屋さん。

IMG00440-20100208-1613.jpg

↑こちらは、ベジコさんとは無関係の中目黒ポタジエの新作白菜のクレープケーキだかなんだか。緑のは抹茶だそうだが、ぱさぱさクレープでした。このケーキ、今日の記事の後半で、ばっさり評価されちゃってます。

    昨晩、メールで一人分予約しておいたのだが、お昼すぎに急きょ人と会う約束がはいったので、中目黒で待ち合わせることに。予約時間の2時に遅刻し、しかももう売り切れだったのに、残り物をあるだけ詰めてもらって無理やりもう一人分作ってもらいました。ベジコさん、ありがとう。

    同行者の方は、私のブログの熱心な読者でもあるので、「これが桜子さんブログ掲載の、噂のベジコ弁当ね。うん、優しいお味だわ」と、感激しておりました。公園でベジコさんのお弁当を二人で頂きながらお話。(二人ともかなり空腹で即食べちゃったので、写真撮る間もなくて、ごめんなさい)

    ベジコさんのお弁当のお味がじんわりと優しいので、二人の会話もしみじみとしたものになり、美健楽な優雅なランチタイムでした。食べるものって、その場の雰囲気、人間関係に重大な影響を与えるから、大切だなあ。

    ベジコさんの今週のお弁当はハーブが香る洋食。ひよこ豆と金時豆、チキンのベジ主体チリビーンズが秀逸でした。でもその人との急な待ち合わせで急いでいた私は、ベジコさんからのサプライズプレゼントとして、お弁当のお客様全員に用意されていたらしいバレンタイン手作りチョコを、受取り忘れたのが心残り。

    さてお弁当タイムのあと、同行者の希望で中目黒の野菜ケーキの店ポタジエに付き合いました。で、その方が選んだ、選んでしまった、新作の白菜のクレープ(↑の写真)を分けっこしたの。新作だから、厭な予感はしたんだよね。

    ★ずばり言っていいですか?この白菜のクレープ、激、激、まずーーーーーーーい!白菜が砂糖漬けになって、安っぽい低脂肪?生クリームに入っている必然性ゼロ。もはやゲテモノ味。

(注:この店は、実は低カロリーではない野菜のケーキの健康イメージを強めるために、生クリームを本物ではなく低脂肪なものにして、“低カロリー”を売りにしている)

    多分、定番料理の白菜のクリーム煮をなぞらえてお菓子化したんだろうけど、それが裏目。五感がそれと無意識に比べちゃうから、【この食べものは見た目を裏切って危険!】というものすごい違和感が…。

たとえばね、梅干しをキャンディだよ~とだまされて、口に入れたらびっくりする感じ。五感のミスマッチ!

人気ブログランキングダイエット

    ポタジエの女性パティシエール柿沢安耶さんは、2年ほど前からTVでまくりだけど、新作ケーキが激まずだったのはこれで4度目。しかも今回のが一番ひどい味でトラウマになったので、もう絶対行かない!と決めました。

    この人、手作り野菜ケーキの歌だかで作詞家デビューまでしたらしいが、すっかりタレント化?食のプロなら本業優先で、食べて美味しいもん作れ!

    と、ポタジエでまずいケーキを食べてしまった怒りの余り、なんでこんな激まず味なのにこの店、マスコミがこぞって取り上げ続けるんだ?と疑問がわいたんで、裏を調べてみた。

    ブランドマーケターの私、こういう業界リサーチ得意なんだよね。しかもこの人のだんなさま、元大手広告会社の社員だったから、マスコミのコネツテがあるのは知っていた。だから、なにか裏がありそうと。

    そしたら、やはりというかなんというか、面白いもの↓発見。(アーティスト、2008年のところをみてね)
    http://bit.ly/ammiKL 

    柿沢さん、やはり実体は“タレント”だったのです。有名タレントをたくさんかかえる、アミューズというタレントマネジメント会社と、2008年から契約してたのね~。

    佐伯ちずさんとかキヨズキッチンの南さんとか、突然有名になった文化人は、この事務所にタレント並みにプロデュースしてもらってる人のよう。

私も、このマネジメント会社のマスコミ操作に、知らずに乗せられてこの店のまずいケーキ、試し続けてしまっていたわと、大反省。マーケターのくせに、マーケティングにだまされてたとは。とほほ。

    この店の名誉のために言えば、開店当初からの定番、小松菜とトマトのショートケーキとごぼうショコラの2品のみ、珍しげでまあ美味しいと思う。トマトと砂糖、ごぼうとショコラは、伝統的菓子や料理でもある定番の組み合わせなんで、ましなんだと思います。

    それ以外は…味覚はまあ人それぞれなんで、怖いもの味わいたさな方はご自分で食べに行ってみてください。美健楽な私の舌には、5段階評価で久しぶりのx認定(危険味、五感が狂うのでお勧めしません)!です。

    このまずいケーキのせいで、なごやかだった会話のムードも一変。同行者が頼んだオーガニックコーヒーも変な雑味があったらしく、あまり飲めなかったよう。話のタネにするのも厭になる美健楽でない店に連れていってしまって、本当にごめんなさいです。

    でも美味しいものを食べたあとだったから、まだその場のムードを救いようがあった。危うくまずいケーキで、人間関係までこわすとこだった(苦笑)。とまあ、一日で美健楽な味と、そのま逆な不味いものとの両方を味わった、天国と地獄でした。

    不味いものがあるから、美味しい美健楽なもののありがたさがわかる。美健楽なものを味わうと、まずい不健康なも食べものを注意深く避けようという心が生まれる。だからまずいもんにも存在意義はあるんだけど、まずいもので太るのは、一番くやしいですよね。

    というふうに、好き嫌いがびしっと別れる桜子の、辛口食べ歩き評価。ですが、くれぐれも味覚は人それぞれ。グルメ度、健康度、体調やタイミング、マスコミに洗脳されている度合い等でも違うので、あなたが美味しい!と思いこんで食べて幸せならば、それでOK。

    私の意見は、美味しくて健康的で値段もお気楽という、美健楽な基準のもの。なので、美健楽になりたい人のみ、このブログの読者のみが、参考程度にしてください。それではまた。

    まずいもので太りたくない!と思われた方も、
    ↓のマークを押して、賛成・応援クリックしてね
            201002banner_br_angel

2月 8, 2010 60ダイエットな食べ歩き: |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/47515479

この記事へのトラックバック一覧です: 天国と地獄の外食:ポタジエ柿沢さんのタレント契約発見:

コメント

コメントを書く