« これって無謀過ぎ?しみこむ豆乳人柱実験2 | トップページ | 体に良い悪い?正反対の説をすっぱり判断する法 »

新月バレンタインデイとしみこむ豆乳実験2の結果速報

    おはようございます。おとといのしみこむ豆乳飲料で、おなかこわすか実験。結果は、前回よりましなライトな“デトックス”が、飲んでからたった30分でやってきた。うーん、これってスリムドカンみたいな下剤なの?(笑)

    私が超おバカなダイエッターだった10代の頃に、慢性のひどい便秘症だったのでその解消を狙って、意図的に傷みかけた牛乳を一気した。という野蛮な行為を思い出しましたよ。(若気のいたりです、真似しちゃだめよ。食中毒すれすれで、死にそうなくらい気持ち悪くなりました。プロティン系の腐敗は強烈なのです。)

    DSCF1998.JPG
    休日の朝から、変な“下ネタ”ですみません。でもせっかくの休日の朝ごはんはさわやかに行きたい!というわけで、↑こんなバレンタインデイ、ちょいとデブモードの、フレンチカフェ風ブランチ。この写真で、お耳?お目直しを。

    スイーティオとりんごのフルーツに、カフェオレと、ロブションの2月限定、チョコラズベリークリームのパン。赤いハートは食紅かと思ったら、さすがロブション。ちゃあんと、ラズベリーパウダーを使っていたので、赤いハートのデコレーションまで、ラズべりーの香りと味がします。

    まあこれ1個で350円くらいもする”ケーキ”並みに高いパンだから、それくらい凝っててもらわないと。今日は好きなケーキをなんでも食べていい週末の1日なので、このパンが今週の“デブフード・ケーキ”になります。

    でも今回、私の体は偉かった。前回の実験でちょっと免疫ができたのか、今回はまだお腹の不調は軽かったです。その代わり、しみこむ豆乳飲料の加工ケミ毒による急激な冷えが、またまた激しく起こりました。昨日は気温も低かったので、さらに悪化。うーん、もうこのドリンクは絶対飲みたくないと、体が拒否するトラウマ状態になりました。

    こんなの、毎朝飲める人ってすごいと思う。よっぽどの熱体質なのか、健康志向とは無縁の加工ケミカルフード食べまくりジャンキーか、美容系サプリやら機能強化食品マニアなのか。とにかく、加工食品、ケミカルをとりまくっている“毒耐性”の高い人だと思います。

    美健楽メリットも多少はあるかもですが、加工ケミ毒の冷えとか砂糖中毒といった害のほうが、実質的・長期的には大きいと思う。

    が、まあ美容健康にいいと思い込んで自己満足で飲んでいれば、安原料の高価な化粧品同様、なんでも多少は効くもんです。知らないことは幸せなこと、だったりもするから、頑張ってください。でも、人さまには薦めないほうが良心的じゃないかな。

    私は、害より美健楽メリットが大きく、毎日飲んでもお財布に優しい、本物の8-12%無調整豆乳、または手作り豆乳でハッピー。でも、これが飲めない人向けに、本物の豆乳くささをうまくマスキングして飲みやすくした、美健楽な豆乳カクテルレシピでも開発しようかなと思います。

    つまりしみこむ豆乳飲料のいいとこどりをして、健康食材で置き換えた”自家製・手作りしみこむ豆乳飲料もどき”ね。それなら豆乳嫌いだけど、豆乳メリットだけ欲しいわがままな人にも、安心してお薦めできますから。

    さて、今日2・14の朝11:51は、新月の日。体とココロの排出能力がピークになる時間なので、デトックスしたい悩みを10個紙に書きだしてみる。するとそれらと縁を切ることができる。と、NYの有名スピリチュアリストさんに習ったことを思い出し、やってみます。   

人気ブログランキングダイエット

    また今日は、新月と満月の日の夕食を、玄米甘酒で置き換えるプチ断食もやってみます。この日のために、1週間ほど前に作った自家製甘酒を保存しておいたのだ。大丈夫かな~と思ったけど、さすが発酵食品で自然の甘味、日持ちするもんですね。軽い発酵止めをして、発酵が進み過ぎてすっぱくならないようにもしておきました。

    今日の玄米甘酒は、鹿児島の珍しいオーガニックの芋焼酎で割って、マッコリ風にして飲んでみます。楽しみ~。

    そういえば先日突然に、手作りの無添加マッコリをいただける機会を得ました。韓国の方の旧正月ブランチに、ご招待いただいたの。私が手作り玄米甘酒にはまっていたから、おてんとさま(自然の大きな力)が出会わせてくれたのかな。美味でした

    その方に手作りマッコリの作り方を聞いてみたら、最初は玄米甘酒とほぼ同じ。米と米麹まぜて、60-65度くらいで長時間ほおっておくだけ。でもそのあと、アルコール発酵のために乳酸菌を入れるのかな?と思っていたら、米と米麹以外は一切使わず、温度調整だけでアルコール発酵できるということ。うーん、化学反応的によくわからないけど、なんか韓国の伝統的な方法があるんだろうなあ。

    まあ甘酒をアルコール発酵までさせちゃうと、自家製どぶろくということになって、家庭内消費でも酒税法すれすれになるらしい。だから私はやりません、やっていません。と、きっぱり書いておこう。そんな危ない橋を渡るよりは、ノンアルコールの玄米甘酒を芋焼酎で割るほうが、お気楽で美味。飲みすぎると、どか食いスイッチは行っちゃってプチ断食にならなくなるから、気をつけねば。

    それではみなさまも、今日の新月をちょこっと意識して(満月と違って、見えませんが)、自然とのつながり、リズムを、自分の中にも取り入れて、感じてみてくださいね

    ああそうだ、今日は一応バレンタイン・デイ、でもあるのか。告白はしたい時にする大人だし、自由業になってからエコと虚礼廃止で義理チョコすっぱりやめられたんで、関係ないな~。自分のための珍しい本物チョコはもう買ったので、本物チョコを最大限に味わう美健楽なチョコムースでも、今日のおやつに作るかな。

    さて、今朝の東京の私の自宅は、オイルヒーターいれて湿度45%、気温18度。ここ数日湿度が40%越えで、乾燥しがちな冬から加湿器のいらなくなる春へと、密かに季節が移り変わっています。うちには加湿器3台ありますが、40-50%は美肌に理想の湿度なので止めているんですよ。

    こういうひそかな季節のうつろいを意識するのも、新月同様、自然のリズムを体とココロに取り込む古典的なワザのひとつ。みなさまも、よい週末を。そして関係ある方には、ハッピー・バレンタイン・デイ!

    今日は新月だったか!とか季節の春への移ろいに気づいた人も、
    ↓のマークを押して、応援クリックしてね
            201002banner_br_angel

2月 14, 2010 20【2食事分野】): |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/47561900

この記事へのトラックバック一覧です: 新月バレンタインデイとしみこむ豆乳実験2の結果速報:

コメント

コメントを書く