« リセットの春!低速式ジューサーの欠点とコスパ | トップページ | 麻薬的フードリセットの鍵は意識化 »

麻薬的ドーナッツとコーヒー論

麻薬的ドーナッツとコーヒー

BlackBerry from DOCOMO

最近、ドーナッツプラントというNY発ドーナッツチェーン店の、モーニングコーヒーキャンペーンにハマり中。ここのオーガニックコーヒー(260円位?)、ニューヨークのアメリカン・コーヒーみたいに、薄めで軽く、香りもいい。NYでコーヒー中毒→コーヒー好きになった、私の好みにぴったり。

    3・14まで、290円位のドーナッツ1個朝買うと、コーヒー1杯が無料(フリー)でついてくる、モーニングコーヒーキャンペーンというのをやってるの。

    私はいつも近所のカフェで、コーヒーを1日に1杯だけ、120-350 円ほどで購入してる。だから、ドーナッツプラントのモーニングキャンペーンは、私にとっては、いつものコーヒーにドーナッツ1個がついてくるようなもの。3・14の期限まで通っちゃいそうだ。別にドーナッツはいらないんだけどね(笑)

    でもドーナッツプラントのドーナッツ、コーヒーについてくるようなもんなので、捨てるのもなんなので色々種類を食べてみた。ここは無添加ナチュラルで、しかも卵も使ってない自然派食材だと、初めて知った。

    多分、ベジタリアン気味な人が多いニューヨーカー向け、また肉食で卵アレルギーの子供が多いアメリカ人の子供向けの、セールスポイントでしょう。でも基本、農耕民族で卵アレルギーの子供が欧米より少なそうな日本人には、卵不使用って魅力あるのかな?

    あと、無添加とか卵不使用レシピが好きな私のような健康志向派の日本人は、そもそもドーナッツという油系・揚げ物のものを積極的には食べないと思う。アメリカ人は健康志向の人でも、子供の頃の幸せな記憶がまとわりついている、ドーナッツやコーラ等のジャンクフードが止められない。

    ドーナッツプラントはやはりUSの発想なんだなあと思う。日本ではちょっと商品を改善しなきゃ、難しいかもね。値段もちょっと高すぎて、コスパ悪いし。

    と、プチ文句たれつつも、わりとドーナッツ好きな私。

人気ブログランキングダイエット

USだとダンキンドーナッツ。一時創業時のクリスピークリームに浮気したけど、事業拡大で大量生産になり味が劇的に落ちたから、コーヒーも好みの味なダンキンに戻った。日本だとミスド好き。特にD-POPと飲み放題の、わりに薄めなカフェラテのファン。

    と、お気に入りドーナッツ屋さんやその変遷について考えていたら、そっか、私はコーヒーに釣られてドーナッツもついでに食べてるんだっ!と気づいた。NYでは、ドーナッツ屋さんのコーヒーは美味しいという傾向・刷り込みがあるので、ドーナッツ買わずにコーヒーだけ買っている友人が、私の周りには多かった。私はコーヒーに釣られてドーナッツ屋に行き、ついでにドーナッツ食べちゃってるのね。馬鹿だねえ(苦笑)。

    でもドーナッツは、冷静にカロリーという数字を考えたら、恐ろしくて食べらんない。1個500Kcal、食事1食分あったりするから。更に油+白砂糖+白い小麦粉の最強麻薬フードタッグなので、1/2個だけ食べて残りはあとで食べようという、いつものダイエットの手が使えない。麻薬的に、一気に全部がつがつ食べないと、落ち付かないはず。これは意志の弱さではなく、食材の麻薬的組み合わせのせい。

    だから私はドーナッツを敵視はしないが、は必ず一度に1個しか買わず、16時以降は食べない。食べた日は、カーボと砂糖をかなり控えめにする。

    私には、ミスドのD-popサイズ、直径2-3cmくらいの一口サイズなボール状のドーナッツをばら売りしてくれると、ダイエッター的には一番いいんだけどね。アメリカのダンキンドーナッツでは、3cm位の二口サイズ丸ドーナッツを、1個50円くらいで3-4種売っていた。それ1個とコーヒーで十分幸せになれる。

    でも、アメリカ人は、「どーんと大きなドーナッツ」というサイズにも幸せを感じるという、子供の頃の刷り込みがある。だから、アメリカンドーナッツといえば、普通は異常に大きい。日本に上陸した、クリスピーもドーナッツプラントも、ふわふわ系のドーナッツは、赤ちゃんの顔くらい(?)大きくてヤバい。

    せめて多少は太りにくいドーナッツ・チョイスはといえば、シンプルに徹すること。ふわふわでないどっしり系ケーキドーナッツ。つまりサーターアンダギーっぽい基本ドーナッツは、まだ小さめ。フレンチクルーラーよりシンプルなチョコドーナッツ、砂糖がけなしとか。

    上を生クリームで飾ってあったり、中にどろりとしたクリーム入りドーナッツ等は、多分1個で600-1000Kcal近くあるんじゃ、なかろうか?恐ろしや~。って、早朝からドーナッツについて熱く考えてるのは、活動開始したい私の脳が朝の糖分を求めてるようです。ヘーゼルナッツコーヒー入れて、黒砂糖かじりつつ飲もうっと。

    私は昔、1日15杯のコーヒー中毒だったころは、そういえばドーナッツも大好きで1日3個ぐらいは一気食いせずにはいられなかったなあ。もちろん、気持ちよ~く太ってた。

今は、ドーナッツ屋にいっても冷静に1個だけにできるのは、ドーナッツにまつわるとびきり幸せな記憶を、美健楽NLPの手法でリセット・置き換えできたせいもあると思う。次回、そのリセット法について、ちょこっと書いてみます。

    ドーナッツに限らず、これだけはやめられない、がつがつ食べちゃうという禁断のデブフードがある人は、また読みにきてね。

    麻薬的デブフード、私にもあるなと思われた方も、
    ↓のマークを押して、賛成と応援クリックしてね
            201002banner_br_ume

3月 10, 2010 25 食事(甘味系) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/47772985

この記事へのトラックバック一覧です: 麻薬的ドーナッツとコーヒー論:

コメント

コメントを書く