« 自然食DIETは貧乏臭いか? | トップページ | 麻薬的ドーナッツとコーヒー論 »

リセットの春!低速式ジューサーの欠点とコスパ

    コメント欄やメールで、複数のご質問があったら、気が向いたときにお答えするQ&Aシリーズ。春になると、みなさん心機一転リセットやらダイエットしたくなるらしく、ジューサーについてのご質問です。

    ★以下、Mさんよりのご質問を匿名引用:

    >おはようございます。はじめてコメントさせていただきます。

    私は2週間前から生姜紅茶を実践し、石原先生の本なども図書館で借りたり購入して読みあさっています(笑)
    そんな中、桜子さんのブログにたどり着きました♪
    いつか石原先生の断食施設に行きたいと夢みています。

    ひとつ質問があります。
    人参りんごジュースにもチャレンジしていきたいと思ってるのですが、それにあたってジューサーの購入を検討中です。
    いろいろ調べてみると、高速ジューサーは酵素を壊すので低速式のジューサーが良い!なんてよく聞いたりするのですが、実際のところどうでしょうか?
    石原先生の施設や桜子さんも低速式を使用されていますか?

    ★桜子のお答え:

    はじめまして。ジュース断食(別名、プチ断食、桜子はジュースリセットと呼んでます)の世界へ、ようこそ!(笑) 私は、最低月に1回は自宅で半日から1日のジュース断食してて、季節ごと、3カ月に1度位は石原サナトリウムで3-4日の断食をしています。

    つまり年がら年中ジュース断食をやってるんですけど、特に春は、冬にためこんだ老廃物や脂肪を、すっきりリセットいて体の中の大掃除をしたくなりますね。

    さてジューサーについては、過去記事にもいくつか写真入りでのせているので、ジューサーで検索してみてください。結論からいえば、私や石原先生のとこは、ほどほどのこだわり派なので、低速式というマニアックなものは使っておりません。

    ★パナソニック(ナショナル)の、かすぽん式ジューサー

    を使っています。(石原サナトリウムもこのシリーズですが、モーターが強い、業務用らしいです)

    こっちの過去記事が↓、写真入りでわかりやすいかな。

    生姜紅茶のためのジューサー

    おまけで、メーカーホームページはこちら

    さらにおまけ。私のと同等品が1.6万円位から

    人気ブログランキングダイエットはこちら

    低速式ジューサーでないと、ビタミンが壊れる云々と信じているのは、そっちにこだわればいいと思います。ローフード信仰者や、アンチエイジング、美容系マニアな人たちは、

    ★目に見えないもの、体で効果が実際に体感できないものを信じる傾向がある、

    ので、こういう低速式にこだわりたがります。彼女らがこだわる理由は、

    + 体感できなくても、確かにビタミンの破壊が少ないという、科学的データがあるらしいから、

    です。私のアメリカの母校、ホリスティック栄養調理学の学校でも使っていたから、確かにビタミンはこわれにくいんでしょう。

    また、石原サナトリウムでも、自分たちは使っていないのに、盲目的にこういうのが大好きな人たちがいるのを知ってるし、多分会員さんに頼まれたのか、低速式ジューサーを売ってはいます。さらに、アメリカの健康系のジュースショップでは、こういう低速式ジューサーで作っているところが、多いです。

    +低速式の別メリットとしては、青菜などの葉物野菜のジュースも絞りやすい

    ってところ。普通の家庭用ジューサーだと、汁がでにくい青菜は、汁が出やすいフルーツや水分と一緒に絞るなどの、しぼり方に工夫が必要です。

    でもこの低速式ジューサー、家庭で使うには欠点のほうがずっと大きいと思う。私が使わない理由は、

    ‐ 大きすぎて、置き場所に困る: ずっとだしていてすぐ使える状態の台所用品でないと、私は使わなくなるというのを経験上知ってます。

    ‐ パーツに分解して洗う、組み立てるという、後始末がめちゃくちゃ面倒!:アメリカの料理学校で使った時、クラスのみんなで使うのを押しつけ合ってました。有名機種だったのに、組み立てに10分くらいかかってたくらい面倒(苦笑)。

    この二つの欠点で、気軽に頻繁に使う気には、絶対なれない。またえいやで使ってみても、

    ★ジュースはしぼりたてじゃなきゃ、ビタミンは時間と共に壊れていく!

    という別の”神話”があるので、大量にまとめ作りもできない。つまりは、続けられないのです。

    というわけで、低速式ジューサーのビタミンメリットはしぶしぶ認めつつ、不使用派な私。石原サナトリウムは大量に作るので、低速式だと量を絞れない、しぼるのに時間がかかりすぎるから、使ってないんだとと思いますよ。ああ、あと、

    ‐ 低速式ジューサーの別の欠点は、はっきりわかる効果が感じられないのに、価格が高すぎる。つまり、対費用効果=コストパフォーマンス(コスパ)が悪い、

    ってとこもですね。こだわりだすと、家庭用でも10万、20万、業務用で100万とかもざらにあるよう。きりがありません。これは効果がはっきりとわかりにくい化粧品に、高級なものが多いのと同じ理屈。つまり効果が目に見えなくて、うんちくだけで買う人をだましやすい商品は、いくらでもぼったくれる、というわけです。

    ジューサーって、私は生姜をしぼったりかなり酷使するので(注意: ちなみに、↑の機種も含め、たいがいのジューサーのメーカーは、生姜絞りを薦めていません。かたすぎて、モーターを壊すからです。私もサナトリウムも、自己責任でやってます)、5年くらいで買い替えになる。となると、値段が2-3万円以下じゃないと厳しいですね。

    と、かなり低速式ジューサーに辛口な私ですが、

    ★今使っている普通のジューサーと同じくらい、手入れが簡単(洗い、分解、組み立て)で小型の、低速式ジューサーがでれば、買うかもね。ただし3万円以下か、10年以上使える頑丈なものだったら5万円以下で。

    ★また、外でジュースを買うときは、なるべく低速式ジューサーで絞っている店を選びます。ただしアメリカでの話。日本では、そこまでこだわっている店は、ほとんど皆無だけどね。

    というわけで、自分で買うときは、ご自分が、

    1)いろんな成分やうんちくにこだわりたい美容・アンチエイジング派か、それとも
    2)実際に効果を感じる自分の体感覚を信じる、実践的なダイエット派か

    を考えてみて。前者だったら低速式ジューサー、後者だったら普通のジューサーをどうぞ。

    なんかこういう記事書いていたら、有機人参が大量にあるのを思い出した。よしっ、人参ジュース作ってのもうっと。と気軽に思えるのは、ずっとだしっぱなしですぐ使えるようにスタンバイしている、家庭用ジューサーちゃんのおかげですね。

    私もそろそろジューサーの買い替え時なので、どなたか最新お薦めジューサー、私はこれ使ってていいよ!というのがあれば、教えてくださいまし。かすぽん以上に洗うの楽な機種、そろそろどっかからでないかしら?

    私は多分また、かすぽん式のこれの、最新機種でミキサーつき、豆乳機能なしのを買うでしょうね。このシリーズの豆乳絞りやミルサーといったおまけ機能は、パワーが足りないので不必要。

 今メーカーホームページをチェキしたら、やはり豆乳おまけ機能は評判悪かったらしく、最新機種ではミルサーがおまけになってる。でもおまけミルサーは粉だしくらいはできそうだけど、イワタニの専門ミルサーほど強力じゃないから、ジュースはきびしいだろうなあ。

 でもおまけのミキサーは、ついていたほうがいい。どろどろジュースやスムージーを作るのも結構使えるし、この機種のミキサー、ちゃんと下が外れるので洗いやすいです。というわけで、またまた長い答えになっちゃったよ~。だから質問には、めったに答えられないんです、ごめんなさい。それではまた。

    ふむふむなるほど!と思われた方も、
    ↓のマークを押して、賛成・応援クリックしてね
            201002banner_br_ume

3月 8, 2010 21 食事(断食系) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/47754535

この記事へのトラックバック一覧です: リセットの春!低速式ジューサーの欠点とコスパ:

コメント

コメントを書く