« 春の週末ブランチとマルシェ | トップページ | 黒豆ダイエット:食べ続けられるもんなら、どうぞ(豆一般は美健楽食材) »

仏の健康食材リュバーブのパイ@恵比寿ロブション

リュバーブのタルト@恵比寿ロブション

BlackBerry from DOCOMO

昨日ちらと書いた、春のリュバーブパイ、恵比寿ガーデンプレイスB1F、ロブションのパン屋さんで315円なり。多分4月だけの期間限定、旬のパイです。(パイ生地の下に厚めのカスタードが塗ってあるもので、タルトっぽい味でついタルトって書いてしまった。ごめんなさい)

実はこのパイ、桜子がここのお店のパンのチーフシェフ(パティシエ?)さんに、2カ月前に強力にリクエストさせていただいたメニュー。この方とは、たまに店頭で、健康グルメなパンについて情報交換させていただく機会があるのです。

フランスっぽくて日本人にもこれから広まりそうな健康食材、ということで、リュバーブのパイ!本当に作ってくだすって、感激です。売れないと私責任かんじちゃうので、みなさまも恵比寿ガーデンプレイスにお寄りの際は、買ってみてくださいね。

こういう、思いっきり甘いケーキのような小さいパンを、フランス語で

★ヴィノワズリー、直訳するとウィーン風のパン

といいます。でも意味を考えて訳すると、

★甘い菓子パン、おやつパン

ってこと。パリでは、これはケーキ屋ではなく、パン屋さんで売られています。お金があまりない学生さんなんかが、ケーキよりまだお安くて大きめサイズのこういうヴィノワズリー、例えばアップルパイ(タルトタタン等)、やリーフパイの大きなのでティータイムしているのを、よく見かけます。

高級店だと、ちっちゃくてこってりした、限りなくケーキに近いヴィノワズリーもありますけどね。

フランスでのケーキとヴィノワズリーの違い、見分け方は、私の経験からいえば、

1)売っている場所(パン屋さんや、パンの屋台)
2)パン生地の美味しさ>砂糖やバター、チョコの味、というふうにあくまで”パン”メインであること
3)わりに大きめで、食べでがあること
4)ケーキよりも安くて、500円以下(パリで)

ってことでしょうか。ケーキよりはましとはいえ、ダイエッターには避けた方がいいパイ生地やあまーい白砂糖を使っているので、ダイエットフードではありません。

ロブションのリュバーブパイも美味しいんですけど、まあせいぜい1-2週間に1回食べるべきごほうびデブフードです。

でも私は今年は、日本産のリュバーブを使って、茶色の糖分を使ったリュバーブのジャム・コンフィチュールを作ってみようと思っています。最近、日本でもリュバーブを作ってくださる農家さんが、ぼちぼちでてきたんですよ。旬は、春5月と秋9月。でも春のほうが、味的にお薦めらしい。

ちなみに旬を待てないわ、リュバーブジャムやタルトを作ってみたい!と思われた方は、代官山の外国人御用達パティスリーにいけば、500g 1500円程度で、フランスの冷凍輸入リュバーブが売られていましたので、そちらをどうぞ。

このリュバーブ、健康グルメな美健楽化したレシピがあって、もっと日本産が増えれば、いい健康食材になるかもしれません。そこまで面倒なことはしたくない方は、お店やネット店でプロの味をどうぞ。それでは。

リュバーブパイ食べてみたい!と思われた方も、↓のマークを押して、応援クリックしてね

        Banner_br_sakurabirdsakurabanner
春は美味しい食材もたくさんでてきて、ダイエッターには目の毒な季節。でも旬の味を少量楽しみながら、賢くデブフードも楽しむのが美健楽ダイエットなのです。

ちゃんと脂肪そぎ落とし集中ダイエットもしてますよ。

4月 6, 2010 60ダイエットな食べ歩き: |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/48012178

この記事へのトラックバック一覧です: 仏の健康食材リュバーブのパイ@恵比寿ロブション:

コメント

誘惑が多すぎて困ります・・
私もダイエット中です。
我慢するとイライラしてくるし
私は甘いものが好きで、先日も2日連続で甘いもの食べちゃいました。私が甘いものをやめられないのをみて
友達がココ↓を教えてくれました。

http://www.(サイト名は桜子がカットしました)

xxxは余分な油分を排出してくれるらしいです。結構お医者さんがダイエット手段で使うみたいですよね、私も頼らないとだめかな・・・
お互いにぼちぼち頑張りましょうね

★以下、管理人桜子よりのお返事です。

うーん、ダイエットであやしげな一般薬に頼るのは、美健楽ダイエットの自然治癒力重視に反するので、ご遠慮します。宣伝臭い薬は(苦笑)、特に苦手なんですよ。

美味しいものに誘惑されても、たまに少量、コントロールできる状況なら、楽しんで食べるのも、美健楽ダイエットです。

投稿: かずママ(桜子お返事付) | 2010/04/06 11:52:21

コメントを書く