« ゴールデンウィーク中に楽しむゆるい美健楽ダイエット習慣 | トップページ | 急告!)5・21金の京都・美健楽カフェセミナー、やっと開催決定です »

朝ごはんはしっかり!が過食の元?フルーツ朝食で必要十分

    ★今日の記事は、美健楽【サバイバル】マスター、初中級者向けです。

    今日の私の朝ごはんは、

    ★苺とグレープフルーツのバルサミコ・ワインマリネ、
    今年初収穫のベランダ菜園有機ミント添え

    朝一番に口にする食べものは、美健楽ダイエットの一日の食欲やムード、続けようという気力を左右します。

    だから私は、午前7-8時頃、モーニングティーをゆっくり飲んだ後、フルーツ系の飲み物かフルーツを頂くことが多い。ビタミンが体中に沁み渡り、果糖の糖分が脳のエナジーとなっていくのがわかります。

    また同時に、ごはんをがっつり食べるのと違って、フルーツは胃に軽いので昨晩からの消化吸収を邪魔しない点もお気に入り。おなかいっぱいにはならなくても、体の排泄を邪魔しない必要十分なフルーツ朝食が、最先端のホリスティック栄養調理学的にもおすすめなのです。

    朝ごはんを、ごはん、味噌汁、卵焼きや納豆などとがっつり食べると、昨晩までの食べものが未消化のうちに押し出されて、たしかに便通はいいのかも。だけどそれは、むりやりの押し出しで、押し込まれた新しい朝食の固形物が胃腸に居座るため、結局朝の胃袋と体が重たーくなってしまう。

    その結果、体が消化吸収に頑張るために、午前中の居眠りやだるさが起きてしまう。だから、朝10時前にがっつりご固形物ごはんを食べる習慣は、美健楽ではないのです。

    ブログ村ランキングダイエットへ続く

    基本は、おなかがなったら固形物を食べてもいい。それ以前は、軽いフルーツ朝食か液体朝食を。フルーツやジュース、スムージー、お茶などの液体物を中心に、体を温めて軽くゆるめる程度の液体食で。そうして待っていると、自然に排泄が起きてスムーズな本物のすっきりお通じがやってきます。

    お通じのあとの、気持ちのいい自然の食欲を知ったら、朝起きたら機械的に口にほおりこむ朝ごはんの不自然さが、よくわかりますよ。まあ多くの人は、子供のころに「朝ごはんはしっかり食べよう」という子供には正しい刷り込みをされているので、それが合わなくなった大人になっても、それにとらわれています。

    だから、朝ごはんんを軽く液体食にしようといわれたら、「食べなきゃ元気がでない」と反発したり、お腹がすくんじゃないかという恐怖心にとらわれちゃったり、するのです。そういう無意識のトラウマにつかまっている人は、別に説得しようと思いません。それでその人が問題なければ、別にいいんじゃないでしょうか。

    でも、もし朝ごはんをがっつり食べてしまうために、そのあとの一日、どか食い食欲にとらわれて、結局、過食デブな食生活になっているとしたら?それを悩みだと思う、過食気味な人、自分で自分の一日の食欲がコントロールできない人だけが、その大人には間違ったトラウマ(考え・価値観)を真剣に治せばいいと思うのです。

    かくいう私も、小学生のころに母親にすりこまれた、朝ごはんはしっかりトラウマを脱却できたのは、美健楽ダイエットを始めたころですから、ここ6-7年。朝ごはんをごはん中心にがっつり食べていたせいで一日がどか食いモードになっていたのを、まったく気づいていませんでした。

    アメリカでいい心理学者やカウンセラーと出会い、自分の体や心の声をしっかり聞けるようになるにつれ、あれ?私の朝の体って、実は固形物を欲してないのかも?本当におなかがすいてないのに、惰性と習慣で朝ごはんを詰め込んでるよなあ?、と気づけました。

    今日みたいな、美味しくかつグルメなフルーツ朝ごはんを堪能しながら頂くと、ほんとに体も心もすっきりリフレッシュされて、いい一日のスタートが切れます。超簡単レシピなのですが、一応かいておくと、

    【苺とグレープフルーツのバルサミコ・ワインマリネのレシピ】

    1.苺はバルサミコ酢(できれば熟成期間の長い上質なもの)にひたひたにつけて1-3日冷蔵庫でマリネして、味をしみ込ませる。甘いのが好きな人は、いいはちみつかきび砂糖をごく少量プラスしてもOK

    2.苺のバルサミコ酢マリネに、旬のかんきつ系フルーツ(グレープフルーツなど)を加えて、マリネ液と赤ワインを同量ミックス。朝からワインのアルコールを取りたくない人は、赤ワインを一度煮切ってアルコールを飛ばしておく。

    3.旬の緑のハーブ、ミントなどをトッピングして、できあがり。

    苺はマリネしすぎると色が悪くなってきますが、味はしみこんで美味しいです。色が悪くなりすぎたら、スムージーなどに混ぜ込んじゃえばOK。

    また、マリネ液は絶対捨てないこと。いちごの風味がしみこんだバルサミコ酢なので、サラダドレッシングにしたり、同量の炭酸水で割ってスプリッツアーにして飲んだりしても、一度作って2-3度美味しい。

    ちなみに、最近一日の食事タイミングをちょっと変えました。長年の夜型生活から早起き生活習慣が定着しつつあるので、それに合わせて食事時間も調整中。基本、一日5-6食の小分け食いは、変わっていません。

    これは今の私の生活パターンにあったスケジュールですが、美健楽ダイエッターさんにはその方それぞれの仕事や年齢、スケジュールにあったパターンがあると思います。ですが、基本の一日5-6食の小分け食いは共通なので、あなたなりのパターン、なるべく空腹になりすぎず、とはいえ惰性で食べない食事の間隔・タイミングをみつけてみてください。

★桜子の最新の食事スケジュールは、

    朝5時起き: モーニングティーと黒砂糖ひとかけ
    朝7-8時: フルーツ朝食(フルーツかスムージー、ジュースなど)

    ↓(この間スッキリタイムが自然と来る)

    朝11時前後: 早めのブランチ?またはランチ

    2時前後: おやつまたはスナックタイム
    5時前後: 晩酌と夕食

    ↓(どうしても空腹になったら、フルーツやプロティン系夜食少々)

    11時就寝

    美健楽ダイエットは、大きな基本は共通。あとは、ご自分の体と心の声やスケジュールの制限を考えて、ご自分なりにオーダーメイドにしていくダイエット法です。

なに?自分の体と心の声が聞けない?うーん、それはまず心とからだのリセット、五感のクリーニングから始めるべし。それはまた今度にでも。

        7年目もブログを書き続けるエナジーとして、また
    美健楽の考えを広め、ダイエット鬱の人をなくすために
    1日1回の応援クリック↓をお願いします
        にほんブログ村 ダイエットブログへ

5月 5, 2010 01【初めての方へ】 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/48275678

この記事へのトラックバック一覧です: 朝ごはんはしっかり!が過食の元?フルーツ朝食で必要十分:

コメント

コメントを書く